小青竜湯(しょうせいりゅうとう)は花粉症に効果がある漢方薬です。

医師から処方される処方薬だけでなく、市販薬としても販売されており、ドラッグストアやインターネットでも購入できる便利で身近な薬です。

今年の花粉情報については関連記事をごらんください。

小青竜湯の花粉症への効果は?

小青竜湯はアレルギー性鼻炎、風邪、アレルギー性結膜炎、気管支炎、気管支喘息などに使われます。

小青竜湯には「抗アレルギー作用」や「抗炎症作用」があり、アレルギー性鼻炎のひとつである花粉症にも効果を発揮します。花粉症に使用する漢方薬では、まず第一に小青竜湯が選ばれます。

小青竜湯を花粉症に使用する場合、次のような症状に効果があります。

・水分の多い鼻水、鼻づまり
・くしゃみ
・目のかゆみや涙

また小青竜湯は花粉症のようなアレルギー症状による鼻水や目のかゆみに効果があるだけでなく、体を温める効果があります。体が冷え気味な方の体質改善にも使われ、長期的に使われることもある薬です。

花粉症と風邪の症状は似ているものが多いため、どちらの症状か判断できないときにも小青竜湯を服用することができます。

花粉症と風邪の症状の違いについては関連記事をごらんください。

小青竜湯の副作用:眠気は出る?

小青竜湯は副作用の少ない薬ですが、まったくないわけではありません。

副作用として、次のような症状が報告されています。

・発疹、発赤、かゆみ
・動悸、不眠、発汗過多、尿が出にくい、イライラ感
・胃の不快感、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢

ごくまれに、重篤な副作用を起こすことがあります。小青竜湯を使用後に体の異常を感じた場合には、すぐに使用を中止して病院を受診しましょう。

小青竜湯に眠気の副作用はない

花粉症でよく使われる抗ヒスタミン薬は、副作用として眠気が出ることがあり、花粉症で薬を飲むことに抵抗を感じる方も多いかもしれません。

一方、小青竜湯の副作用に眠気はありません。

小青竜湯の成分は全て植物性の生薬成分でできているほか、眠気の出る成分は含まれていないので、花粉症の薬で眠気が出るものは使いたくないという方におすすめです。

小青竜湯の8種類の成分

小青竜湯には8種類もの天然由来の生薬成分が配合されていて、これらが相乗効果を発揮しながら花粉症の症状に効いていきます。

半夏(ハンゲ)

半夏はサトイモ科カラスビシャクという植物に由来する成分です。

去痰(きょたん)、鎮吐(ちんと)、鎮静効果があり、花粉症の痰や咳をともなう鼻炎に効果を発揮します。

乾姜(カンキョウ)

乾姜は文字通り、蒸した生姜(ショウガ)を乾かしたものです。

体をあたため、新陳代謝を良くします。

甘草(カンゾウ)

甘草はマメ科カンゾウという植物の根を乾燥したもので、多くの漢方薬に含まれます。

文字通りの甘さがあり飲みやすくなるほか、鎮痛、解毒、咳止めの効果があり花粉症による喉の症状や痛みに効きます。

桂皮(ケイヒ)

桂皮はシナモンやニッキでおなじみのクスノキ科トンキンニッケイなどの樹皮です。

漢方薬を飲むとシナモンの香りがすることがあるのは、桂皮が入っているからです。

シナモンの香りのする桂皮は芳香性健胃薬として胃を元気にする効果を持つほか、発熱を促して解熱効果や鎮痛効果を発揮します。

五味子(ゴミシ)

五味子はチョウセンゴミシという植物の果実です。

咳止め効果のほか、強壮効果があり体力の回復が期待できます。

細辛(サイシン)

細辛は文字通り香辛料としても使われる辛味のある植物・ケイリンサイシンまたはウスバサイシンの根です。

体を温め、鎮痛・鎮静・抗菌作用を発揮します。

芍薬(シャクヤク)

芍薬はボタン科シャクヤクという植物の根です。

血管の働きを順調にすることで花粉症のつらい症状の緩和に効果を発揮します。

麻黄(マオウ)

​麻黄はマオウ科マオウという植物由来の成分です。

咳止めのほか発汗作用があり、花粉症の咳症状や体力改善に効果を発揮します。

注意したいのは、麻黄に含まれているエフェドリンには若干ではあるものの覚醒効果があるため、スポーツ競技前に使うとドーピング判定となることがあります。ドーピング対応が必要な方はこの成分は使用できないのでご注意ください。

小青竜湯の効果的な飲み方

小青竜湯の効果をより高めるためにも、正しい飲み方を知っておきましょう。

花粉が飛散する前から飲み始めよう

花粉症対策で病院に薬をもらいに行く時期は人それぞれですが、花粉症がひどくなる前に病院に行き、1シーズン3〜4か月分の薬をもらうケースが多くなっています。

小青竜湯も同じで、花粉症が発症する前に飲み始めることで、花粉症の症状の悪化を防ぐ予防にもつながり効果的です。

空腹時にお湯に溶かして飲もう

小青竜湯を飲むときは、「食事の前」もしくは「空腹時」にしましょう。

漢方薬の多くは食後より空腹の食前に飲んだほうが効果が出やすいものが多くなっています。

しかし、空腹時や食前に飲み忘れた場合は、食後に飲んでも大丈夫です。

また、小青竜湯のように、薬名が「◯◯湯」の漢方薬は、お湯に溶かして飲むことで体も温まりより効果的です。

飲み合わせに注意したい薬

小青竜湯の飲み合わせで注意したい成分は、甘草の「グリチルリチン酸」と麻黄の「エフェドリン」です。

甘草を含むほかの漢方薬と一緒に飲むときには、後述する「偽アルドステロン症」の副作用に注意しましょう。

また、エフェドリンやテオフィリンなど交感神経刺激作用のある薬との併用は慎重に行う必要があります。

 詳しくは店頭の薬剤師に相談しましょう。

妊婦・授乳婦・子どもは小青竜湯を飲める?

妊婦・授乳婦

小青竜湯は、妊娠中や授乳中の方でも処方される比較的安全な薬です。ただし、長期では使用しないことになっているため、医師の指示にしたがいましょう。

妊娠中に市販の小青竜湯の購入を考えている場合は、薬剤師や登録販売者に相談しましょう。

子ども

小青竜湯は医師の判断によって子どもにも処方されます。

市販薬では、同じ小青竜湯でも使用できる年齢が異なります。

病院で小青竜湯を処方された場合は医師の指示にしたがい、市販薬を購入するときは用法・用量をきちんと確認しましょう。

小青竜湯はどこで買える?

小青竜湯は、医師の判断により病院で処方される処方薬と、薬局などで処方箋なしで自由に買える市販薬があります。

処方薬:病院や漢方専門外来へ

小青竜湯は一部の病院や漢方専門外来で処方してもらえます。保険が適用されるため、薬代は3割の自費負担で済みます。ただし、薬代のほかに診察料や調剤料として約1200円ほどを目安に加算されます。

病院では、煎じ茶を濃縮乾燥させた顆粒タイプのエキス剤が処方されます。

市販薬:薬局・ドラッグストア・インターネットで購入可能

市販薬は処方薬より価格は高くなりますが、近くの薬局やドラッグストアで手に入れることができるのが利点です。さらに、amazonなどのインターネットで購入することが可能な商品もあります。

また市販薬には、エキス剤の顆粒タイプに加えて錠剤タイプがあります。粉末の漢方薬を飲むのが苦手という方は、飲みやすい錠剤タイプの使用をおすすめします。

ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒

顆粒タイプで、8・16・24・64包入りがあります。

2歳未満は使用できません。

「クラシエ」漢方小青竜湯エキス錠

錠剤の方が飲みやすいという方におすすめです。180錠入り。

5歳未満は使用できません。

おわりに

小青竜湯は大きな副作用が報告されておらず、子どもでも飲むことができ、妊娠中でも処方されることがある比較的安全性の高い薬です。

しかしながら、漢方薬も副作用がまったくないわけではないので、小青竜湯を飲んで違和感があるときは医療機関に相談しましょう。