リダスロン軟膏

テバ製薬

処方薬 後発 塗り薬

リダスロン軟膏は、皮膚の赤み、腫れ、炎症などを抑える薬です。
リダスロン軟膏は、炎症や、免疫を抑えるステロイド(成分名:ベタメタゾン吉草酸エステル)と、微生物を殺す、またはその増殖を抑える抗生物質(成分名:ゲンタマイシン硫酸塩)の2つの有効成分が含まれています。
この薬は、症状を一時的に改善する対処療法薬なので、症状そのものを改善する薬ではありません。
リダスロン軟膏は、リンデロン-VG軟膏(先発医薬品)のジェネリック医薬品です。

効き目・効果

リダスロン軟膏はゲンタマイシン感性菌に対して効果を示します。

あせも、とびひ、虫さされ、やけどなどのの症状の治療に対して処方されることが多いです。

ステロイド薬の効きの強さはStrongest、VeryStrong、Strong、Medium、Weakの5段階に分けられ、リダスロン軟膏は、strongに分類されています。

リダスロン軟膏は以下の症状に効果が期待されます。

・湿潤,びらん,結痂を伴うか,又は二次感染を併発している次の疾患:
湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,脂漏性皮膚炎を含む),乾癬,掌蹠膿疱症

・外傷・熱傷及び手術創等の二次感染。
 

塗り方・使い方

この薬を使う場合は医者の指示に従ってください。また、薬剤師から渡される薬剤情報提供文書を良く読んで使用してください。


通常、1日1〜数回、適量を患部に塗ってください。

まず薬を塗る前に患部を清潔にし、しっかりと水気を拭き取ってください。チューブに入っている薬を少量患部に塗ってください。そして、薬が十分に広がるように優しく塗り込んでください。患部が手である場合を除いて、薬を使用した後はしっかりと手を洗ってください。
医師から指示がある場合を除いて、顔、鼠径部、脇の下に塗らないでください。

医師、薬剤師の指示がある場合を除いて、バンドエイドやがガーゼで薬を塗った患部を覆わないでください。

もし、決められた時間に薬を塗るのを忘れた場合は、気づいたときに塗ってください。
気づいた時間が次の服用時間の直前だった場合は、忘れた分塗らず、次の分だけを塗ってください。
くれぐれも2回分を1度に使用しないでください。



副作用

リダスロン軟膏を短期的に使用したことにより、副作用が出ることはほとんどないと言われています。
しかし、長期的に服用していると様々な副作用が生じる可能性が出てきます。

リダスロン軟膏のようなステロイド薬の副作用は、薬を塗った場所にできる副作用(局所的副作用)と、薬を塗っていない他の場所にできる副作用(全身性副作用)に分けられます。

局所的副作用

免疫低下
ステロイドには、免疫(細菌から体を守ろうとする働き)を低下させる働きがあるので、以下のような症状が見られることがあります。
・にきびなどの吹き出物ができる
・カビによる水虫や爪の白癬
・カンジダ症(女性に多い)
この中でも特にニキビや肌荒れはよく見られると言われています。
これらの症状は、ステロイドの使用を中止すれば症状が治まることがほとんどです。

皮膚萎縮
ステロイドを長期間にわたり使用していると、皮膚を作るために必要な繊維を作れなくなってしまうため、以下のような副作用が症状が見られることがあります。
・皮膚の表面に赤く、細いしわがよる
・皮膚の下の血管が透けて見える
・皮膚をつまむと薄い感じがする
このような症状は皮膚萎縮と呼ばれ、痛みやかゆみが無いため、副作用が出ていることに気づきにくい傾向にあります。
これらの症状は、ステロイドの使用を中止すれば症状が治まることがほとんどです。

皮膚線条(皮膚割れ)
ステロイドを長期間にわたり使用していると、皮膚の組織が分離、断裂することで、赤紫色のひび割れのようなすじができる(皮膚線条)ことがあります。
皮膚線条は、胸、お腹、太ももなどの比較的皮膚が伸び縮みしやすい箇所に見られることが多いです。
皮膚線条は皮膚萎縮とは違い、皮膚のより深い真皮と呼ばれる部分が断裂して起こるため、治療するのが非常に難しいとされています。

毛細血管拡張
ステロイドを長期間にわたり使用していると、ステロイドの効果によって萎縮されていた毛細血管が弱くなり、拡張することで血管が透けて見えるようになることがあります。そのため、毛細血管が拡張している場所は、赤く晴れ上がったように見えます。一般的には顔(頬)によく見られます。

多毛症
ステロイドを長期にわたり使用していると、ホルモンバランスが崩れるため、産毛が増えたり濃くなったりすることがあります。この症状は、女性や、小さい子供などによく見られます。

酒さ様皮膚炎
ステロイドを長期間にわたり使用していると、はじめは顔に赤みや熱を伴う潮紅がみられ、後にニキビのような膿疱ができることがあります。これを酒さ様皮膚炎と言います。酒さ皮膚炎の治療を行うにはステロイドの使用を中止する必要があります。ステロイドの使用をいきなり中止すると症状が悪化してしまうことが考えられるので、医師にすぐに相談しましょう。

全身性副作用

ステロイドを使用することで考えられる全身性副作用としては、易感染症、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症、満月様顔貌、白内障、緑内障が挙げられますが、いずれの症状も、軟膏剤の使用によって引き起こされることはほとんどないと言ってよいでしょう。

確かに、ステロイド外用薬を使用して上記のような病気になる方はいらっしゃいますが、ステロイドとの因果関係はないと言われています。

リダスロン軟膏に含まれるゲンタマイシンの副作用としては、以下のような症状が挙げられます。気になる場合は医師や薬剤師に相談しましょう。
適応患部の炎症(皮膚の赤みやかゆみ)
直射日光への過敏反応

上に書かれている症状は副作用として考えられるものの一例です。
何か気になる症状がでたり、不安に思うことがある場合は、すぐに医師又は薬剤師に相談しましょう。


使用上の注意

もし、過去にリダスロン軟膏に含まれる成分にアレルギー反応を示したことがある場合、または他のステロイド剤にアレルギー反応を示したことがある場合(プレドニゾロン、プレドニンなど)には、使用を控えてください。

リダスロン軟膏を顔に使用する場合、特に目の近くに使用する場合は目に入らないように注意してください。
また、顔周りは皮膚が薄いので長期的な使用は控えるようにしましょう。

リダスロン軟膏は、皮膚にのみ使用してください。

残ったリダスロン軟膏を他部分に使用しないでください。

リダスロン軟膏は副腎皮質ホルモンを含んでいます。他の薬を使用する前に、その薬が副腎皮質ホルモンを含んでいるかよく確かめてください。もし含んでいる場合は使用しないでください。

ゲンタマイシンの含まれるリダスロン軟膏を使うことによって、日に焼けやすくなることがあります。
直射日光、日焼けマシーン等の使用は控えるようにしてください。また、外出するときは日焼け止めを使用するなどして、紫外線を避けてください。

リダスロン軟膏を使用する際は、医師から指示を受けた期間はしっかりと使い続けてください。個人の判断で薬の使用を中止すると、菌を完全に殺しきれないばかりか、菌に対する薬の効きが悪くなる恐れがあります。

リダスロン軟膏は危険ですので口に入れないようにしてください。
リダスロン軟膏を誤って飲み込んでしまった場合は、すぐに医師か薬剤師に相談しましょう。

リダスロン軟膏を1歳以下の子供に使用する場合は特に注意してください。安全性が確立されていない部分があります。

医師から指示がある場合を除き、この薬を子供のおむつにあたる部分に使用しないでください。

この薬を使用している間にワクチンの接種を行う場合は、必ず医師に相談してください。

まれに、副腎皮質ホルモンは子供の成長に何らかの悪影響を与えることがあります。薬を使用している間は、定期的に診断を行ってください。

医師の指示がある場合を除き、12歳以下の子供に対しては使わないでください。安全性と効果が明らかになっていない部分があります。


高齢者の使用上の注意

一般的に高齢者では副作用があらわれやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密閉法(ODT)等の使用に際しては特に注意してください。

妊婦・授乳時の使用上の注意

妊婦または妊娠している可能性のある妊婦は大量又は長期にわたる使用はさけてください。


注意する薬の塗り合わせ

医師の指導が無い限り、基本的に他のステロイド剤との併用はさけてください。

薬効・薬理

 リダスロン軟膏は、使用した部分の皮膚に部分的に効果を示します。

この薬に含まれるコルチコステロイドは,標的となる細胞と結合後、核内に移行して遺伝子を活性化し,合成された mRNA が細胞質内に特異的蛋白リポコルチンを合成します。細胞膜リン脂質に含まれるアラキドン酸は,ホスホリパーゼ A2(PLA2)により遊離後,代謝を受けて各種プロスタグランジン,トロンボキサン,ロイコトリエンとな
り,炎症に関与するが,リポコルチンはこの PLA2 を阻害することにより,抗炎症作用を発現するものと考えられています 。

効果を裏付ける臨床成績としては、ベタメタゾン吉草酸エステルの抗炎症作用と、ゲンタマイシンの抗菌作用(殺菌的)が確認されています。


海外での類似薬

ベタメタゾン吉草酸エステルとゲンタマイシン硫酸塩を含む軟膏剤は日本以外の他の国では販売されていません。

リダスロン軟膏と同一成分の薬について