トピック

「トピック」に関する記事を715件紹介しています。ミナカラにはトピック以外にもさまざまなヘルスケアの記事が掲載されています

  • 様々な形態の薬局がオープン!新しい薬局の形

    様々な形態の薬局がオープン!新しい薬局の形

    セルフメディケーションが推奨されるここ数年、いろいろな特徴のある調剤薬局がオープンしています。まず注目したいのは、「零売薬局」と呼ばれる調剤薬局。みなさんは、処方せんがなくても薬剤師からならば購入することのできる処方薬があることをご存知でしょうか。つまり、病院にいかなくても、手に入れることができる処...

    アトピーのかゆみに新薬登場?2年後実用化をめど

    アトピーのかゆみに新薬登場?2年後実用化をめど

    3月3日、京都大学は新たなアトピー性皮膚炎の治療薬の有効性が確認されたことについて発表し、この結果はアメリカの医学誌に掲載されました。その治療薬は「nemolizumab(ネモリズマブ)」というもの。その安全性や有効性、最適な投与量などを調べる治験を行い、その効果が認められたとのことです。この治験は...

    タミフル・リレンザは妊娠中の使用も大丈夫?AFP通信が研究結果を発信

    タミフル・リレンザは妊娠中の使用も大丈夫?AFP通信が研究結果を発信

    3月1日インフルエンザ治療薬の妊娠中の使用についての調査研究の結果が発表されました。研究は、インフルエンザ治療薬として知られるタミフルやリレンザなどの主成分であるオセルタミビルやザナミビルを調査したもの。デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フランスで2008年から2010年の間にオセルタミビルやザ...

    薬を擬人化?!絵本風の薬辞典が出版!

    薬を擬人化?!絵本風の薬辞典が出版!

    様々な種類のある薬の成分をキャラクター化した絵本風の薬辞典が出版されました。その名も「王子様のくすり図鑑」。2016年1月に発売された「王様のくすり図鑑」の第二弾としての発売です。カロナールやアセトアミノフェンなど、あまり一般の方には馴染みがうすいくすりの成分も、その特徴を反映させたキャラクターに見...

    花粉を水に変えるマスクが発売!タオルやハンカチも?!

    花粉を水に変えるマスクが発売!タオルやハンカチも?!

    3月1日よりDR.C医薬株式会社より花粉を水に変えるマスクが発売開始されます。DR.C医薬株式会社は感染症やアレルギー疾患治療薬を専門に開発している会社で、東京の新宿に本社を構える創薬会社です。代表でもあり医師でもある岡崎成美によって開発されたハイドロ銀チタン®テクノロジーを様々な商品へ利用、展開す...

    かかりつけ薬剤師、届け出は6割弱ほど

    かかりつけ薬剤師、届け出は6割弱ほど

    2月17日、日本保険薬局協会(NPhA)は、昨年度の会員管理薬剤師アンケートの結果を発表しました。それによると、昨年の春からスタートした「かかりつけ薬剤師」における指導料等の施設基準に係る届け出は全体の6割弱にとどまるという結果でした。そもそもかかりつけ薬剤師とは、薬の服用や管理、また、体調や食事の...

    女性のための薬局が大阪に開業!

    女性のための薬局が大阪に開業!

    女性による女性のための調剤薬局が大阪に開業しました。その名も「レディーファーマシー」。女性ならではの生理不順や肌荒れ、便秘や美容などに対し、女性薬剤師が専門家の立場から様々な医薬品を処方してくれるそうです。今まで漠然と飲んでいたサプリや漢方などを専門家の立場からおすすめしてくれるのは心強いですね。ま...

    ハーボニー配合錠偽造問題を受け、厚労省が改めて注意喚起

    ハーボニー配合錠偽造問題を受け、厚労省が改めて注意喚起

    2月16日、厚生労働省医薬・生活衛生局はC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が流通した問題を受け、厚労省が改めて全国の医薬品卸売販売業者や薬局に注意喚起する通知を発出しました。すでに1月17日にも注意喚起を行っていたのですが、状況整理やこれまで明らかになった事実を踏まえて改めて「卸売販売業者及...

    インフルエンザ、ピーク去る!46都道府県で患者数減少

    インフルエンザ、ピーク去る!46都道府県で患者数減少

    2月17日、厚生労働省が平成29年度第6週(2月9日〜2月12日)のインフルエンザ発生状況を発表しました。全国におよそ5000カ所ある定点医療期間の今週のインフルエンザ患者数の報告は28.57となり、前週の38.14人よりも減少しました。先週、先々週の観測値について詳しくは以下の記事をご確認ください...

    「チェックワン」シリーズから、新たに排卵日予測検査薬が発売!その使い方もご紹介!

    「チェックワン」シリーズから、新たに排卵日予測検査薬が発売!その使い方もご紹介!

    妊娠検査薬の「チェックワン」シリーズから、新たに排卵日予測検査薬が発売開始されました。排卵日予測検査薬は尿中のLHの変化を捉え、最も妊娠しやすい時期である排卵日を約1日前に予測する検査薬です。基礎体温を計測することなどでも排卵を予測することが可能ですが、、基礎体温と併せて検査を行うと、より排卵日の予...

    リレンザを服用した男児中学生が転落死。因果関係は?

    リレンザを服用した男児中学生が転落死。因果関係は?

    14日、東京都品川区でインフルエンザ治療薬である「リレンザ」を服用した男子中学生が転落死する事故がおきました。生徒は14日の午前に病院でインフルエンザの診断を受け、リレンザを処方されました。その後、薬を服用し、自室で1人で休んでいたはずなのですが、深夜の午後0時50分頃に男子生徒の母親から110番通...

    キンカンに次ぐ定番化を目指し、新ブランド「ハダナ」が販売開始!

    キンカンに次ぐ定番化を目指し、新ブランド「ハダナ」が販売開始!

    かゆみや虫さされに効く薬として多くの人に長い間愛用されているキンカン。このキンカンを製造販売している金冠堂が新ブランド「ハダナ(hadana)」を立ち上げました。金冠堂の主力であるキンカンは50~60代を中心としたシニア層に根強い人気を保っていますが、かゆみ止めのニーズが最も高いのは「40代主婦」。...

    コンドームいらずの男性避妊法を開発!2018年には実用化?

    コンドームいらずの男性避妊法を開発!2018年には実用化?

    男性による避妊法といえばコンドーム、もしくはパイプカット(精管切除手術)でしたが、将来的に第3の選択肢が可能になりそうです。新しい避妊法は、ペニスにジェル状の半固形物を注射して精子をとめるという作用機序を発揮する「ベイサルジェル」と呼ばれる避妊薬によるものです。このベイサルジェルは、半永久的に避妊効...

    インフルエンザのピークはすぎたかも?まだまだ要注意!

    インフルエンザのピークはすぎたかも?まだまだ要注意!

    厚生労働省は2月10日、定点当たりのインフルエンザ患者数がやや減少したとの発表を行いました。定点医療機関は全国に約5000カ所あり、定点当たりの患者数が「30人」を超えると警報レベルと判断されます。1月23日から1月29日までの週でのインフルエンザ患者数が「39.41人」であったのに対し、今月5日ま...

    薬の価格設定に、費用対効果を反映させることに

    薬の価格設定に、費用対効果を反映させることに

    2月8日、厚生労働省が、2018年度より薬の価格に費用対効果を反映させる仕組みを導入する方針を明らかにしました。今のところ、薬の価格(以下薬価)の値下げは、実際に販売されている価格が下がったりしている場合や、利益が当初の想定よりも膨らんだ場合などに行われています。ですが18年度からはかかった費用に対...

    モンテルカストAG、わずか4カ月で53億円を売り上げ

    モンテルカストAG、わずか4カ月で53億円を売り上げ

    2016年度の秋に発売開始されたモンテルカストAGが急速に市場浸透し、わずか4ヶ月で53億円の売り上げを達成しました。モンテルカストは、喘息薬であるシングレア・キプレスのオーソライズドジェネリックです。オーソライズドジェネリックとは、言わば"価格が安くなった先発医薬品"。 先発医薬品を製造販売する...

    インフルエンザの流行が全国的に警報レベル!予防、対策をしっかりと

    インフルエンザの流行が全国的に警報レベル!予防、対策をしっかりと

    毎年冬に猛威を振るうインフルエンザ。 今年もそのピークがやってきそうです。厚生労働省は、全国約5,000箇所に設置されているインフルエンザ定点医療機関からインフルエンザの発生状況の報告を受けています。その定点当たりの患者数が39.41人(1月23日から1月29日)となり、「警報基準値(定点当たり3...

    夢の新薬「オプジーボ」の薬価が半額に!製薬企業は反発

    夢の新薬「オプジーボ」の薬価が半額に!製薬企業は反発

    2017年2月より、高額ながん治療薬「オプジーボ」の薬価が特例として50%引き下げられました。オプジーボは夢の新薬とよばれ、悪性黒色腫や肺がんに効果を示す薬ですが、その価格は100mgあたりおよそ73万円。 標準的な患者は1年に3500万円ほどの費用がかかる高額なお薬です。関連記事オプジーボ点滴静...

    花粉症の薬、クラリチン・タリオンが市販薬に!

    花粉症の薬、クラリチン・タリオンが市販薬に!

    2017年1月25日よりアレルギー性疾患治療薬であるクラリチンが要指導医薬品として販売されることとなりました。販売会社は大正製薬で、商品名はクラリチンEX。 クラリチンとしては初のスイッチOTCです。 他にも「クラリチンEXクイック」の販売も予定されているようです。クラリチンEXの特徴は以下です...

    セルフメディケーション税制について

    セルフメディケーション税制について

    セルフメディケーションとは、世界保健機関(WHO)において「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な体の不調は自分で手当てすること」と定義され、日頃の健康管理や市販薬の活用で、自分自身で健康を維持したり病気の予防や治療を行うことです。セルフメディケーションの推進を目的とし、2017年(平成29年)1月1日...

    カンジダのかゆみの原因と症状、身近な治療薬について解説!

    カンジダのかゆみの原因と症状、身近な治療薬について解説!

    女性の5人に1人は経験すると言われている、膣カンジダ。 カンジダの原因となるカンジダ菌(Candida)は健康な人でも誰にでも住みついている身近な常在菌です。 女性の誰もが持っているカンジダの菌は、疲れやストレスや体調不良などを引き金に大量に増え悪さをします。 治っても繰り返す事があり、正しい知識を...

    激痛!尿路結石の症状と原因とは?発症を防ぐ食べ物から再発を防ぐ予防法まで解説!

    激痛!尿路結石の症状と原因とは?発症を防ぐ食べ物から再発を防ぐ予防法まで解説!

    夜中に激しい痛みに襲われ救急車で運ばれたら尿路結石だった・・。尿結結石は年々増加傾向にあり、男性では一生のうち7人に1人が、女性では15人に1人が発症すると言われている身近な病気です。尿路結石の特徴は、胆石・膵炎とともに「三大激痛」ともいわれるほどの痛みです。中には救急車で運ばれるほどの激しい痛みを...

    日焼け後の肌のかゆみを抑えたい!おすすめの処方薬&市販薬を紹介します

    日焼け後の肌のかゆみを抑えたい!おすすめの処方薬&市販薬を紹介します

    海や山で思いっきり夏を楽しんだら・・・うっかり日焼け。肌がかゆくてたまらない!どうにかして! そんな経験はありませんか? 夏の強い日差しを浴びると、あっという間に肌はダメージを受けてしまいます。日焼けした肌はやけどを起こしている状態で、かゆみや痛みはSOSのサインです。 今回は、日焼け...

    便秘に浣腸!子供や赤ちゃんにも使える浣腸をご紹介

    便秘に浣腸!子供や赤ちゃんにも使える浣腸をご紹介

    便秘とは便を排泄する回数が少ない、また便がお腹の中に滞っている状態です。適切に排便されずお腹の中に便が溜まった状態は腹痛、不眠、肌荒れ、吐き気、頭痛など様々なつらい症状を引き起こします。便秘解消に使われる薬は大きく3種類あります。飲み薬と座薬、そして肛門から液体を注入する浣腸です。浣腸は肛門から注入...

    かくれ脱水のチェック12項目!熱中症を予防しよう

    かくれ脱水のチェック12項目!熱中症を予防しよう

    初期の症状を自覚しにくく、気づいたときには意識を失うなど重症化していることもある脱水症。 とくに高齢者は喉の渇きなども感じにくくなっているため、知らないうちに脱水症に陥っていることも少なくありません。夏は暑さも加わって熱中症のリスクも高まり、命にかかわる危険性もはらんでいます。 今回は、脱水...