パタノール|オロパタジン

パタノール、オロパタジンの効果、副作用、飲み合わせなど

オロパタジンの成分を含み、花粉症やハウスダストなどが原因で生じるアレルギー性結膜炎の治療に使用される抗アレルギー点眼薬です。
目の表面にアレルギー反応を引き起こす物質(花粉やホコリなど)が付着すると、まぶたの裏と白目を覆う粘膜(角膜)が炎症を起こし、目のかゆみや充血、涙目などの症状がでてしまいます。
オロパタジンはアレルギー性結膜炎の原因となるヒスタミンを抑え、目の不快な症状を改善します。代表的な製品はパタノールという点眼液になります。ジェネリック医薬品の販売はありません。

効果・よく使われるケース

アレルギー性結膜炎による、目のかゆみ・充血、目の異物感、目やに・涙が出るなどの症状を改善する目的で使用されます。
花粉の時期などの季節性アレルギー性結膜炎の場合、花粉飛散時期の少し前、または初期症状が現れ始めた時点で点眼薬による治療を開始すると、花粉のピーク時の症状を軽減できることがあります。毎年の花粉症でお困りの方は医師に相談しましょう。

オロパタジンの成分を含むパタノール点眼液の効能効果等に関する詳細は下記の記事をご参照ください。
【花粉症の目薬】パタノール点眼液の効能効果・副作用・薬価を解説

添付文書の効能効果の記載は以下のとおりです。
アレルギー性結膜炎

使用方法・用法用量

成人の場合1回1~2滴、1日4回に朝、昼、夕方及び就寝前に点眼のが一般的となります。

<用法及び用量に関連する使用上の注意>
点眼液はベンザルコニウム塩化物の成分を含むため、含水性ソフトコンタクトレンズを装着したまま点眼しないようにしてください。
点眼する際はコンタクトレンズをはずし、10分以上経過してから装着するようにし、点眼時に薬液がまぶたや皮ふについた場合は、速やかに拭きとってください。

使い方の詳細は以下のとおりです。
通常、1回1〜2滴、1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する。

効果時間

血中での薬の濃度が最も高くなるのは、服用してから約1~2時間後です。
その後、約3~4時間で血中での薬の濃度が半分になります。
なお、効果時間については個人差によるところが大きいため、ご注意ください。

副作用

主な副作用として眼痛、頭痛、肝臓の機能の指標であるALT(GPT)上昇などがあります。

その他の副作用

  0.5~5%未満 0.5%未満 頻度不明
眼局所 眼痛
角膜炎
そう痒症 
眼の異常感、眼瞼浮腫等の眼瞼障害、
眼脂、眼部不快感、充血、結膜出血、
結膜濾胞、流涙増加
眼瞼炎
精神神経系   頭痛  
肝臓   ALT (GPT) 上昇、AST (GOT) 上昇  
その他   ヘマトクリット減少、尿中ブドウ糖陽性  

飲み合わせ・食べ合わせの注意

飲み合わせに注意が必要な薬は基本的にありません。どの薬とも安心して一緒に服用できます。

妊娠中・授乳中・小児の服用について

妊娠中、授乳中、15歳未満の子供に対しては注意が必要なケースがあります。詳細は以下のとおりです。

妊娠中

妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、医師の判断で使用されることもあります。妊娠中の場合は必ず医師や薬剤師に相談してください。

授乳中

オロパタジンの成分を使用する場合は授乳を避けることが適切とされていますが、医師の判断で使用されることもあります。

小児

1歳未満の子供ではあまり使用されませんが、医師の判断で使用されることもあります。

生活の注意・注意すべき人

過去にオロパタジンを服用してアレルギー症状を起こしたことがある方は使用できません。また、点眼用のみに使用するようにし、点眼する際は容器の先端がまつ毛やまぶたに接触しないように注意してください。

禁忌

次の方は使用できません。

該当患者 理由・備考など
オロパタジンの成分に対し過敏症の既往歴のある患者  

薬効・薬理

オロパタジンはアレルギー反応を引き起こすヒスタミンやロイコトリエンなどの作用を抑え、目のかゆみや炎症、違和感などの症状を改善します。
花粉やホコリなどの異物が目の中に侵入したときに、身体が過剰な免疫反応を起こすことでアレルギー症状が現れます。その際に、免疫細胞の1つである肥満細胞からヒスタミンが大量に放出されることで目の知覚神経や毛細血管が刺激され、目にかゆみや充血、炎症をもたらします。
オロパタジンはヒスタミンとヒスタミンH1受容体の結合を阻害し、ヒスタミンの働きを抑え、アレルギー症状を緩和します。
ヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルギー反応を引き起こす物質はケミカルメディエーターと呼まれますが、オロパタジンにはこのケミカルメディエーターの遊離を抑制する作用もあります。
ヒスタミンやロイコトリエンを放出する肥満細胞の細胞膜を安定化することで、肥満細胞がアレルギー反応に対するサインに反応しないようにします。その結果、ケミカルメディエーターの放出(遊離)が抑えられ、アレルギー症状を抑制することができます。

その他

ジェネリック医薬品

オロパタジンの成分を含むジェネリック医薬品は販売されていません。

市販薬

オロパタジンの成分を含む市販薬は販売されていません。医師の診断のもと処方してもらうようにしましょう。