漢方の胃腸薬で代表的なものといえば、六君子湯。
六君子湯は、食欲不振や胃もたれといった胃腸のあらゆる症状に効果を発揮する人気の漢方です。

この記事では、市販されている六君子湯のひとつ、ツムラ漢方の六君子湯エキス顆粒に注目!六君子湯とは、どんな人に適した漢方なのか、また効果や副作用、注意点について、分かりやすく解説します。
さらにツムラの六君子湯とクラシエなどほかのメーカーとの比較もします。

六君子湯は体力がなく、胃腸が弱い人に適した漢方

六君子湯は、体力が中等度以下で胃腸が弱い人に適した漢方とされています。
下記の傾向が強い人向けです。

・疲れやすい
・食欲がない
・貧血気味である
・日常的に手足が冷えている
・食後すぐに眠くなったり、お腹が張る

六君子湯が適した人の体質は、漢方医学では気虚水毒に当てはまるとされています。
以下の症状に当てはまるかチェックしてみましょう。

気虚に多い症状
気力が出ない、食欲不振、疲れやすい、食後や日中に眠くなる、風邪をひきやすい など
水毒に多い症状
寝起きの顔や夕方の足のむくみが気になる、めまい、立ちくらみ など


image byPhoto AC

ツムラの六君子湯に含まれる成分から見た効果や効能

六君子湯は全部で8つの生薬と、3つの添加物によって構成されています。
生薬は効果・効能ごとに3つのグループに分けられます。

胃腸の働きを助け、体力増進する

・日局ソウジュツ(蒼朮)  2.0g
・日局ブクリョウ(茯苓)  2.0g
・日局ニンジン(人参)    2.0g

吐き気を鎮める、痰を抑える

・日局ハンゲ(半夏)   2.0g
・日局チンピ(陳皮)   1.0g

胃腸の機能を整える

・日局タイソウ(大棗)  1.0g
・日局ショウキョウ(生姜)0.25g
・日局カンゾウ(甘草)  0.5g    

日局とは日本薬局方の略。日本国内で使用されている薬剤・製剤(医薬品のみならず、試薬類の一部を含めて)の品質管理を定めている規約です。

添加物として日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物、ショ糖脂肪酸エステルが含まれています。

ツムラの六君子湯、副作用と注意点

漢方は効き目が穏やかなことで知られていますが、副作用が全くないわけではありません。
ツムラの六君子湯を内服する際は、以下の副作用と注意点を必ず確認しましょう。

ツムラ漢方 六君子湯の副作用

皮膚:発疹、発赤、かゆみ
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振など

肝機能障害は重篤な副作用であり、あらわれることはまれです。
もしこのような副作用がみられた場合は、直ちに内服を中止して医師の診断を受けてください。

ツムラ漢方 六君子湯の注意点

以下の項目に当てはまる人は、医師や薬剤師、登録販売者に相談してください。

1)医師の治療を受けている人
2)妊娠中、あるいは妊娠の可能性がる人
3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人


image byPhoto AC

ツムラ漢方 六君子湯の飲み方について

ツムラ漢方・六君子湯を飲むときには食前に水やお湯で服用しましょう。1日服用回数は2回です。
食前に飲むのは、胃の中に食べ物があると、漢方の成分を効率よく吸収できないため。
吸収を阻害する可能性があるので、水以外の飲料(ジュースやお茶など)で飲むこともやめましょう。

ツムラの六君子湯はエキスを抽出した顆粒(小さな粒)によってできています。
そのため、最も効果的な飲み方は、お湯に溶かして飲む方法です。

できれば時間をかけ、味やにおいを味わいながら飲みましょう。
そうすることで、より六君子湯の成分を吸収することができますよ。

ツムラ漢方 六君子湯の用法・用量

成人(15歳以上) 1包
7歳以上15歳未満 2/3包
4歳以上7歳未満 1/2包
2歳以上4歳未満 1/3包

※小児は保護者の指導監督のもとに服用させてください
※1包を分割する場合は袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用してください

ツムラ漢方六君子湯エキス顆粒


クラシエをはじめとした、他メーカーの六君子湯との比較

六君子湯はツムラ以外の製薬会社からも販売されています。
同じ顆粒状の六君子湯では、クラシエが有名です。

「クラシエ」漢方六君子湯エキス顆粒

クラシエとツムラの六君子湯は、1日当たりの生薬の分量が同じです。
ただし、蒼朮(ソウジュツ)の代わりに、白朮(ビャクジュツ)という生薬が使われています。

効果効能に大きな差はありませんが、蒼朮は“気の巡りを良くする”、白朮は“気を補い、体力をつける”といった違いがあります。

【第2類医薬品】六君子湯350錠


昭和28年から漢方の製造・販売を行っている老舗メーカー「一元製薬」からは、錠剤タイプの六君子湯が販売されています。

錠剤タイプは忙しい人や、漢方特有の香りなどが苦手な人には最適です。
また1回あたりの分量も調整しやすくなっています。成分の量はツムラに比べて、やや多い傾向にあります。
またクラシエと同様、蒼朮(ソウジュツ)の代わりに白朮(ビャクジュツ)が使われています。

六君子湯エキス〔細粒〕65


六君子湯には顆粒より粒が小さく、サラサラで飲みやすい細粒タイプもあります。
漢方製剤でおなじみ「松浦漢方」の六君子湯が代表的です。

成分の分量はツムラの六君子湯と同じですが、クラシエと同様、蒼朮(ソウジュツ)の代わりに白朮(ビャクジュツ)が使われているのが特徴です。

1ヶ月経っても効果があらわれないときは、医師や薬剤師に相談を

六君子湯の効果や飲み方、そして製薬会社ごとの違いについてお分かりいただけたでしょうか?
飲みやすさや価格、成分などを比較して、自分に合った六君子湯を選んでくださいね。

また、六君子湯を1か月飲んでも症状に改善が見られないときは医師や薬剤師に相談しましょう。

健康な胃腸を取り戻し、楽しい食生活を送りたいですね。