白色ワセリンの効果と特徴

白色ワセリンは、石油から抽出された炭素水素類を原料に作られた成分です。

十分に精製されているため、白色ワセリンは皮膚への刺激がほとんどなく安心して使うことができ、においも味もほとんどありません。

白色ワセリンには、皮膚を保護し水分の蒸発を防ぐ作用があります。

保湿効果はありませんが、水分の蒸発を防ぐことで乾燥から肌を守ります。

白色ワセリンは顔に使える?

白色ワセリンは皮膚への刺激が少ないため、顔にも使用することができます。

白色ワセリンの使い方

白色ワセリンは油分を含んでいるため、少量を手に伸ばし優しく顔に塗っていきます。

大量に使ってしまうと、顔がベタついてしまったりするので注意が必要です。

また、白色ワセリンの種類によっては、伸びにくいものがあります。

手で擦りつけてはデリケートな顔の肌は傷ついてしまいます。

伸びにくい場合は、手で温め顔にそっと押し当てるなどすることで刺激を受けにくくなります。

白色ワセリンが硬くなった場合は?

白色ワセリンは寒いところに置いておくと硬くなってしまうことがあります。

硬くなって取りにくくなった場合は、容器を温めたり、手に取り温めることで本来の柔らかさになります。

傷があっても使える?

白色ワセリンは、傷ができていても使うことができます。

ただし、白色ワセリンは皮膚の保護を目的とした用途になるため、傷を治す効果はありません。

赤ちゃんの顔にも使える?

白色ワセリンは、赤ちゃんの顔にも使うことができます。

赤ちゃんの薄い皮膚の保護におすすめです。

白色ワセリンを成分とした製品の種類と違い

ワセリンは、原料の石油を精製することによりつくられ、純度が高くなるほど肌への刺激が少ないといわれています。

肌がデリケートな方は、精製度が高く不純物の少ない種類の製品の使用がおすすめです。

医薬品

【第3類医薬品】プロペトホーム 100g

精製後の純度が白色ワセリンよりも高いため、その分皮膚への刺激が少なくなっています。

医薬品の中では、もっとも純度の高い製品です。

手足のヒビ、アカギレ、皮膚のあれ、その他皮膚の保護に効果があります。

白色ワセリンソフト

従来の白色ワセリンよりも若干精製度が高くなっており、柔らかく伸びが良いのが特徴です。

手足のヒビ、アカギレ、皮ふのあれ、その他皮ふの保護に効果があります。

【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g

容量が多く価格も安いため、手軽に使用することができます。

手足のヒビ、アカギレ、皮ふのあれ、その他皮ふの保護に効果があります。

医薬品以外の製品

サンホワイトP-1 平型 3g

白色ワセリンを精製したときの純度が、一番高いものがサンホワイトです。

サンホワイトは化粧品扱いで、医薬品や医薬部外品ではありませんが白色ワセリンの精製度が一番高くなっています。

不純物をほとんど取り除いているため、日光による酸化が少ないのが特徴です。

また、一般的な白色ワセリンよりも柔らかく伸びやすい、つけた後もベタつきにくくなっています。

ベビーワセリン 60g

医薬品・医薬部外品ではありませんが、薬剤師おすすめの白色ワセリンを成分とした製品です。

無香料・無着色・パラベンフリーで赤ちゃんに使えるワセリンです。

パラベンとは、パラヒドロキシ安息香酸エステルとよばれる防腐剤です。

防腐剤が入っていないことで、赤ちゃんにも安心して使うことができます。

白色ワセリンに副作用はある?

白色ワセリンには、発疹や発赤、かゆみなどの副作用が報告されています。

白色ワセリンを塗って上記の症状がでた場合は、直ちに使用を中止し医師に相談することをおすすめします。

ワセリンで日焼けするって本当?

ワセリンに含まれる不純物が酸化することにより、ワセリンを日中に使用すると塗った場所に油焼けを引き起こすこともあります。

ワセリンは精製度の低い黄色ワセリンと精製度の高い白色ワセリンに分かれますが、白色ワセリンにはほとんど不純物が含まれていないため、日焼けの心配はあまりないと考えられています。

日焼けが気になる方は念のため、お風呂上がりや寝る前など顔が日光に当たらない時間帯に使用するとよいでしょう。

おわりに

白色ワセリンは精製した過程で純度が高くなればなるほど、使いやすさもあり肌への刺激も少なくなります。

単価を比べると、高い純度のものほど値段は上がっていきます。

白色ワセリンの種類は、自身の顔の肌状態や塗りやすさなどを参考にしてみてください。