【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

カロナール坐剤小児用50

あゆみ製薬

処方薬 先発 坐剤・膣錠・浣腸剤

基本情報

副作用

主な副作用として吐き気や嘔吐、食欲不振、チアノーゼ(唇周囲や爪の先が青紫色になる)などがあります。

■重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。

・ショック、アナフィラキシー
・中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、急性汎発性発疹性膿疱症
・喘息発作の誘発
・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
・顆粒球減少症
・間質性肺炎
・間質性腎炎、急性腎不全

使用上の注意点

■カロナール坐剤小児用50には、以下のような警告が出ています。

・カロナール坐剤小児用50により重篤な肝障害が発現するおそれがあるので注意すること。
・カロナール坐剤小児用50とアセトアミノフェンを含む他の薬(一般用医薬品を含む)との併用により、アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現するおそれがあることから、これらの薬との併用を避けること。

■下記に当てはまる方はカロナール坐剤小児用50を使用できません。

・重篤な血液の異常のある方
・重篤な肝障害のある方
・重篤な腎障害のある方
・重篤な心機能不全のある方
・カロナール坐剤小児用50の成分であるアセトアミノフェンに対し過去にアレルギー反応を起こしたことのある方
・アスピリン喘息を起こしたことのある方

■下記に当てはまる方はカロナール坐剤小児用50を使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。

・肝障害の方、または過去に肝障害の診断を受け、治療を受けたことのある方
・血液の異常のある方、または過去にそのような診断を受け、治療を受けたことのある方
・出血傾向のある方
・腎障害のある方、または過去に腎障害の診断を受け、治療を受けたことのある方
・心機能異常のある方
・過敏症を起こしたことのある方
・気管支喘息のある方
・アルコール多量常飲者(この薬は15歳未満の子供に使う解熱鎮痛剤です)
・絶食、低栄養状態、摂食障害などによるグルタチオン欠乏、脱水症状のある方

■過敏症状を予測するために、十分な問診を受けてください。

■使用前にできるだけ排便を済ませておいてください。

■解熱鎮痛剤による治療は、原因を取り除く治療ではなく、対症療法(表面化している症状を緩和させる治療法)であることに細心の注意を充ててください。

■急激な症状に使う場合は発熱、疼痛の程度を考慮して利用すること、同一の薬の長期投与を避けること、原因療法があれば行うことを考慮してください。

■高熱をともなう場合や消耗性疾患の方の場合、過度の体温下降、虚脱、四肢冷却などがあらわれやすいので、使用後の経過に注意が必要です。

■ほかの消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましいです。

■高齢者に使用すると副作用があらわれやすくなります。(この薬は15歳未満の子供に使う解熱鎮痛剤です)

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■低出生体重児や新生児(生後4週未満)および生後3ヶ月未満の子供に対する使用は、安全性が確立していません。

■妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

■授乳中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、授乳中であることを医師に伝え確認をとってください。

※この薬は15歳未満の子供のための解熱鎮痛剤です。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■下記のような薬を使用している方は注意が必要です。併用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。

・リチウム製剤(炭酸リチウム)
・チアジド系利尿剤(ヒドロクロロチアジドなど)
・クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウム)
・カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、リファンピシン、イソニアジド
・抗生物質、抗菌剤

■アルコール(飲酒)と併用すると、相互作用があらわれるおそれがあります。薬を使用中は飲酒は控えてください。(この薬は15歳未満の子供に使う解熱鎮痛剤です)

薬効・薬理

体温調節中枢に作用して皮膚血管を拡張し体温を下げます。鎮痛作用は視床と大脳皮質の痛みを感じる閾値(いきち:人が痛みを感じるポイント)を高めることによると推定されています。