エバステル(エバスチン)に市販薬はある?処方薬との違いは?

花粉症などのアレルギー症状に処方されるエバステルの市販薬を解説。処方薬「エバステル錠」と市販薬「エバステルAL」の効果・成分量・対象年齢の違いについて薬剤師監修のもとわかりやすく解説。他の花粉症薬とエバステルの効き目の強さも比較します。市販薬と処方薬のどちらがお得なのかもピックアップ!

エバステルは子供も使える花粉症の薬

エバステルは、有効成分「エバスチン」の比較的新しい第2世代の抗ヒスタミン薬です。

アレルギー症状を引き起こす原因の化学物質である「ヒスタミン」の作用を阻害することで、鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの症状を緩和します。

アレルギー性鼻炎など花粉症の症状や、花粉症だけではなく皮膚のかゆみや湿疹、じんましんにも効果を発揮する処方薬です。

さまざまな剤形で販売されており、7歳以上の子供も使えることも特徴の一つです。

1日1回1錠、夜寝る前に服用し次の日の夜まで効果が持続するので、薬を持ち歩く必要がないこともメリットといえます。

処方薬エバステル錠について詳しくは関連記事をごらんください。

エバステルの効果と副作用を比較

抗ヒスタミン薬は発売された年代から第1世代と第2世代に分類することができます。第1世代の抗ヒスタミン薬は比較的効果が強い分、眠気の副作用もでやすい傾向があります。

第2世代の抗ヒスタミン薬は第1世代のヒスタミン薬の効果は継続したまま、副作用を改良したものです。

エバステルは第2世代の抗ヒスタミン薬です。眠気や口の渇きなどの副作用が比較的でにくく、効果も中度とバランスの取れた薬といえます。

histamine

花粉症薬の強さ比較などについて、詳しくは関連記事をごらんください。

エバステルの市販薬「エバステルAL」

エバステルは、病院で医師の診断を受けて処方箋をもらう必要がある処方薬です。

しかし、忙しくて病院になかなかいけない場合などは、同じ成分を使用した市販薬「エバステルAL」が役に立ちます。

処方薬エバステルと同じ成分のエバスチンが配合されており、医療用の薬と同様の高い効果が期待できます。

処方薬エバステルと同様、1日1回の服用で効果が持続するため、就寝前に飲んでおけば日中に急に花粉を感じたときでも安心です。

有効成分のエバスチンは比較的眠気がでにくくなっていますが、全く出ないわけではないので、薬を飲んでいる間は車や危険な機械などの運転は控えましょう。

処方薬エバステルと市販薬エバステルALの違いは?

効能・効果が違う

処方薬のエバステル錠では、湿疹や蕁麻疹(じんましん)など、ヒスタミンが原因となって引き起こされる皮膚のかゆみなどにも効果を発揮します。

しかし、市販薬のエバステルALでは花粉やハウスダストによる鼻水・くしゃみなどのアレルギー症状のみの効果が記載されています。

基本的には同じ成分を使用しているため効果も同じと考えることができますが、皮膚疾患に対して抗ヒスタミン薬を処方する際は医師の診断が必要になるため、市販薬の効果はアレルギー症状のみに限定されています。

1錠あたりの成分量が違う

処方薬のエバステル錠は1錠あたり5mgと10mgの有効成分が含まれている薬が販売されています。年齢や症状によっては薬を半分に割って使用するなど、1日5〜10mgを使用します。

対して市販薬は1錠あたり5mgの有効成分が含まれている錠剤のみです。1日1回1錠の使用であるため、最大の成分摂取量は5mgと処方薬の半分です。

対象年齢が違う

処方薬のエバステル錠は医師の診断のもと、15歳未満の子供にも処方されることがあります。しかし、市販薬のエバステルALは、15歳未満の子供は使用できません。

15歳未満に薬を服用させる場合は、症状の強さ・年齢・体格などによって医師が適切な薬を処方するため病院を受診することをお勧めします。

薬の形が違う

市販薬のエバステルALは水で飲む錠剤タイプのみですが、処方薬のエバステル錠では水で飲む錠剤タイプの他に、水なしで飲めるOD錠もあります。

エバステルOD錠5mgはイチゴの味がついており、薬嫌いの子供にも服用させやすくなっています。

処方薬と市販薬はどちらがお得?

処方薬のエバステルと、市販薬のエバステルALの価格は以下の通りです。(2018年3月現在)

エバステル錠10mg(処方薬) エバステルAL(市販薬)
1か月分約2,700円

受診料
1か月約6,000円
(希望小売価格)

処方薬のエバステルは、5mgで1錠69.5円、10mgで1錠91.7円です。1日の最大量である10mg錠を1か月間服用する場合は、約2,700円の負担になります。

この価格に、受診料や検査費用(保険適用で初診では850円、再診では220円、花粉症の検査を行う場合は種類によって約1,000〜15,000円)が加算されます。

市販薬のエバステルALは、1箱12日分のものがメーカー希望小売価格(2018年3月現在)が2,000円であるため、1か月間服用する場合は約6,000円の負担になります。

金額だけに着目すると処方薬のエバステルがお得ですが、病院に行く手間や時間を考慮すると、市販薬のエバステルALの方が手軽に手に入れることができます。

ジェネリックを希望するとさらに安価に

病院でエバステルを処方してもらう際、ジェネリック医薬品を希望するとさらに価格が安くなります。有効成分や効き目は同じですが、開発費用や実験費用がかかっていない後発品のため、安価で取り扱うことができるのがジェネリック医薬品の特徴です。

エバステルのジェネリック医薬品の価格は、5mgで1錠26.8円〜、10mgで1錠41.6円〜です。

病院や薬局によって取り扱っている医薬品が異なるため、医師にジェネリック医薬品を希望している旨を伝えた後に、確認してみることをおすすめします。

おわりに

花粉症などのアレルギー症状に効果のある抗ヒスタミン薬にはさまざまな種類があります。自分の症状に合わせて、効き目の強さや副作用の強さなどを考慮して選ぶと良いでしょう。

また、市販薬を購入する際は、薬剤師または登録販売者に相談した上で購入しましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

エバステルAL

エバステルに関連するQA

ピックアップ特集