リフレックスは抗うつ薬

リフレックスは、うつ病やうつ状態を改善するために使用される抗うつ薬です。不安や気力の減退などを解消する効果が期待できます。

剤形は錠剤で、成分量の異なる15mgと30mgの2種類があります。

なお、リフレックスを購入するには、病院で医師の診察を受ける必要があります。

リフレックスの効果・効能

リフレックスの添付文書によると、効能や効果は以下のように記されています。

効能又は効果
うつ病・うつ状態

リフレックス錠15mg/リフレックス錠30mg 添付文書

リフレックスの作用機序

アドレナリンやセロトニンといった脳の働きを活性化する物質を増やしたり、脳の働きを弱めてしまっている物質を抑えることで精神活動を活発にさせる作用があります。

作用機序
本剤は中枢のシナプス前α2アドレナリン自己受容体及びヘテロ受容体に対して拮抗作用を示し、中枢のセロトニン及びノルアドレナリンの両方の神経伝達を増強する。
本剤は5-HT2及び5-HT3受容体を阻害するため、セロトニンの神経伝達増大により主に5-HT1受容体が活性化される。
本剤のS(+)鏡像異性体はα2受容体と5-HT2受容体を主に阻害し、R(-)鏡像異性体は5-HT3受容体を主に阻害する。
N-脱メチル代謝物はラット脳で唯一検出された代謝物で、α2受容体、5-HT2受容体及び5-HT3受容体への親和性は本剤と同程度であった。

リフレックス錠15mg/リフレックス錠30mg 添付文書

リフレックスの用法用量

リフレックスは、1日1回就寝前に使用する薬です。

はじめてリフレックスを使用する時は、通常、リフレックス錠15mgを1錠使用します。様子を見ながらリフレックス錠15mgを2錠、またはリフレックス錠30mgを1錠使用します。

使用量を増量する時は、増量する間隔を少なくとも一週間はあける必要があります。

なお、リフレックスの使用量は、年齢や症状によって医師が決定します。自己判断で使用量を増減しないでください。

リフレックスを飲み忘れてしまった場合

リフレックスは1日1回就寝前に使用する薬ですが、飲み忘れてしまった場合、次に使用するタイミングが8時間以上空くのであれば、起床後に気づいた時点で使用することも可能です。

次の使用が9時間あかない場合は、次に使用した時に薬の効果が強くですぎてしまうなどの危険性があるため、使用を控えてください。また、飲み忘れたからといって、飲み忘れた次の使用時に2回分使用しないでください。

飲み忘れ後の使用について判断に迷う時は、医師・薬剤師に相談しましょう。

リフレックスが効かない・減薬したい場合

適正な使用量、または最大使用量を使用しても、リフレックスの効果を感じられない場合もあります。

1〜2ヶ月程度経過を見ても改善がみられない場合は、薬との相性がよくないことも考えられるため、医師に相談してください。また、使用量を減らしたい場合も必ず医師に相談してください。

自己判断で薬の使用量の増減や突然の中止をしてしまうと、重篤な副作用があらわれる場合があります。

リフレックスの副作用

リフレックスの主な副作用は、眠気(傾眠)、口の渇き、倦怠感、便秘などです。

特にあらわれやすいのが眠気です。国内臨床試験時には、リフレックスを使用した2人に1人の確率で眠気があらわれたという報告もあります。

リフレックスの使用で太る?

リフレックスの副作用のひとつとして、添付文書には体重増加の記載もあります。副作用としての体重増加の目安は、1.0〜1.5kg程度であるとされています。

その他に副作用として比較的多いのは、食欲が増える、不眠、吐き気(嘔吐、悪心)などがあります。

リフレックスを使用するときの注意

リフレックスの成分であるミルタザピンに対してアレルギー反応をおこしたことのある方は使用できません。

また、自殺に思いをめぐらせたり実行しようとしたことがある方、躁うつ病の方、衝動性が高い併存障害を持っている方などは、自殺念慮があらわれたり、精神症状を悪化させることがあるため慎重な使用が求められます。

その他にも、肝機能障害や腎機能障害を患っている方など、リフレックスを慎重に使用する必要がある方もいます。詳しくは以下のページをごらんください。

妊娠中の方・授乳中の方に与える影響

動物実験で妊娠したラットにリフレックスを与えた場合、着床後死亡率の上昇、出生児の体重増加抑制、出生児の死亡率増加が確認されました。

このことから、妊婦または妊娠している可能性のある方に対しては、リフレックスを使用しないと危険であると医師が判断しない限りは使用できません。しかし、医師が有益性が高く、必要と判断すれば処方される事があります。

また、授乳中の方もリフレックスを使用しないことが望ましいとされていますが、止むを得ず使用する場合は、薬の効いている時間帯の授乳を避ける必要があります。

併用に注意する薬

セレギリン塩酸塩が成分となるMAO阻害剤はリフレックスと同時に使用できません。脳内ノルアドレナリン、セロトニンの神経伝達が高まることからセロトニン症候群になる危険性があります。

また、MAO阻害剤の使用をやめて2週間以内の方もリフレックスを使用できません。

酒・アルコールとの併用に注意

リフレックスはアルコール(酒)との併用にも注意が必要です。リフレックスの鎮静作用が増強されるおそれがあります。

リフレックスとの併用・飲み合わせで気をつけるべき薬などが他にもあります。詳しくは以下のページをごらんください。

リフレックスの半減期や最高血中濃度

リフレックス錠15mgを1錠使用した場合、薬の成分が血液中で最も高くなる最高血中濃度に達するのはおよそ1時間後です。

また、薬が最高血中濃度になってから薬の成分が血液中で半分程度になる半減期は、最高血中濃度到達後のおよそ32時間後です。

リフレックス錠30mgを1錠使用した場合、最高血中濃度に達するのは、薬を使用してからおよそ1.5時間後です。

また、薬が最高血中濃度に達してから半減期になるのは、最高血中濃度到達後のおよそ33時間後です。

薬の成分が最高血中濃度に達するまでには効果があらわるとされ、最高血中濃度から半減期になるまでの時間は、薬の効果があらわれている目安とされています。

レメロンはリフレックスと同等の薬

リフレックスと同じような効果を発揮する薬にレメロンがあります。どちらも成分はミルタザピンで、剤形が15mgと30mgの2種類の錠剤という点も共通しています。

違いは販売している会社が異なる点です。

レメロンもリフレックスと同じく、病院を受診して購入する処方薬です。ジェネリック医薬品や市販薬でも同成分の薬の販売はなく、レメロンが唯一リフレックスと同じ薬であるといえます。

おわりに

うつ病やうつ状態を改善させるための薬で、リフレックス、レメロンと同じ働き方をする薬は現時点で他にはなく、唯一のノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)です。(2017年7月時点)

他の抗うつ薬ではあまり効果を感じられなかった場合、医師と相談の上でリフレックスを使用してみるのもひとつの手段です。逆にリフレックスが合わない可能性もあります。その場合も医師に相談し、違う薬を検討するなどしてみましょう。

なお、薬の効き目はある程度の経過観察をしなければ効果をはかれないため、一定期間は医師の指示どおりに正しい量を使用をするようにしてください。

出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページ