インフルエンザに解熱剤は使うべき?カロナールで解熱できる?

インフルエンザのつらい発熱に使用できる解熱剤カロナールやロキソニンについて解説します。家にある解熱剤を飲んでもいいのか、解熱剤が効かないと感じたときはどうすればいいのか、他の薬との飲み合わせなども解説します。

インフルエンザは38℃以上の高熱や激しい頭痛・関節痛などの症状が特徴です。つらい症状を和らげるために解熱剤の使用が可能かどうか

そんなつらい症状を少しでも緩和させるために、「解熱鎮痛剤」を使用することがあります。

この記事ではインフルエンザの時に使用できる解熱鎮痛剤や、市販で買える同成分の解熱鎮痛剤などを解説していきます。

インフルエンザで解熱剤はできるだけ使わない方が良い

インフルエンザの代表的な症状として38℃以上の発熱がありますが、高熱に耐えられる体力がある場合はできるだけ解熱剤を使わないことが望ましいとされています。

体にインフルエンザウイルスが侵入すると、病原菌(インフルエンザウイルス)の増殖をおさえる作用・ウイルスと戦う白血球を活発にはたらかせる作用・ウイルスに対する免疫を高める作用の3つが働きます。

体は体温を上げることで3つの働きを高めてウイルスに対抗しているため、無理に熱を下げることはウイルスへの対抗力を下げることにもつながるのです。

また、解熱剤にはインフルエンザウイルスを直接おさえる効果はありません。

解熱剤は症状をおさえるために使用する

インフルエンザの基本的な治療は、病院で処方される「タミフル」や「リレンザ」といった抗インフルエンザ薬の服用です。

しかし、抗インフルエンザ薬には高熱や頭痛、筋肉痛などの症状をおさえる効果はありません。高熱や痛みなどあまりにもつらい症状は体力衰弱を起こし、重症化や合併症にもつながるおそれがあるため、症状を和らげるために解熱剤を併用します。

病院などで解熱剤が一緒に処方される場合は、38.5℃以上の熱が出たときだけ飲むように指示されることが多くみられます。

インフルエンザで使用してはいけない解熱鎮痛剤

インフルエンザのときには使用できない解熱鎮痛剤の成分があります。インフルエンザのときに使用すると、インフルエンザ脳症やライ症候群を引き起こす可能性が高くなることがわかっており、子供だけではなく大人も使用を控えた方が良いとされています。

インフルエンザのときに病院で処方されることはありませんが、市販薬などで症状をおさえたい場合は十分に注意してください。

薬名 成分名
アスピリン アセチルサリチル酸
ボルタレン ジクロフェナク
ポンタール メフェナム酸

「カロナール」は子供も使える安全な解熱剤

カロナールは、主成分をアセトアミノフェンとした解熱鎮痛薬です。カロナールは医師の処方箋が必要な処方薬です。

風邪や生理痛、頭痛といった日常的な発熱や痛みなど、さまざまな病気の解熱鎮痛剤として幅広く処方されています。安全性が高く穏やかに効くことが特徴です。

カロナールなどのアセトアミノフェンの解熱鎮痛剤は安全性が高いため、15歳未満の子供でも使用が可能です。しかし15歳未満の子供の場合は医師が体重によって1回の使用量を調節するため、必ず医師の指示にしたがって使用してください。

薬を使用してから薬が効くまでの時間には個人差がありますが、30分程度で効果を感じ始め2〜6時間持続するとの報告があります。

カロナールの詳しい効果については関連記事をごらんください。

カロナールの用法・用量

カロナールは症状によって使用する量が大きく変わるため、医師の指示にしたがって使用してください。特にインフルエンザのときは、痛いときや熱が高いときに飲む頓用の場合が多いため注意してください。

薬を飲んだ後は使用間隔を4~6時間以上あけてください。また、なるべく空腹時をさけて食後に使用することが望ましいです。

カロナールの市販薬

同じ成分のアセトアミノフェンを使用した市販薬では、「タイレノールA」や「ラックル」などがあります。

タイレノールA

病院で処方されるカロナール錠300と同量のアセトアミノフェンが配合されています。

ラックル

通常腰痛などに使用されますが、成分量がカロナール錠300と同量であり、解熱作用もカロナール錠300とほぼ同じ効果が得られます。

「ロキソニン」は15歳未満は使用を控えること

ロキソニンはロキソプロフェンを主成分とした解熱鎮痛剤で、カロナールに比べると解熱作用・鎮痛作用ともに強いことが特徴です。

ロキソニンは、インフルエンザ脳症・ライ症候群といったインフルエンザの合併症との関係が報告されています。そのため、インフルエンザのときは、15歳以下は使用禁忌とされています。なお、インフルエンザ脳症・ライ症候群などの合併症は、5歳〜19歳がもっとも発症しやすいため、20歳以上でなければ処方されることはありません。

20歳以下の人が高熱でつらいときは、ロキソニンではなくカロナールなどのアセトアミノフェンが主成分の解熱鎮痛剤を使用しましょう。

使用してから薬が効くまでの時間には個人差がありますが、30〜50分程度で効果を感じ始め1.5〜8時間持続するとの報告があります。

インフルエンザの時のロキソニンの使用については関連記事をごらんください。

ロキソニンの用法・用量

通常、1回60mg(1錠)を1日2回まで、なるべく空腹時を避けて使用します。使用後に再び症状が現れた場合は3回目を使用できますが、使用間隔は4時間以上おいてください。

ロキソニンの市販薬

市販薬では「ロキソニンS」やロキソニンシリーズがあります。

ロキソニンS

病院で処方されるロキソニン錠60mgと同量のアセトアミノフェンが配合されています。

解熱鎮痛剤とイナビル・タミフルの飲み合わせは?

カロナール・ロキソニンなどの解熱鎮痛剤は、タミフルなどの抗インフルエンザ薬と併用できます。

解熱鎮痛剤は発熱や頭痛などの症状がつらいときに使用し、症状がおさまったら使用を止めて問題ありません。抗インフルエンザ薬は症状が良くなっても処方された量を最後まで飲みきりましょう。

家にある解熱鎮痛剤を使用してもいい?

基本的には、インフルエンザが疑われた場合は病院を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

インフルエンザのときには使用禁忌とされている薬の成分があるため、自己判断で家にある解熱鎮痛剤を使用するときには十分に注意が必要です。不安がある場合は薬を使用する前に薬剤師に相談しましょう。

また、薬には使用期限があります。通常は未開封の状態で3〜5年程度なので、いつ購入した薬なのかしっかり確認してください。

15歳以下・妊婦・授乳婦は特に注意

15歳以下の子供はインフルエンザのときは自己判断で薬を飲むことは控えましょう。

安全とされているカロナールは体重や症状によって使用量を医者が調節する必要があり、ロキソニンはインフルエンザ脳症・ライ症候群を引き起こすおそれがあります。

また妊婦や授乳婦が解熱剤を使用する場合は、さまざまな注意が必要なため、必ずかかりつけ医に相談してください。

解熱剤が効かないと感じたら

解熱鎮痛剤を使用しても39度の高熱が一気に平熱に戻るわけではなく、使用後に1℃でも熱が下がれば薬の効果は出ていると考えられるため、一気に熱が下がらなくても効果が全くないわけではありません。

特にカロナールは解熱剤の中でも比較的効果が穏やかな薬です。

熱が平熱まで下がらないからといって、処方の用量を超えて使用したり他の解熱剤を併用することは止めましょう。

解熱鎮痛剤の効果を十分に引き出すための飲むタイミングとして、医師から特別な指示がない場合は38.5度以上で使用すること、体温の上昇中に使用するのではなく上昇しきってから使用することを意識してください。

おわりに

インフルエンザの時の解熱鎮痛剤の使用は、あくまでも熱や痛みを和らげるための対症療法です。

解熱剤はウイルスをやっつける薬ではないので、周囲の人に感染が広がらないようマスクの着用や手洗いを徹底しましょう。

また、薬の使用で一時的に症状が和らいでも、体の中にウイルスが残っている間は症状がぶり返す可能性があります。熱が下がってからも油断せずに安静に過ごすよう心がけましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

タイレノールA

ラックル

ロキソニンS

カロナールに関連するQA

ピックアップ特集

よく見られている症状