インテバンSP37.5

帝國製薬

処方薬 後発 カプセル

基本情報

副作用

主な副作用として、腹痛、悪心、嘔吐、食欲不振、頭痛、めまい、浮腫、発疹などがあります。

■重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・ショック、アナフィラキシー
・消化管穿孔、消化管出血、消化管潰瘍、腸管の狭窄・閉塞、潰瘍性大腸炎
・再生不良性貧血、溶血性貧血、骨髄抑制、無顆粒球症
・中毒性表皮壊死誘拐症、皮膚粘膜眼症候群、剥奪性皮膚炎
・喘息発作(アスピリン喘息)
・急性腎不全、間質性腎炎、ネフローゼ症候群
・痙攣、昏睡、錯乱
・性器出血
・うっ血性心不全、肺水腫
・血管浮腫
・肝機能障害、黄疸

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はインテバンSP37.5を使用できません。
・消化性潰瘍のある方
・重篤な血液の異常のある方
・重篤な肝障害のある方
・重篤な腎障害のある方
・重篤な心機能不全のある方
・重篤な高血圧症の患者
・重篤な膵炎の患者
・インテバンSP25の成分又はサリチル酸系化合物(アスピリン等)に対してアレルギー反応を起こしたことのある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)のある方又は過去に起こしたことのある方

◼︎下記に当てはまる方はインテバンSP37.5との併用には注意が必要です。症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もあるのであらかじめ医師に伝えておきましょう。
・消化性潰瘍にかかったことのある方
・非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍のある方で、インテバンSP37.5の長期投与が必要であり、かつミソプロストールによる治療が行われている方
・血液の異常のある方またはかかったことのある方
・出血傾向のある方
・肝障害又はその既往歴のある方
・腎障害又はその既往歴のある方
・心機能異常のある方
・高血圧症の方
・膵炎の方
・アレルギー症状を起こしたことのある方
・てんかん、パーキンソン症候群等の中枢神経系疾患のある方
・気管支喘息のある方
・SLE(全身性エリテマトーデス)の方
・潰瘍性大腸炎の方
・クローン病の方

◼︎高齢者は副作用があらわれやすいため慎重に使用してください。

◼︎めまいやふらつき感などがあらわれることがあるので、薬の使用中んは、自動車の運転など危険を伴う機会の操作に従事しないでください。

◼︎他の消炎鎮痛剤との併用は避けてください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中または妊娠の可能性がある方は使用できません。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中に止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。

◼︎15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■下記のような薬を使用している方はインテバンSP25を使用できません。
・トリアムテレン(トリテレン等)

■下記のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・プロベネシド
・アスピリン
・抗凝血剤及び抗血小板(ワルファリン、レビパリン、クロピドグレル等)
・メトトレキサート
・リチウム
・β-遮断剤
・ACE阻害剤
・A-Ⅱ受容体拮抗剤
・ループ利尿剤(フロセミド等)
・チアジド系及びその類似降圧利尿剤(ヒドロクロロ、チアジド等)
・カリウム保持性利尿剤(スピロノラクトン等)
・エプレレノン
・ジゴキシン
・シクロスポリン

薬効・薬理

プロスタグランジンの生成を抑制することにより、リウマチや関節症の炎症、手術後の痛みを和らげます。