カゼリックIP錠

米田薬品

市販薬 錠剤

概要

かぜの諸症状をやわらげます。

どんな症状に効くの?

かぜの諸症状(のどの痛み,発熱,悪寒,頭痛,鼻水,鼻づまり,くしゃみ,せき,たん,関節の痛み,筋肉の痛み)をやわらげます。

使い方

次の1回量を、食後30分以内に飲んでください。 [年齢:1回量:1日服用回数] ・成人(15才以上):3錠:1日3回 ・15才未満:服用しない  

特徴

痛みや熱の原因となる物質の生成を抑えるイブプロフェンとかぜの諸症状を緩和する成分や発熱等により失われるビタミンCを配合した総合かぜ薬です。

特に気をつけること

1.次の人は服用しないでください (1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。 (2)本剤又は他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。 (3)15才未満の小児。 2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください   他のかぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬、催眠鎮静薬) 3.乗物又は機械類の運転操作をしないでください   (眠気があらわれることがあります) 4.服用時は飲酒しないでください 5.5日間を超えて服用しないでください

どう効くのか

①イブプロフェンが、熱や痛みの原因物質の生成を抑えて、発熱や頭痛等をしずめます ②クロルフェニラミンマレイン酸塩が、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状をおさえます ③dl-メチルエフェドリン塩酸塩が、気管支を広げ、呼吸を楽にして、せきをしずめます ④ジヒドロコデインリン酸塩が、せき中枢に働き、せきをしずめます ⑤無水カフェインが、頭痛をやわらげます ⑥ヘスペリジン(ビタミンPの一種)が、発熱等で失われやすいビタミンCの補給に働きます ⑦アスコルビン酸(ビタミンC)が、発熱等で失われやすいビタミンCの補給に働きます

飲み合わせの注意

使用上の注意点

(1)定められた用法・用量を厳守してください。 (2)錠剤の取り出し方    錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

生活上の注意

主な副作用

次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください ○皮ふ:発疹・発赤、かゆみ ○消化器:悪心・嘔吐、食欲不振、胃痛、胃部不快感、口内炎 ○精神神経系:めまい ○その他:排尿困難、むくみ、目のかすみ、耳なり まれに重篤な症状が起こることがあります。