セルセプト懸濁用散31.8%(処方薬)

セルセプト懸濁用散31.8%は、免疫の高ぶりを抑える薬です。腎移植後の難治性拒絶反応の治療に使用されたり、臓器移植による拒絶反応を抑える目的で使用されます。
免疫はウイルスや細菌などから身体を守りますが、移植においては拒絶反応の要因となります。拒絶反応をおこすような状態は免疫が高ぶっているため、それを抑えるのに有効な薬であると言えます。また、ループス腎炎の治療にも有効な薬であると知られています。
セルセプトの剤型は、懸濁用散のほかカプセルとして販売されています。

ミナカラ
【現役の薬剤師が教えます】

口内炎に効くお薬の
選び方・使い方

口内炎の市販薬には塗り薬や貼り薬、飲み薬、スプレー、うがい薬など剤形のバリエーションが豊富で選ぶのが困難です。
豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあったお薬を選ぶポイントを特集しています。