十味敗毒湯とは?

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)は淡灰褐色で顆粒状の薬で、皮膚炎やにきびなどの治療に効果的な漢方薬です。

十味という名前の通り10種類の生薬で構成されています。クヌギなどの樹皮を乾燥させた樸樕(ぼくそく)のかわりにサクラの樹皮を乾燥させた桜皮(おうひ)が含まれているものもあります。

十味敗毒湯の効果と特徴

十味敗毒湯は10種類の生薬の作用が働き、皮膚の炎症や腫れ、化膿をおさえ、じんましん、湿疹、水虫、ニキビなどかゆみや熱をもつ症状を改善します。

生薬 効能・効果
荊芥(けいがい) 解熱、消炎、鎮痛作用
防風(ぼうふう) 発汗作用、発散作用、鎮痛作用 
柴胡(さいこ) 解熱作用、消炎作用、鎮痛・鎮静作用、抗菌・抗ウイルス作用
桔梗(ききょう) 去痰作用、排膿作用、抗炎症作用
川芎(せんきゅう) 月経調整作用、活血作用、鎮痛作用
茯苓(ぶくりょう) 利尿作用、健胃作用、対めまい作用、利尿滲湿作用、益脾腎作用
甘草(かんぞう) 緩和作用、止渇作用、止痛作用
生姜(しょうきょう) 発散作用、健胃作用、鎮吐・鎮嘔作用、食欲不振作用、発汗解表作用、鎮咳作用
樸樕(ぼくそく) 収れん作用
桜皮(おうひ) 排膿、解毒作用
独活(どっかつ) 発汗作用、鎮痛作用、麻酔作用

ニキビ治療に効果抜群の十味敗毒湯!

十味敗毒湯はニキビのための漢方薬としても知られています。

なかなか治らず再発も多い大人ニキビなどに十味敗毒湯は効果が期待できます。

特に桜皮(おうひ)が含まれている十味敗毒湯は女性ホルモンのエストロゲンを生み出し、皮脂腺を活性化させる男性ホルモンのアンドロゲンをおさえ、にきびの増加や悪化を改善します。

十味敗毒湯の副作用

十味敗毒湯は副作用の心配が少なく、長く飲み続けることができるのが特徴です。

人によっては使用したときに胃のムカつきなどがあり食欲が減ったりする副作用があります。

他の漢方薬との飲み合わせ

十味敗毒湯に含まれる甘草を大量に服用すると、以下の副作用が引き起こされる場合があります。

・血圧を上昇させるホルモン(アルドステロン)が増加していないにも関わらず高血圧やむくみがあらわれる「偽アルドステロン症」

・血清中のカリウム濃度が低下してしまうことにより引き起こされる筋肉疾患「ミオパチー」

甘草を含む他の漢方薬との併用には注意が必要です。

酷いだるさやむくみ、発疹、発赤、かゆみ、じん麻疹などの症状があらわれた場合はすぐに使用を中止し医師や薬剤師に相談してください。

十味敗毒湯の用法・用量

十味敗毒湯の用法・用量は症状や年齢などにより異なります。医師や薬剤師の指示された用量を食前に水またはお湯で服用してください。

2歳未満の乳幼児は服用しないでください。

十味敗毒湯の使用上の注意

十味敗毒湯を使用する上で、著しく体力が衰えている人、胃腸が弱い人、食欲がなかったり吐き気のある人は、症状を悪化させる場合があるため注意して使用してください。

高齢者の使用

生理機能が低下している高齢者の場合は十味敗毒湯を減量して使用するなどの注意が必要です。

妊娠中・授乳中の使用

妊娠中は十味敗毒湯を使用した際の危険性よりも治療した際のメリットが上回ると医師が判断した場合のみ使用できます。授乳中の使用は問題ありません。

市販の十味敗毒湯

市販されている十味敗毒湯でツムラとクラシエの商品を紹介します。

クラシエの十味敗毒湯は顆粒タイプと錠剤タイプのものがあり、成分に桜皮(おうひ)が含まれています。ツムラの十味敗毒湯には樸樕(ぼくそく)が含まれています。

自分に合ったタイプのものを選びましょう。

クラシエの十味敗毒湯

「クラシエ」漢方十味敗毒湯エキス顆粒

十味敗毒湯エキス錠クラシエ

ツムラの十味敗毒湯

ツムラ漢方十味敗毒湯エキス顆粒

まとめ

十味敗毒湯は皮膚の炎症や化膿をおさえ、ニキビ治療にも大きな効果を発揮します。

なかなか治らない大人ニキビも十味敗毒湯を使ったら改善したといった事例もあり、ニキビ治療で悩んでいる方は一度、十味敗毒湯での治療を検討してもよいかもしれません。

さまざまなメーカーから十味敗毒湯は販売されています。成分や薬の形もメーカーによって少し違いがあるので自分に合ったものを選びましょう。