エビスタの効果と特徴

エビスタは閉経後の骨粗しょう症に使用する治療薬です。

骨粗しょう症は骨強度の低下によって骨折のリスクが高くなる骨の病気で、閉経後の女性がかかりやすい病気でもあります。

女性ホルモンであるエストロゲンは骨の形成を促進し、また、骨からカルシウムが溶けだすのを防ぐ役割も持っています。しかし、閉経後はエストロゲンの分泌が急激に低下するため、骨粗しょう症にかかりやすくなります。

エビスタの有効成分である「ラロキシフェン塩酸塩」は、エストロゲン受容体に結合してエストロゲンと同様の作用を示すことから、骨強度の低下を改善する効果があります。

かゆみの副作用がない

骨粗しょう症の治療に使われる薬のひとつに女性ホルモン剤があります。

女性ホルモン剤はかゆみなどの副作用が現れる場合があるのに対し、エビスタはかゆみなどの副作用がないという特徴があります。

乳房や子宮には作用しない

エビスタは、体内のさまざな組織にあるエストロゲン受容体に対し選択的に作用する薬です。

そのため、エビスタは骨に対してはエストロゲンと同様の作用を示しますが、乳房や子宮に対しては作用を示しません。

エビスタ錠の飲み方

通常、エビスタ錠60mgは1日1回1錠を使用します。

また、エビスタは粉砕して飲むことは推奨されていません。砕いたりせずに必ず水やぬるま湯でそのまま飲みこみましょう。

継続して使用しましょう

エビスタは、継続して使用することで効果を発揮する薬です。自己判断で使用を中止したりせず、医師の指示にしたがって正しく使用を続けることが大切です。

エビスタの副作用

重い副作用

添付文書によると、エビスタ錠60mgを使用した0.2%の方に静脈血栓そくせん症が現れたという報告があります。足がずきずきと傷む、足のむくみ、突然の呼吸困難、胸の痛みといった症状が現れた場合は、エビスタ錠の使用を中止し医師の診察を受けてください。

また、肝機能障害もエビスタの重い副作用です。皮膚や白目が黄色くなるなどの症状は黄だんの初期症状で、肝臓に障害が生じているおそれがあります。

これらの症状があらわれた場合には医師の診察を受けましょう。

その他の副作用

ほかには、以下のような副作用が起こるおそれがあります。

・発疹などの過敏症状
・皮膚炎
・膣分泌物
・乳房緊満
・ほてり、発汗
・吐き気、おくび
・腹部の膨満

このような症状があらわれた場合には、医師や薬剤師に相談してください。

エビスタを使用できない方

静脈血栓そくせん症の方

以下のような静脈血栓そくせん症の方は、症状が悪化するおそれがあるためエビスタを使用することはできません。

・深部静脈血栓症
・肺そくせん症
・網膜静脈血栓症

また、抗リン脂質抗体症候群の方は静脈血栓そくせん症を起こしやすいとの報告があるためエビスタを使用することはできません。

長期の安静や手術前後の方

長期安静や手術前後でベッドに寝たままになるといった長期不動になる場合、静脈血栓そくせん症のリスクが上昇します。そのため、不動状態になる3日前にはエビスタの使用を中止する必要があります。

また、その後は完全に歩行ができるようになるまでエビスタを使用してはいけません。

妊婦の方・授乳中の方

胎児に悪影響を及ぼすおそれがあるため、妊娠している方はエビスタを使用してはいけません。動物の実験では、流産・胎児の奇形・発育異常・出生児の生存率低下などが認められています。

また、授乳中の方の使用も禁止されています。

エビスタ使用時はカルシウムとビタミンDの不足に注意

エビスタはカルシウムとビタミンDが十分にとれている方に効果がある薬です。体内にカルシウムが少ないと、どんなにエビスタがエストロゲン受容体に作用しても骨を形成することができません。

カルシウムとビタミンDは骨の形成や吸収に重要な栄養素で、特に骨粗しょう症の予防や治療には不可欠です。骨粗しょう症の治療は薬だけに頼るのではなく、バランスのとれた食事をして栄養不足にならないようにすることが基本となります。

カルシウムやビタミンDを多く含む食品

カルシウムを多く含む食品は牛乳・乳製品・小魚・緑黄色野菜・大豆・味噌や豆腐などの大豆製品などで、ビタミンDはきのこや魚類などに多く含まれます。ほかには、果物や野菜、肉や卵や豆類といったたんぱく質も積極的にとってください。

また、骨粗しょう症の治療時に過剰摂取を避けたほうがよい食品としては、リンを多く含む加工食品やカフェインを多く含むコーヒーや紅茶、アルコールなどがあげられます。

カルシウムやビタミンDの薬は用量を守りましょう

エビスタ錠はカルシウムやビタミンDの薬と一緒に処方されることが多い薬です。

しかし、カルシウムやビタミンDを大量にとりすぎると高カルシウム血症や腎障害といった過剰症状が現れることがあります。必ず医師に指示された用量を守って飲みましょう。

エビスタ錠の薬価は?

エビスタは医師の処方が必要な薬です。通販やドラッグストアで買うことはできません。

エビスタには錠剤(60mg)があり、薬価は109.20円です。また、多くの製薬会社から「ラロキシフェン塩酸塩錠60mg」という製品名でジェネリック医薬品も販売されており、薬価はすべて61.00円です。(2017年9月現在)

エビスタは抜歯の際に休薬が必要?

抜歯やインプラント治療といった歯科での処置がある場合、骨粗しょう症の治療薬の中には休薬や中止が必要となる薬もあります。

しかし、エビスタは骨や軟部組織に対して細胞毒性を持たせないとされています。そのため、抜歯などの際にエビスタを中止すべきとした報告はありません。

まとめ

骨粗しょう症の治療は、薬を使用するだけでなく、食生活を見直すことも大切です。

骨の形成や吸収に必要なカルシウムとビタミンDが不足するとエビタスの効果が薄くなるため、バランスのとれた食事で必要な栄養素を十分にとりましょう。