南天のど飴の効果

南天のど飴は、第3類に分類される医薬品です。スーパーやコンビニで売っているのど飴は食品であるのに対し、ドラッグストアなどの薬店でのみ購入できる医薬品ののど飴は、現時点で南天のど飴と浅田飴の2種類のみです(2017年8月現在)。

医薬品は厚生労働省により効能効果が認められており、南天のど飴は、せき、のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれに効果が期待できます。

南天のど飴の成分

南天のど飴の有効成分は、南天実乾燥エキスです。中国から伝来した常緑低木の植物・南天の赤い実を乾燥させたもので、アルカロイドであるドメスチンなどが含まれています。

ドメスチンには、気管平滑筋を拡張したり咳中枢の興奮を抑えて咳を鎮める作用があります。また、殺菌作用により気道の炎症を抑えたり、鎮痛作用によりのどの痛みをやわらげます。

南天のど飴の副作用

南天のど飴の副作用には、発疹・発赤、かゆみ、吐き気・嘔吐、食欲不振、めまいなどがあります。

上記の症状が現れた場合は、使用を中止して医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

南天のど飴の使用方法

南天のど飴は食品ではなく医薬品です。用法用量を守って使用しましょう。

南天のど飴は食間に使用します。食間とは食事と食事の間、食事した約2時間後を指します。

1日の使用回数は3回で、1回量は15歳以上の成人は3錠、8歳以上15歳未満は2錠、5歳以上8歳未満は1錠です。5歳未満は使用できません。

1回量を1錠ずつ口の中に入れゆっくり溶かし、口の中の錠剤がなくなったら次の1錠を入れることを繰り返します。口の中でゆっくり溶かすことでのどに直接長く作用するため、噛まずに使用してください。

1回分を使用後は、次の使用までに2時間以上の間隔をあけてください。

ほかの薬との併用は?

南天のど飴を使用している間は、他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬、抗ヒスタミン剤を含む内服薬など(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬など)を使用しないでください。 

妊娠中・授乳中は使用できる?

妊婦または妊娠している可能性のある方は、使用の際に医師、薬剤師、登録販売者に相談してください。妊娠中は体質が変化したり、普段よりデリケートになる場合もあります。

授乳中の使用は問題ありません。用法用量を守って使用しましょう。

南天のど飴はどこで買える?コンビニでは?

南天のど飴は第3類医薬品のため薬剤師や登録販売者が販売することができ、薬局・ドラッグストア・インターネットで購入可能です。

コンビニでも店に薬剤師か登録販売者がいれば販売することができるため、店舗によっては南天のど飴が売られていることもあります。

南天のど飴はどんな味?

南天のど飴には4つの味があります。

赤いパッケージの「南天のど飴」は黒糖シナモン味、ピンクの「南天のど飴Uは」はちみつ梅風味です。ほかにも、はちみつ柚子風味の「南天のど飴Y」、はちみつジンジャー風味の「南天のど飴S」があります。

 

 

 

おわりに

南天のど飴は医薬品のため、咳やのどの症状に効果が期待できます。食品ではありませんのでけっして食べ過ぎたりせず、用法用量を守り正しく使用してください。