サンリズムカプセル50mg

第一三共ヘルスケア

処方薬 先発 カプセル

基本情報

副作用

主な副作用として、胸部不快感、胃痛、口渇、頭痛、発疹、めまい、吐き気などが報告されています。

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、服用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・心室細動、心室頻拍、洞停止、完全房室ブロック、失神、心不全
・急性腎不全
・肝機能障害

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はサンリズムカプセル50mgを使用できません。
・うっ血性心不全のある方
・高度の房室ブロック、高度の洞房ブロックのある方

◼︎高齢者は副作用があらわれやすいため慎重に使用してください。

◼︎めまいなどがあらわれることがありますので、自動車の運転など、危険を伴う機械の操作に従事する際には注意してください。

◼︎サンリズムカプセル50mgの使用に際して、心電図、脈拍、血圧、心胸比を定期的に調べてください。PQの延長、QRS幅の増大、QTの延長、徐脈、血圧低下などの異常がみられた場合には、直ちに薬の減量または使用を中止してください。特に、基礎心疾患の方、高齢者、他の抗不整脈薬を併用している方、腎機能障害のある方は、少量から開始するなど、使用量に十分注意するとともに、頻繁に心電図検査を行ってください。

◼︎下記に当てはまる方はサンリズムカプセル50mgの使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。
・基礎心疾患のある方
・過去に心不全を起こしたことがある方
・刺激伝導障害のある方
・著明な洞性徐脈のある方
・腎機能障害のある方
・重篤な肝機能障害のある方
・血清カリウム低下のある方

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊婦または妊娠している可能性のある方は、薬の使用をできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中も同様に止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。

◼︎15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎以下のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・リファンピシン
・カルシウム拮抗薬
・β-受容体遮断薬
・ジギタリス製剤
・硝酸・亜硝酸エステル系薬剤
・セチリジン

効果時間

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を使用してから約1.2時間後とされています。
また、その後約5時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。

薬効・薬理

サンリズムは不整脈治療剤で、Naチャンネル抑制作用により抗不整脈作用を示します。