H2ブロッカー製剤「ガスター10」

沈黙の臓器肝臓に対して胃腸は最も雄弁な臓器です。

そんな胃腸が痛みを訴えている時、あなたはどんな胃腸薬を飲んでいますか?

ひとことに胃腸薬と言ってもその作用は異なります。

「胃酸の分泌を促して消化を良くするもの」
「胃酸の分泌を抑制して胃粘膜を守るもの」
「胃腸の動きを活発にして消化を助けるもの」

たとえば、ストレスや不規則な生活が続き、胃腸が荒れている時に必要なのは胃酸の分泌をおさえる胃腸薬です。ここで胃酸の分泌をうながす胃腸薬を選んでしまったら、症状が悪化してしまい、胃炎や胃潰瘍などを引き起こす場合があります。

反対に食べすぎや飲みすぎで消化不良を起こしている時は、胃酸の分泌を促進する胃腸薬を選び消化を助けるようにします。

この記事では胃酸の分泌を抑えて胃の粘膜を守る第一三共製薬の「ガスター10」をご紹介します。

ガスター10はどんな薬?

・H2ブロッカーで胃酸の分泌を抑制します。
・錠剤タイプ、水なしで飲める口中溶解タイプ、液体タイプ、散剤タイプなどが選べます。
・購入は薬剤師のいる販売店のみ。

H2ブロッカーってなに?

ガスター10の主な作用H2ブロッカーのHはヒスタミンの頭文字。

胃酸の分泌に関わるヒスタミン受容体への刺激をブロックして胃酸の分泌を抑え、胃の不快な症状を改善します。

制酸剤と何が違うの?

両方とも胃酸に対して作用しますが、作用のメカニズムが違います。上記でも述べた通り、ガスター10はヒスタミン受容体に作用して胃酸の分泌を抑制。胃粘膜があれるのを防ぎます。

制酸剤は出過ぎた胃酸をアルカリ性に中和し、胃の不快な症状を改善します。

他にも、効果が現れる時間、持続時間が違います。ガスター10は服用後、約30分で効果が現れる効果時間は約8時間ほどです。

制酸剤は速効性はありますが効果時間はH2ブロッカー製剤より短くなります。

胃酸を抑制して消化に影響はないの?

ガスター10で抑制するのはヒスタミンによる胃酸分泌のみです。

胃酸の分泌に関わる物質は他にも、「アセチルコリン」や「ガストリン」があります。食べ物の消化に必要な分の胃酸は確保することができるので、消化に影響はほとんどないと言えます。

水なしで飲めると言うけどいつ飲めばいいの?

上記の通り、消化にはほとんど影響しないので胃の痛みを感じたその時に水なしで、会社でも、電車の中でもすぐに服用することができます。1回の服用で8時間の効果があるとされています。ただし、1日2回服用する場合は8時間以上あけてください。

ガスター10の基本情報

ガスター10の基本情報は次の通りです。

効能・効果

胃痛、胸やけ、もたれ、むかつき(本剤はH2ブロッカー薬を含んでいます)

用法・用量

胃痛、胸やけ、もたれ、むかつきの症状が現れた時、下記の1回量を、水またはお湯で服用してください。

年齢 1日服用量 1日服用回数
成人(15歳以上、80歳未満) 1錠 2回まで
小児(15歳未満) ×服用しないでください。
高齢者(80歳以上)

・服用後8時間以上たっても症状が治まらない場合は、もう1錠服用してください。
・症状が治まった場合は、服用を止めてください。
・3日間服用しても症状の改善がみられない場合は、服用を止めて、医師又は薬剤師に相談してください。
・2週間を超えて続けて服用しないでください。

成分

1錠中の成分内容
ファモチジン    10mg    

使用上の注意と副作用の確認について

服用する前に添付の説明書をよく確認してください。

使用上の注意(一部)

次の人は使用しないでください。

・医療機関で次の病気の治療や医薬品の投与を受けている人
血液の病気、腎臓、肝臓の病気、心臓の病気、胃・十二指腸の病気、喘息、リウマチなどの免疫系の病気、ステロイド剤、抗生物質、抗がん剤、アゾール系抗真菌剤。
・医師から赤血球数が少ない(貧血)、血小板数が少ない(血がとまりにくい、血が出やすい)、白血球数が少ない等の血液異常を指摘されたことがある人
・小児(15歳未満)および高齢者(80歳以上)
・妊婦、または妊娠してると思われる人
・授乳中の人は服用しないか、服用擦る場合は授乳を避けること

副作用について

皮ふ:発疹・発赤、かゆみ、はれ
循環器:脈のみだれ
精神神経系:気がとおくなる感じ、ひきつけ(けいれん)
その他:気分が悪くなったり、だるくなったり、発熱してのどが痛いなど体調異常が現れる。

まれに起こる重篤な症状について

アナフィラキシーショック
皮膚粘膜癌症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性皮膚壊死融解症
横紋筋融解症
肝機能障害
腎障害
間質性肺炎
血液障害

口臭予防におなじみの食後のガムは胃腸にも効果的?!

食後にお口の中をスッキリしてくれるガムですが、胃腸にとっても嬉しい働きがあることをご存知でしょうか?

ガムをよく噛むことによって唾液の分泌が促されます。唾液は弱アルカリ性なので胃酸を中和する働きがあるのです。さらに、唾液に含まれる酵素アミラーゼの消化促進効果により食べ物の消化をスムーズにしてくれます。

胃酸過多や消化を助けるために、胃腸が元気ないな・・・という方は食後のガムを習慣にするといいかもしれませんね!

おわりに

ガスター10は2週間以上服用できませんので注意してください。

3日間服用しても症状の改善が見られなかったり、違和感があるようなら他の病気の可能性もあります。服用を中止して、医療機関(消化器科、内科など)の診療を受けてくださいね。