はじめに

炭水化物や脂質に偏った食事、不規則な生活と運動不足に、どんどん溜まるストレス。
「それって私のこと?」と思い当たる人も多いでしょう。
このような生活習慣は腸に大きな負担をかけてしまいます。
お腹がゆるくなる、逆に何日も便秘が続く。そんな症状で困っている人は腸内細菌のバランスが崩れているのかもしれません。
その他に腸内細菌のバランスは加齢によっても崩れていきます。
このような症状が悪い病気を招く前に腸内環境を整えていきましょう。
今回はどの年齢の方にもなじみのある太田胃散から販売されている整腸剤、「太田胃散整腸薬」の解説をしますね。


 

生薬の老舗「太田胃散整腸薬」とはどんなお薬でしょうか?

太田胃散整腸薬は生薬と乳酸菌と酵素で腸内環境を整え、腸の動きを正常にするお薬です。

太田胃散整腸薬の特徴についてみていこう。

1.3つの健胃、整腸作用のある生薬が腸の動きを整えます。
健胃整腸作用のある生薬がストレスや食生活の乱れによって起こる腸の過剰な運動を抑え便通を整えます。
お腹が緩くなりがちの人の便通を改善します。

2.3種の乳酸菌が腸内環境の改善をします。
3種の乳酸菌が善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑え腸内環境を改善していきます。
ツラいお腹のハリにも効果的です。

3.生薬、乳酸菌とあわせて消化酵素も配合!
健胃整腸作用の他に消化酵素のビオジアスターゼ1000がでんぷんやタンパク質の消化を促進して、腸の負担を減らしていきます。

太田胃散整腸薬

商品価格:¥ 2,091

※ここではAmazonの価格を参考にしています。他の店舗やドラッグストアによって数百円の価格差があります。※
 

太田胃散整腸薬の使用方法を確認しよう!

用法・用量

1日3回 食後ぬるま湯で服用してください。

年齢

1回量

1日の服用回数

成人(15歳以上)

3錠

 

3回

8~14歳

2錠

5~7歳

1錠

5歳未満

服用しないこと

 

太田胃散整腸剤の効能効果と成分を細かく見ていこう!

効果・効能

軟便・便秘・整腸(便通を整える)腹部膨満感
 

太田胃散整腸薬は「生薬」「整腸菌」「酵素」の3つの力が腸に効きます。気になる成分を細かく解説!

◆3つの整腸生菌◆
ビフィズス菌・・・・30mg
成人の腸内の99.9%を占める善玉菌(残りの0.1%が乳酸菌)腸内環境を整え、便秘下痢を防ぐ他に免疫力を高める作用もあります。

ラクトミン(ガッセリ菌)・・・・30mg
乳酸菌の一種。ビフィズス菌を補い、悪玉菌を追い出します。下痢症状に効果があります。

酪酸菌・・・・90mg
ビフィズス菌、乳酸菌の発育を助ける働きがあります。

◆整腸生薬◆
ゲンノショウコエキス・・・・・102mg
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。昔は「現効草」という漢字が当てられていました。古くからよく効く成分として重宝されてきたことが伺えます。
利尿作用、収れん作用、下痢止め、健胃整腸作用があり、食あたりや下痢、慢性胃腸炎、便秘に効果があります。

アカメガシワエキス・・・・63mg
トウダイグサ科アカメガシワ属アカメガシワの葉や樹皮を乾燥させたものを生薬として使っています。特に樹皮は優れた整腸作用があります。
胃酸過多や胃潰瘍の改善、胃液分泌の抑制作用、肝臓保護作用、腸の動きを正常な状態に近づける作用があり、軟便や便秘に効果的に作用します。

◆健胃生薬◆
ゲンチアナ末・・・・51mg
リンドウ科の花を乾燥させたものです。強い苦味作用から胃腸粘膜を刺激し唾液や胃液の分泌を促します。健胃、消化促進作用など、胃もたれや食欲不振時に用いられます。

◆酵素◆

ビオヂアスターゼ1000・・・・60mg
主にでんぷんとタンパク質の消化を助けます。食べ過ぎや膨満感といった症状の時に用いられます。
 

太田胃散整薬の使用上の注意や副作用について確認しよう!

次の人は服用する前に医師、または薬剤師に相談するようにしてください。

  • 医師の治療を受けている人。
  • 本人または家族がアレルギー体質の人。
  • 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。

 

副作用として考えられる症状

  • 発疹・発赤、かゆみ

2週間以上しても症状が良くならない場合には医師の診断を受けてください。
 

おわりに

整腸剤を飲むと同時に生活習慣を変えていくことが大切です。バランスのいい食生活を心がけ、ゆっくり休みしっかり睡眠を取るようにしましょう。
2週間以上服用しても効果が見られない場合は医師の診断を受けてください。

※ 市販薬も、用量・用法にはお気をつけてご利用ください。服用していて違和感を感じた時は、お早めに医療機関を受診してくださいね。
 

(image by PhotoAc)