インフルエンザにカロナールは使える?頭痛や子供にも使える解熱剤を解説

インフルエンザの発熱に使える解熱剤カロナールについて解説。カロナールが効かないと感じられる理由や他の薬の飲み合わせも解説します。

カロナールはインフルエンザにも使える解熱剤!

インフルエンザの高熱が疑われるけど、休日や夜間で病院に行けない・・家にあるカロナールを飲んでもいいの?

インフルエンザのときは飲んでもいい薬と避けるべき薬があるため、家にある薬や市販の薬を使いたいときは注意して薬を選択しなければなりません。

カロナールはインフルエンザのときでも安心して服用できる解熱剤です。

カロナールは風邪などの発熱に病院で処方される薬です。インフルエンザのときにも抗インフルエンザ薬とともに処方されることが多くあります。

カロナールとインフルエンザの関係について詳しく解説します!

インフルエンザのカロナールは対症療法

インフルエンザの治療は、基本的には病院で処方される抗インフルエンザ薬の使用になります。タミフルやリレンザといった抗インフルエンザ薬で、インフルエンザウイルスの増殖を抑えて症状の改善を目指します。

しかし、抗インフルエンザ薬には高熱や頭痛、筋肉痛などの症状を抑える作用はありません

高熱や痛みなどあまりにつらい症状は体力衰弱を起こし重症化や合併症にもつながる可能性があるため、症状を和らげる目的でカロナールなどの解熱鎮痛薬を併用します。

カロナールは小児のインフルエンザにも使える

インフルエンザで避けるべき成分が使われている解熱剤を服用すると重篤な合併症を引き起こす事があります。

特に乳幼児や小児の場合は、インフルエンザ脳炎やライ症候群など命に関わる合併症を引き起こす可能性もあるため、解熱鎮痛剤の成分に十分注意しましょう。

カロナールなどのアセトアミノフェンの解熱鎮痛剤は、15歳未満の子供でも安心して使用することができます。

インフルエンザの頭痛に効く

カロナールは発熱だけでなく痛みにも効果を発揮します。インフルエンザで起こる頭痛にも有効です。

カロナールとイナビル・タミフルの飲み合わせは?

カロナールの成分であるアセトアミノフェンは、タミフルなどの抗インフルエンザ薬と併用しても問題ありません。

カロナールは発熱や頭痛等の症状が辛いときに使用し、症状がおさまったら使用を止めて問題ありません。抗インフルエンザ薬は症状が良くなっても処方された量を最後まで飲みきりましょう。

インフルエンザでカロナールが効かない?

カロナールは解熱剤の中でも比較的安全性が高く、効果がおだやかだとされています。

カロナールを飲んで、39度の高熱が一気に平熱に戻るわけではありません。服用後に1度でも熱が下がれば、薬の効果は出ていると考えられます。

熱が平熱に下がらないからといって、処方の用量を超えて服用したり、他の解熱剤を併用することは止めましょう。

カロナールの効果を最大限に得るためのポイントをご紹介します。

◼︎医師から特別な指示がない場合は38.5度以上で服用する
◼︎体温が上昇中に服用するより、上昇しきってから服用するほうが効果がでやすい

カロナールってどんな薬?

カロナール|アセトアミノフェン

主成分:アセトアミノフェン

効果と効能:主成分のアセトアミノフェンは、中枢神経の体温調整中枢に直接作用して、皮膚の血管を拡張させて解熱作用をもたらします。また大脳の痛覚に関する部分にも作用して、痛みを感じにくくします。

適応:インフルエンザ、急性上気道炎、頭痛、歯痛、月経痛、腰痛、筋肉痛、がん性疼痛など

カロナールは風邪や生理痛、頭痛といった日常的な発熱や痛み止めをはじめ、さまざまな病気の解熱鎮痛剤として幅広く処方される薬です。

服用してから薬が効くまでの時間には個人差がありますが、臨床試験では服用後15分前後で効き始め、半数以上の人は30分程度で効果を感じられ、効果は2〜6時間持続するとの報告があります。

カロナールの服用方法

カロナールは症状によって服用する量が大きく変わる薬なので、医師の指示に従って服用してください。

服用はなるべく空腹時をさけて、食後が望ましいです。また、服用間隔は4~6時間以上あけるようにしてください。

カロナールの副作用

カロナールは副作用が少なく比較的安全な薬とされていますが、副作用がゼロというわけではありません。

主な副作用として、過敏症(発疹)、嘔吐、食欲不振、血小板機能低下(出血時間の延長)などが報告されています。服用後に体調の変化が現れたら、担当の医師または薬剤師に相談しましょう。

また、次のような副作用が出現した場合にはすぐに薬の使用を中止し、医師の診療を受けてください。

・アナフィラキシー:息が苦しい、全身の発赤、じんましん
・肝機能障害:けん怠感、食欲がない、皮膚や白目が黄色くなる
・顆粒球減少症:のどの痛み、発熱
・喘息発作の誘発:苦しさ、喘鳴(息をするとヒューヒュー音がする)

カロナール使用上の注意

妊婦・授乳中の方

妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、医師の判断で使用されることもあります。妊娠中の場合は必ず医師や薬剤師に相談してください。

授乳中に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、できる限り医師や薬剤師に確認をとってから使用しましょう。

飲み忘れたらどうする?

指示されたときに飲み忘れた場合は、飲み忘れに気づいた時点でできるだけ早く1回分を服用してください。4時間以内に次に飲む時間がくる場合は、忘れた分は飲まずに次に飲む時間に1回分を飲みます。

一度に2回分を飲まことはお止めください。

お酒を飲んでもいい?

飲酒は薬の副作用を起こしやすくする恐れがあるので、服用中の飲酒は控えましょう。

おわりに

インフルエンザの時の解熱鎮痛剤の使用は、あくまでも熱や痛みを和らげるための対症療法です。

解熱剤はウイルスをやっつける薬ではないので、周囲の人に感染が広がらないようマスクの着用や手洗いなども忘れないでください。

また薬の服用で一時的に症状がやわらいでも、体の中にウイルスが残っている間は症状がぶり返す可能性があるので、完全に回復するまでは油断せずに安静に過ごすよう心がけましょう。

インフルエンザ特集