【薬剤師監修】抑肝散加陳皮半夏の効果と副作用は?

漢方薬の抑肝散加陳皮半夏を解説。抑肝散加陳皮半夏の効果、副作用を現役薬剤師監修のもとわかりやすく解説します。抑肝散加陳皮半夏と抑肝散の違いも掲載。

抑肝散加陳皮半夏とは?

抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)は、ストレスや不安など精神の不調が原因で起こる神経症や不眠症に使われる漢方薬です。

処方薬には、ツムラの顆粒、クラシエとコタローの細粒があります。市販薬には各種メーカーから、細粒・顆粒・煎じ薬・錠剤の薬が販売されています。

抑肝散加陳皮半夏の効果

ツムラの抑肝散加陳皮半夏エキス顆粒(医療用)の添付文書によると、効能効果は以下のとおりです。

虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:
神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症

なお、漢方薬は効果の欄に記載のない症状にも処方されることがあります。漢方薬は、症状が同じであれば、疾患名に関係なく使用できるためです。

うつへの効果

ストレスによる身体への影響を除き、神経のたかぶりや筋肉を緩める作用があり、自律神経を安定させるため、うつなどのメンタルの不調の場合に処方されることもあります。

体力の低下している方は、抑肝散よりも抑肝散加陳皮半夏を処方されることが多くあります。

PMSへの効果

PMS(月経前症候群)にはさまざまな症状があります。抑肝散加陳皮半夏には、イライラや不眠などの神経症状に効果があるため、PMSの治療に処方されることがあります。

認知症への効果

認知症の場合、何らかの易刺激性、焦燥・興奮、異常行動、うつ、不安、食行動異常などがあらわれます。

抑肝散加陳皮半夏は認知症自体を治す効果はありませんが、認知症で現れる症状の緩和を期待して処方されることがあります。

発達障害への効果

発達障害は、広汎性発達障害、ADHD、学習障害、知的障害を広く総称したものです。抑肝散加陳皮半夏は、発達障害そのものを改善するものではありませんが、症状をおさえることが目的で処方されます。

神経の高ぶり、イライラ、不眠、夜泣きなどをおさえ、筋肉の緊張を緩める作用もあることから、癇癪(かんしゃく)に使用されることもあります。胃腸にやさしく、長期に渡って使用することが可能です。

抑肝散加陳皮半夏の効果時間

漢方薬を飲んで効果を実感する時間や、効果の持続時間には、個人差があります。

漢方薬は、数週間から数か月使用を続けて効果を実感するものが多くあります。

抑肝散加陳皮半夏と抑肝散の違い

抑肝散の成分にチンピとハンゲを加えたものが抑肝散加陳皮半夏です。

抑肝散加陳皮半夏と抑肝散の効能効果は、添付文書の記載は同じですが、チンピとハンゲには胃を丈夫にする健胃作用があります。

抑肝散と抑肝散加陳皮半夏に含まれる生薬のトウキ、センキュウ、チョウトウコウは胃もたれを起こしやすい性質を持っているため、長期使用をする場合には、チンピとハンゲが加わっている抑肝散加陳皮半夏のほうをすすめられることがあります。

抑肝散加陳皮半夏の副作用

抑肝散加陳皮半夏には副作用はほとんどありませんが、食欲不振、胃部不快感、悪心、下痢などがでる可能性はあります。

抑肝散加陳皮半夏で太るのは副作用?

抑肝散加陳皮半夏の重大な副作用に、偽アルドステロン症があります。滅多に起こることはありませんが、偽アルドステロン症が起こった場合、低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加などの症状が出る場合があります。

通常の使用で体重増加はありませんが、服用後に体重の変化が気になる場合は医師に相談してください。

おわりに

抑肝散加陳皮半夏は、神経症など精神の不調に幅広く使用される薬です。漢方薬の使用でも副作用がまったく起こらないというわけではないため、体調の変化や気になることがあれば、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

ピックアップ特集