枯れ肌・乾燥肌にヒシモア|顔に使える?ニキビには効く?

皮脂枯れ肌の症状に有効とされる「ヒシモア」。ヒシモアの成分から肌への効果をわかりやすく解説。顔への使用やニキビ対応まで、他製品との使い分けを絡めながら現役薬剤師が解説します!

2017年9月6日に小林製薬から発売された市販薬「ヒシモア」。

加齢にともなって皮脂の分泌量が減少し、乾燥とかゆみを生じる「皮脂枯れ肌」の症状に有効とされていますが、具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか?

乾燥肌に効く!ヒシモアの成分と効果は?

成分(100g中) 分量 はたらき
ヘパリン類似物質 0.3g 角質に潤いと柔軟性を与え、肌のバリア機能を改善します
ジフェンヒドラミン 0.5g 抗ヒスタミン作用で、かゆみの発生を抑えます
ガンマ-オリザノール 1.0g 皮脂腺の働きを活性化し、皮脂分泌を高めます

(出典:小林製薬HPより)

ガンマ-オリザノールが特徴

ヒシモアには以下の成分が含まれています。

ヒシモアの特徴は「ガンマ-オリザノール」です。「ガンマ-オリザノール」は皮脂分泌効果から「皮脂枯れ肌」に適している成分です。

かゆみがない場合は、同社の「さいきc」もおすすめです。こちらも「ガンマ-オリザノール」配合で、皮脂の分泌を改善します。

さいきc

ヘパリン類似物質とガンマ-オリザノールはヒシモアと同量配合ですが、かゆみに効く成分に代えて抗炎症成分の「グリチルリチン酸二カリウム」が含まれ、皮膚の炎症をおさえます。

かゆみのある乾燥に効果あり!

ヒシモアの成分群から、「肌の再生機能を支援し、かゆみをおさえる効果」があるといえます。

ヒシモアは、かゆみのともなう乾燥肌・ダメージ肌に有効と言えるでしょう。

ヒシモアは顔やニキビには使える?

ヒシモアの添付文書では、顔などの使用できない部位の記載はありません。基本的には全身に使用することができます。

一般的には、皮脂腺が少なく乾燥しやすい腕や脛(すね)、手の甲といった部位に使用されます。

顔にはOK!ただし「さいきc」がおすすめ

販売メーカーによると、ヒシモアは顔に使えますが、顔への乾燥などには「さいきc」をお勧めしています。

顔は乾燥しにくい部分のため「皮脂枯れ肌」とは考えにくく、通常の乾燥肌の治療には「さいきc」の方が推奨されています。

「さいきc」のメーカーページには「乾燥肌の治療用としては顔にもお使いいただけます」と明記されています。

ニキビには効果なし

ニキビには原因菌が存在するため、本製品では対応できません。

市販のニキビ用薬を使用されるか、皮膚科等専門医を受診してください。

ヒシモアの副作用

重大な副作用はない

ヒシモアには重大は副作用はありません。副作用の症状は以下のように軽微なものに限られますが、異変を感じた場合や気になる場合には医療機関に相談してください。

使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

関係部位症状
皮ふ発疹・発赤、かゆみ、はれ

(出典:小林製薬HPより)

おわりに

冬になると特にひどくなる乾燥肌とかゆみ。

市販薬を正しく使用し、少しでも緩和させたいものですね。

ライター採用

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ヒシモア

関連するお薬のブランド

ピックアップ特集