カルバン錠50

鳥居薬品/ 日本ケミファ

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用として、徐脈、洞性徐脈、動悸などの心拍数・心リズム障害、血清コレステロール上昇、血中尿酸上昇などの代謝・栄養障害などがあります。

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・心不全、房室ブロック、洞機能不全
・喘息発作、呼吸困難

使用上の注意点

■下記に当てはまる方はカルバン錠50を使用できません。
・糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方
・心原性ショックの方
・うっ血性心不全のある方
・肺高血圧による右心不全のある方
・高度の徐脈(著しい洞性徐脈)、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロックのある方
・未治療の褐色細胞腫の方

■下記に当てはまる方はカルバン錠50を使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。
・うっ血性心不全のおそれのある方
・気管支喘息、気管支痙攣のおそれのある方
・特発性低血糖症、コントロール不十分な糖尿病、長期間絶食状態の方
・重篤な肝・腎機能障害のある方

■急に使用を中止すると、症状が悪化したり、心筋梗塞を起こす可能性があるため、医師の指示がないまま自己判断で使用を中止しないでください。

■めまい、ふらつきなどがあらわれることがあるので、カルバン錠50を使用中は自動車の運転など危険をともなう機会の操作はしないでください。

■高齢者の方は一般に、腎機能が低下していることが多く副作用があらわれやすいので、慎重に使用してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中の方や妊娠している可能性のある方は使用できません。

◼︎授乳中に止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。

◼︎15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎下記のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・交感神経系に対し抑制的に作用する他の薬剤(レセルピンなど)
・血糖降下薬(インスリン製剤、トルブタミドなど)
・カルシウム拮抗薬(ベラパミル塩酸塩など)
・クロニジン
・抗不整脈薬(ジソピラミド、プロカインアミド、アジマリンなど)

効果時間

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を服用してから約1時間後とされています。
また、その後約9~11時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。

薬効・薬理

β1受容体遮断作用による心拍数の低下、およびα1受容体遮断作用による末梢血管拡張作用などにより、血圧を下げる薬です。