パーロデル錠2.5mg

田辺三菱製薬/ サンファーマ

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

症状により主な副作用が異なります。

【末端肥大症、下垂体性巨人症】
主な副作用は、悪心・嘔気、嘔吐、便秘、めまい、頭痛・頭重感、倦怠感等です。
【乳汁漏出症、産褥性乳汁分泌抑制、高プロラクチン血性排卵障害、高プロラクチン血性下垂体腺腫(外科的処置を必要としない場合に限る)】
主な副作用は、嘔気・嘔吐、便秘、悪心、胃部不快感、食欲不振、めまい・ふらつき、頭痛です。
【パーキンソン症候群】
悪心・嘔気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、便秘、口渇、幻覚・妄想、ジスキネジア、めまい・ふらつき、頭痛・頭重感、立ちくらみ等です。

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、服用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・ショック、急激な血圧低下、起立性低血圧
・悪性症候群(Syndrome malin)
・胸膜炎、心膜炎、胸膜線維症、肺線維症
・心臓弁膜症
・後腹膜線維症
・幻覚・妄想、せん妄、錯乱
・胃腸出血、胃・十二指腸潰瘍
・痙攣、脳血管障害、心臓発作、高血圧
・突発的睡眠

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はパーロデル錠2.5mgを使用できません。
・パーロデル錠の成分又は麦角アルカロイドに対し過敏症の既往歴のある方
・妊娠高血圧症候群の方
・産褥期高血圧の方
・心エコー検査により、心臓弁尖肥厚、心臓弁可動制限及びこれらに伴う狭窄等の心臓弁膜の病変が確認された患者及びその既往のある方

◼︎高齢者は副作用があらわれやすいため慎重に使用してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中も同様に止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。

◼︎15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎以下のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・交感神経刺激剤(アドレナリン等)、麦角アルカロイド(エルゴメトリン、メチルエルゴメトリン、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン)
・降圧作用を有する薬剤
・フェノチアジン系薬剤(クロルプロマジン等)、ブチロフェノン系薬剤(ハロペリドール、スピペロン等)、イミノジベンジル系薬剤(カルピプラミン等)、非定型抗精神病剤(ペロスピロン、ブロナンセリン等)、メトクロプラミド、ドンペリドン
・抗パーキンソン剤(レボドパ、チオキサンテン系薬剤等)
・シクロスポリン、タクロリムス
・マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン、ジョサマイシン等)、HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、サキナビル等)、アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール等)
・オクトレオチド

◼︎アルコール(飲酒)と併用すると、胃腸系の副作用やアルコール不耐性を起こすおそれがあります。薬を使用中は飲酒は控えてください。

薬効・薬理

本剤は持続的なドパミン受容体作動効果を有し、内分泌系に対しては下垂体前葉からのプロラクチン分泌を特異的に抑制し、末端肥大症(先端巨大症)患者において異常に上昇した成長ホルモン分泌を抑制します。
また、中枢神経系に対しては黒質線条体のドパミン受容体に作用して抗パーキンソン作用を示します。