今回はアセトアミノフェンについて記載していこうと思います。
まずアセトアミノフェンはお薬の成分の名前で代表的な処方箋の薬としては「カロナール」があります。
また最近ではジェネリック医薬品としてアセトアミノフェン「◯◯◯」という名前でも販売されています。

アセトアミノフェンはインフルエンザの際にも使える解熱剤としても注目されています。

 

アセトアミノフェンの効能・効果・副作用などはカロナールと同じになりますので下記を参照していただければと思います。

関連記事:カロナール(アセトアミノフェン)の効能・効果・副作用・飲み合わせは?


なので今回は主に市販薬について記載しようと思います。

 

アセトアミノフェンのみの成分のもの

アセトアミノフェンだけが成分のお薬としては「タイレノールA」と「ラックル」があります。
どちらも成分の量は300mgとなっています。添加物が異なるだけなので効果等はほぼ同じになります。
お子様用では「小児用バファリンチュアブル」があります。

・特徴
アセトアミノフェン単体では解熱鎮痛効果はおだやかですのでひどくない頭痛などの痛みに有効です。
また眠気が出る成分は入っていないということと、胃に負担をかけづらいお薬なのでいつでも飲むことができるのが特徴です。

 

ACE処方のお薬

ACE処方のお薬は「アセトアミノフェン」「(無水)カフェイン」「エテンザミド」という3種類が入っているお薬でして、アセトアミノフェン単体では効き目が比較的弱いため、効果が高くなるよう一緒に混ぜてあるお薬になります。

代表的な市販薬としては「ノーシン」「ハッキリエースa」「新リングル」などがあります。

・特徴
エテンザミドは解熱鎮痛作用をもち、カフェインは解熱鎮痛成分の鎮痛作用を助けるため配合されています。アセトアミノフェンは他の解熱鎮痛成分と比較して胃腸障害が少ないといわれています。解熱鎮痛薬は、鎮痛メカニズムの違いを考慮して、数種の解熱鎮痛成分を組み合わせて配合されることが多いです。

 

AAC処方のお薬

AAC処方のお薬は「アセトアミノフェン」「アスピリン」「(無水)カフェイン」の3種類が入っているお薬です。
上記したACE処方のお薬と比べるとエテンザミド⇄アスピリンになっています。
基本的に効果などは似ているのですがアスピリンが入っているAAC処方のお薬の方が胃腸障害が出やすいと言われているため最近ではACE処方のお薬が主流になってきてはいます。
しかしながら頭痛などの痛み止めの作用はAAC処方のお薬の方が比較的強いため症状に応じて使います。

代表的な市販薬としては「バファリンプラス」「エキセドリンA錠」などがあります。

 

終わりに

アセトアミノフェンだけのお薬だと効果が比較的弱いことはありますが、副作用のリスクが低いという利点もあるためまずはアセトアミノフェン単一のお薬から使ってみるといいでしょう。