S・M配合散

第一三共エスファ

処方薬 先発

基本情報

副作用

主な副作用として、発疹などが報告されています。

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はS・M配合散を使用できません。
・S・M配合散の成分に対してアレルギーを起こしたことがある方
・透析療法を受けている方
・ナトリウム摂取制限を必要としている方
・高カルシウム血症の方
・甲状腺機能低下症又は副甲状腺機能亢進症の方

◼︎下記に当てはまる方はS・M配合散の使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。
・重篤な消化管潰瘍のある患者
・腎不全の方
・心機能障害のある方
・肺機能障害のある方
・リン酸塩低下のある方
・低クロル性アルカローシス等の電解質失調のある方

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠・授乳中の服用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、なるべく医師に確認をとって使用するようにしましょう。

◼︎15歳未満の子供について特別な注意喚起はされていません。医師の処方のとおりに使用してください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎以下のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・活性型ビタミンD
・テトラサイクリン系抗生物質
・ニューキノロン系抗菌剤
・カルシウム製剤
・その他の併用薬剤

◼︎高カルシウム血症などがおこるおそれがありますので、この薬を飲んでいる間は、牛乳を多量に飲まないでください。

薬効・薬理

胃酸を中和して胃の粘膜を保護する作用、消化管運動を促進させる作用を示します。