風邪で鼻がグズグズする
咳をすると痰がからむ
アレルギー性鼻炎で鼻水が止まらない
副鼻腔炎でいつも鼻がつまっている・・・

子どものこのような症状によく処方される薬にオノンドライシロップ(オノンDS)があります。
気管支喘息やアレルギー性鼻炎の際の抗アレルギー剤ですが、風邪などで鼻水が出るときにも処方されるお薬です。

飲むときはコップ一杯程度の水に薬をとかして服用しますが、もし味が気になってお子さんが飲むのを嫌がるようでしたら、さまざまな食品と混ぜて飲みやすくしてみましょう。

今回は、オノンDSを飲みやすくする食品と、オノンDSと一緒に処方されることが多いムコダインDS、小児用ムコソルバンDSが加わった際のおいしい混ぜ合わせもご紹介します。

オノンDSは甘くて飲みやすい薬です

色と形:微かに黄色味のある、粉状の薬
味:甘く、薬が口に残っても苦味がない

オノンDSは水に溶けやすく、口に残ったとしても味の変化がなく甘いままなので、子どもでも比較的飲みやすい薬と言えるでしょう。

それでも、過去に苦い薬を飲んで「薬ギライ」になったためにグズるような場合は、次の食品と混ぜてみてください。

◎オノンDSをさらにおいしく、飲みやすくする食品

① 水以外の相性のいい飲料
牛乳、オレンジジュース、スポーツ飲料、麦茶など

もともとの飲料に(オノンDSの)甘みが加わりますので、「甘くなっておいしくなる飲み物」との組み合わせがおすすめです。
ココアやチョコ系の飲み物もありますが、そこまで甘くない飲料でも十分においしく飲んでくれるはずです。

② 混ぜておいしく食べてもらえる食品
ヨーグルト、アイスクリーム、プリンなど

いずれも小皿に少量とって薬を練り込むように混ぜ、一口ずつスプーンで口に運びます。
このとき、食品の量が多すぎてお腹がいっぱいになってしまい、一回分の薬が飲みきれなかった・・・などということがないよう、気をつけてくださいね。

③ 市販のお薬服用補助ゼリーの活用
粉薬は口の中に残ったり、飲み込みにくいのが難点。
そんな悩みを解消してくれるのがお薬の服用補助ゼリーです。

酸味のあるフルーティーなものから甘みが濃いチョコ風味まで、味にバリエーションがありますが、オノンDSは苦味がない薬なので、ピーチ味などさわやかな風味のものでもおいしく服用できます。

 

龍角散 おくすり飲めたねスティク ピーチ

 

オノンDSと相性の悪い食品

グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースは「薬と合わないことがある」ことを覚えておきましょう。
グレープフルーツに含まれる天然の渋み成分が、薬を代謝する酵素の働きを変化させてしまうためで、薬によっては効きが悪くなったり、逆に効きすぎてしまうことがあります。

オノンDSの場合も効き目が変化する可能性がありますので、なるべく避けた方がいいでしょう。
 

オノンDSとムコダインDS、小児用ムコソルバンDSが処方された場合は?

小児の風邪や副鼻腔炎、気管支炎で痰がからむときに、オノンDSと一緒に処方されることが多いのがムコダインDSと小児用ムコソルバンDS。

どちらも痰や膿の粘りをとったり、粘膜の抵抗力を高める薬です。

☆ ムコダインDSの味と特徴
オノンDSと同様に、甘く飲みやすい粉薬。ラムネ菓子のようなさわやかな甘さです。

混ぜるとおいしく、飲みやすくなる食品:乳酸飲料、アイスクリームなど
相性の悪い食品: 牛乳、ヨーグルト、緑茶


☆ 小児用ムコソルバンDSの味と特徴
口に入れた瞬間かすかにシュワッとし、そのあとに甘さが広がります。ムコダインと比べると口に残る甘さで、人によってはかすかに苦味のようなものを感じるかもしれません。

混ぜるとおいしく、飲みやすくなる食品:牛乳、スポーツ飲料、麦茶など
相性の悪い食品 :特になし

パターンA: オノンDS+ムコダインDS

おすすめの食品: 麦茶、オレンジジュース、スポーツ飲料、アイスクリーム

どちらも甘いドライシロップなので、そのまま水や白湯に溶かしても飲みやすい組み合わせです。
さらにおいしく飲むには、麦茶やオレンジジュース、スポーツ飲料、アイスクリームと混ぜてみましょう。
 

パターンB: オノンDS+小児用ムコソルバンDS

おすすめの食品: 牛乳、スポーツ飲料、麦茶、アイスクリーム、ヨーグルト、プリン

小児用ムコソルバンDSは合わない食品が特にありませんので、グレープフルーツジュース以外で、甘みが加わるとおいしくなる飲料や食品に混ぜるといいでしょう。
 

パターンC: オノンDS+ムコダインDS+小児用ムコソルバンDS

おすすめの食品: 麦茶、スポーツ飲料、アイスクリーム

麦茶はノンカフェインである点でも小児におすすめの飲料です。風邪で熱があったり体力を消耗している場合はスポーツ飲料に溶かして飲むのもいいでしょう。

また、飲み物より冷たい食べ物の方が口にしてもらそうな場合は、アイスクリームに混ぜるのがおすすめです。
 

粉薬を食品に混ぜるときに気をつけること

粉薬を飲み物や食品に混ぜるときには、飲む直前に1回分だけを混ぜるようにしてください。
多めに作り置きすると、薬の効果が減弱するおそれがありますので、気をつけましょう。

また、熱い飲み物に混ぜると薬の成分が変化する可能性がありますので、冷ましてから混ぜてください。

その他の飲みにくい薬について、おいしく服用する工夫については、こちらの記事も参考になさってください。

ミナカラ:苦い薬もへっちゃら!粉薬をおいしく飲みやすくする食べ物や飲み物リスト