乾燥ボツリヌス抗毒素“化血研”

化学及血清療法研究所

処方薬 先発 注射剤

基本情報

副作用

副作用として蕁麻疹様発疹、発赤、腫脹、疼痛、発熱、関節痛などがあらわれる場合があります。
重篤な副作用はめったに起こりませんが、ショック、アナフィラキシーを引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合は医師に相談してください。

使用上の注意点

◼︎ウマ血清に対しショック、アナフィラキシー(血圧降下、喉頭浮腫、呼吸困難等)およびその他のアレルギー反応をおこしたことのある方は乾燥ボツリヌス抗毒素“化血研”を原則使用できません。
ただし、止むを得ず使用する場合はウマ血清過敏症試験および除感作処置などをおこない、慎重に使用するようにしてください。

◼︎高齢者は生理機能が低下している場合が多いため、慎重な薬の使用が求められます。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

乾燥ボツリヌス抗毒素“化血研”の添付文書によると妊娠中・授乳中の方、子供の使用への注意喚起は特に記載されておりません。