補中益気湯はうつに効くの?効果・副作用などを紹介!

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)の効果や副作用などを薬剤師が監修し解説!うつへの効果や他の漢方薬との飲み合わせについても掲載!

補中益気湯とは

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は、胃腸の消化や吸収の機能を整える漢方薬です。

東洋医学の観点では、人体のエネルギーである「気」を生み出し、抵抗力を高めてくれる働きがあります。

補中益気湯は、ツムラやクラシエなどの各メーカーから、顆粒、細粒、散剤、錠剤タイプとさまざまな剤形で販売されています。

補中益気湯の効果

補中益気湯は以下に当てはまる人に効果を発揮します。

・疲れやすい
・胃腸の働きが衰えている
・食欲不振である
・倦怠感がある

処方薬のツムラ補中益気湯エキス顆粒の場合、添付文書に記載されている効果は以下のとおりです。

消化機能が衰え、四肢倦怠感著しい虚弱体質者の次の諸症:
夏やせ、病後の体力増強、結核症、食欲不振、胃下垂、感冒、痔、脱肛、子宮下垂、陰萎、半身不随、多汗症

補中益気湯は、処方薬と市販薬で効能・効果の記載が少し異なります。市販薬のツムラ漢方補中益気湯エキス顆粒の効果は添付文書によると、以下のとおりです。

体力虚弱で,元気がなく,胃腸のはたらきが衰えて,疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質,疲労倦怠,病後・術後の衰弱,食欲不振,ねあせ,感冒

成分から見る補中益気湯の効果

処方薬のツムラ補中益気湯エキス顆粒の場合、成分とそれぞれの効果は以下のとおりです。

成分名 効果
日局オウギ 活力低下を改善し、皮膚の機能を高め、寝汗を改善します
日局ソウジュツ 活力低下を改善します
日局ニンジン 活力低下を改善します
日局トウキ 血を補うことで、気を補う効果があります
日局サイコ 処方全体の効果を全身に巡らせます
日局タイソウ 胃腸を温め、消化管の機能を低下による気の不足を改善します
日局チンピ 胃腸の機能を整えます
日局カンゾウ 滋養・調和・緩和・消炎などの作用があります
日局ショウマ 気を上げ、内臓を引き上げる作用があります
日局ショウキョウ 胃腸を温め、消化管の機能を低下による気の不足を改善します

補中益気湯の効果時間

補中益気湯の効果や持続時間は、個人差があります。

西洋薬のように、服用後○時間で効果が現れ、○時間効果が持続するといった数値は出されていないため、使用してみて体調の変化を知る必要があります。

補中益気湯は早くて数日、遅くて1か月以内に効果を実感することができます。数か月は使用を続けることが望ましいとされています。

補中益気湯のうつへの効果

添付文書に記載されている補中益気湯の効果に、うつなどの精神疾患名の記載はありません。

しかし、ストレスなどでエネルギー(気力)が低下している場合に補中益気湯はよく処方されます。補中益気湯を使用することで、消化や吸収の機能を改善させ、人体の防御機能の回復と気力を高める効果が期待されているためです。

補中益気湯は対症療法として使用されるので、うつなどの精神疾患を根本的に治療する薬ではないことを認識しておきましょう。

補中益気湯に期待されるその他の効果

不妊への効果

補中益気湯は不妊症に効果があるという記載はされていませんが、精子の濃度や運動率を増加させるという研究報告もあるため、漢方薬局で勧められる場合があります。

アトピーへの効果

補中益気湯には免疫異常を調節したり、皮膚の機能を高める作用があります。そのため、アトピー性皮膚炎に補中益気湯はよく用いられます。

アトピーは汗をかき、かゆみで掻いてしまうと悪化する恐れがあります。

補中益気湯に含まれる成分のひとつ「オウギ」には、発汗を調整する働きがあるので、汗が多い場合に補中益気湯がよく選ばれています。

インフルエンザへの効果

近年、補中益気湯でのインフルエンザ予防に関する研究が進められています。

補中益気湯はウイルス感染時、ウイルスに対抗する物質「インターフェロン」の分泌を促してウイルスの増殖をおさえることができるという研究結果が出ていることから、インフルエンザ予防に効果があると期待されています。

クリニックによってはインフルエンザの予防接種を受けてさらに、補中益気湯を勧められることがよくあります。

補中益気湯の副作用

補中益気湯のおもな副作用には発疹、蕁麻疹、食欲不振、胃部不快感、悪心、下痢などがあります。 

副作用が起こる頻度は少ないのですが、体調に違和感を感じたらすぐに使用を中止し医師や薬剤師に相談してください。

補中益気湯の副作用で太る?

通常の使用で体重増加はありませんが、補中益気湯の重大な副作用に、偽アルドステロン症があります。

偽アルドステロン症は、低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加などの症状が出る場合がありますので、体に異変を感じた場合はすぐに使用を中止し医師に相談してください。

補中益気湯の副作用で眠気は出る?

補中益気湯のおもな副作用に眠気はありません。

もし他の薬と併用している場合に眠気を感じたときは、その薬の副作用で眠気が出ている可能性があるので、気になることは医師に相談してみてください。

補中益気湯の飲み方・飲み合わせ

補中益気湯は通常15歳以上の成人は1日分7.5gを2~3回にわけて、食前または食間に使用します。また、使用量は年齢や体重、症状によって調整します。

漢方薬は胃腸への負担が少ないという特徴がありますので、一般的に食前や食間(食事の役2時間後)の空腹時に使用するように指示されます。

ほかの漢方薬との併用・飲み合わせ

補中益気湯とほかの漢方薬を併用する場合は、含まれている生薬の重複に注意してください。

補中益気湯はカンゾウを含んでおり、これらの生薬と重複してしまうと偽アルドステロン症や、低カリウム血症の結果としてミオパチーが現れやすくなります。

似ている漢方薬との比較

■補中益気湯と十全大補湯

補中益気湯、十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)はともに、病後や術後の体力低下や虚弱体質などに使用され、気を補う漢方薬です。

顔色が悪い、貧血がある場合は十全大補湯、夏バテや食後の眠気、味覚が感じられないなどの場合は、補中益気湯を選びます。 

■補中益気湯と葛根湯

どちらもカンゾウを含んでいるため、併用して使用しないようにします。

カンゾウの摂取量が1日に2.5gを超えると、低カリウム症などの重大な副作用が起こる恐れがあります。

■補中益気湯と立君子湯

補中益気湯と六君子湯は、どちらも消化吸収機能の働きを助け、自然治癒力を高める薬です。食欲不振がある場合、より疲れがあるときは補中益気湯が選ばれます。

おわりに

補中益気湯は処方薬でも市販薬でも多くのメーカーから販売されている漢方薬です。ドラッグストアやAmazonなどでの通販でも販売され入手しやすい薬ですが、配合成分や効果はそれぞれ異なります。

飲み始めはなるべく、専門医や漢方薬局などで相談してからの使用をおすすめします。

ライター採用

補中益気湯に関連するQA

関連するお薬のブランド

ピックアップ特集