【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

カルテオロール点眼液T2%

日東メディック/ 東亜薬品

処方薬 後発 液(目薬・消毒液など)

基本情報

副作用

主な副作用は、眼刺激症状、霧視、異物感、眼脂、結膜炎、眼瞼炎、眼瞼腫脹、羞明感、角膜障害、眼瞼発赤、眼底黄斑部の浮腫・混濁、視力異常、徐脈、胸痛、不整脈、動悸、低血圧、
呼吸困難、咽喉頭症状、鼻症状、頭痛、不快感、けん怠感、めまい、悪心、味覚異常(苦味等)、皮膚炎、血糖値の低下、発疹、筋肉痛、こわばり(四肢等)、脱力感、抑うつ、重症筋無力症の増悪です。


下記の副作用はめったに起こりませんが、念のためご注意ください。お薬を使用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。


・喘息発作:
ヒューヒュー音がする、息をするときヒューヒューと音がする、息苦しい、息切れ

・失神:
気を失う

・房室ブロック、洞不全症候群、洞房ブロック、洞停止等の徐脈性不整脈、うっ血性心不全、冠攣縮性狭心症:
めまい、胸の痛み、胸の不快感、動悸、気を失う息切れ、脈が遅くなる、意識の低下、考えがまとまらない、息切れ、脈がとぶ、脈が乱れる、判断力の低下、
からだがだるい、全身のむくみ、吐き気、息苦しい、吐き気、動く時の息切れ

使用上の注意点

下記のような方は本剤を使用できません。


・ コントロール不十分な心不全、洞性徐脈、房室ブロック(Ⅱ・Ⅲ度)、心原性ショックのある患者

・ 気管支喘息、気管支痙攣又はそれらの既往歴のある患者、重篤な慢性閉塞性肺疾患のある患者

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊娠中はできるだけ控えることとなっています。どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。授乳中も同様で、止むを得ず使用する場合は、授乳を避けてください。
小児、新生児、乳児、幼児に対する安全性はまだ確立していません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

以下のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。


・β遮断剤(全身投与):
全身的なβ遮断作用が増強することがあるので、減量するなど注意すること。

・交感神経系に対し抑制的に作用する他の薬剤(レセルピン等):
過剰の交感神経抑制を来すおそれがあるので、減量するなど注意すること。

・カルシウム拮抗剤(ベラパミル塩酸塩、ジルチアゼム塩酸塩):
徐脈、房室ブロック等の伝導障害、うっ血性心不全等があらわれることがある併用する場合には用量に注意すること。

・アドレナリン:
類薬(チモロールマ
(レイン酸塩点眼液でアドレナリンの散瞳作用が助長された。との報告がある

薬効・薬理

β受容体遮断作用により房水産生を抑制し、眼圧を下げます。