インドメタシンとは

インドメタシンは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に分類される成分のひとつです。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とは、ステロイド以外で抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用をもつ薬の呼び方です。インドメタシンのほか、フェルビナクやロキソプロフェン、ジクロフェナクなど市販薬でも発売されている多くの成分が非ステロイド性抗炎症薬に分類されます。

剤形

インドメタシンを成分とする薬にはさまざまな剤形があり、多くの製薬会社から製品が発売されています。

飲み薬、坐剤、注射剤のほか、塗り薬・貼り薬などの外用薬があります。

インドメタシンの効果

インドメタシンは、慢性リウマチや変形性関節症の消炎・鎮痛、および手術後の炎症・腫れを軽減させる作用があります。

市販薬などでも塗り薬・貼り薬などの外用薬は、肩こり・腰痛・筋肉痛・捻挫などのための消炎鎮痛剤として用いられています。

作用機序

炎症などで痛みの原因となるのはプロスタグランジンという物質です。インドメタシンを含む非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、プロスタグランジンを生成する酵素「シクロオキシゲナーゼ(COX)」の働きを妨げることでプロスタグランジンが生成するのを抑える作用があります。

インドメタシンの副作用

インドメタシンは、飲み薬・坐剤・注射剤と、塗り薬・貼り薬では副作用が異なります。

飲み薬・坐剤・注射剤の副作用

インドメタシンの飲み薬・坐剤・注射剤の副作用には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に共通している副作用と、インドメタシン特有の副作用があります。

非ステロイド性抗炎症薬の副作用としては、最も多い症状として胃腸障害があげられます。そのほか、腎機能障害、肝機能障害、呼吸器障害、循環器障害などの副作用があります。

インドメタシン特有の副作用には、ふらつき感、めまい、頭痛、けいれんなどがあります。

塗り薬・貼り薬(クリームや湿布など)の副作用

インドメタシンの塗り薬や貼り薬では、副作用として発疹、かゆみ、発赤などの皮膚症状が起こる場合があります。

副作用が軽減されているプロドラッグもある

インドメタシンには、プロドラッグである「インドメタシンファルネシル」があります。インドメタシンファルネシルは、インドメタシンの飲み薬の副作用である胃腸障害を軽減する目的などで開発されました。

プロドラックとは、使用後に体内で代謝されてから効果を示す薬のことです。インドメタシンファルネシルは、薬を飲んだ後、胃腸障害作用の弱い状態のまま吸収されます。その後、肝臓と腎臓でインドメタシンに代謝されて効果を現します。

インドメタシンの飲み薬・坐剤

インドメタシンを成分とする飲み薬(カプセル剤)や坐剤は、処方薬のみ発売されています。また、成分や効果は同じですが、開発費用が少ないため先発薬よりも安く購入できるジェネリック医薬品も発売されています。

症状や年齢などに合わせ、医師によって処方されます。症状によって使用方法が異なる場合があるため、医師の指示に従って使用することが大切です。

インドメタシンの塗り薬・貼り薬(クリームや湿布など)

インドメタシンを成分とする塗り薬・貼り薬の処方薬には、クリーム剤、湿布、軟膏、ゲル、外用液があります。また、市販薬としてもインドメタシンを配合した数多くの製品が発売されており、クリーム剤、ゲル、外用液、スプレー剤があります。

クリーム

処方薬には、先発薬として「インテバンクリーム1%」「イドメシンコーワクリーム1%」があり、ジェネリック医薬品も発売されています。市販薬も多くの製品があります。

クリームをすり込んで使用することで、より高い効果が期待できます。

湿布

処方薬、市販薬ともに多くの製品があります。湿布はパップ剤とテープ剤に分けられ、それぞれの特徴が異なりなます。

パップ剤は水分を多く含んでいる湿布で、冷感湿布と温感湿布があります。水分が蒸発することによる冷却効果があるため、冷感湿布・温感湿布ともに貼ったときは冷たく感じますが、温感湿布は時間が経つにつれ温かくなっていきます。ねんざや打撲などの急性の症状には冷感湿布、腰痛や肩こりなどの慢性的な症状には温感湿布が向いています。

テープ剤は水分を含んでいない湿布です。パップ剤のような冷たい使用感はありません。パップ剤よりもはがれにくいですが、かぶれてしまう方もいます。目立ちにくいよう、肌色に作られている製品が多くあります。

おわりに

インドメタシンは、処方薬のほか、外用薬では市販薬としても多くの製品が発売されています。

市販されている薬を使用する場合は、使用できる年齢や注意事項、用法用量をよく確認して正しく使用しましょう。使用に関して不明点がある場合は、薬剤師に相談してください。