大柴胡湯Aエキス錠三和生薬

三和生薬

市販薬 錠剤

基本情報

副作用

副作用として下痢が起こる場合があります。
症状が持続する場合や悪化が見られた場合は、使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。

その他の副作用は以下の通りです。これらの症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、服用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・間質性肺炎
・肝機能障害

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方は大柴胡湯Aエキス錠三和生薬の使用前に医師または薬剤師などに相談してください。
・医師の治療を受けている方。
・体の虚弱な方(体力の衰えている方、体の弱い方)。
・胃腸が弱く下痢しやすい方。
・今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみなどを起こしたことがある方。

◼︎1か月位(常習便秘、高血圧や肥満に伴う便秘に服用する場合には5~6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師または薬剤師などに相談してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊婦または妊娠していると思われる方は、使用前に医師または薬剤師などに相談してください。

◼︎授乳中の方は大柴胡湯Aエキス錠三和生薬を使用できません。止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。

◼︎5才未満の子供は使用できません。また、15歳未満の子供に使用させる場合は、保護者の指導監督のもとに使用させてください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

大柴胡湯Aエキス錠三和生薬を服用している間は、次の医薬品は使用できません。
・他の瀉下薬(下剤)