ウチダの八味丸M

クラシエ薬品/ ウチダ和漢薬

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用としては、発疹、発赤、蕁麻疹、肝機能異常(AST(GOT)、ALT(GPT)、T-Bil等の上昇)、食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、便秘、心悸亢進、のぼせ、舌のしびれなどがあります。

使用上の注意点

■下記に当てはまる方はウチダの八味丸Mを使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。

・体力の充実している方
・暑がりで、のぼせが強く、赤ら顔の方
・著しく胃腸の虚弱な方
・食欲不振、吐き気、嘔吐のある方

■高齢者は生理機能が低下している場合があるため、使用量を減量するなど、注意して薬を使用する必要があります。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中は使用しないことが望ましいとなっています。

■授乳中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、授乳中であることを医師に伝え確認をとってください。

■15歳未満の子供について特別な注意喚起はされていません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■ウチダの八味丸Mの飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。