大正下痢止め〈小児用〉

大正製薬

市販薬

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。

[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ


■稀に以下のような重篤な症状が現れることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

[症状の名称:症状]
・ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。

使用上の注意点

■以下のような人は使用できないこととなっています。
(1)本剤又は本剤の成分,牛乳によりアレルギー症状を起こしたことがある人。


■以下のような人は医師、薬剤師などに相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人,血便のある人又は粘液便の続く人。
(3)急性の激しい下痢又は腹痛・腹部膨満・はきけ等の症状を伴う下痢のある人。
(本剤で無理に下痢を止めるとかえって病気を悪化させることがあります)
(4)高齢者。
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。

その他