第一類医薬品は販売準備中のため、販売を停止しております。販売が開始されるまでしばらくお待ちください

アシクロビル軟膏α 2g

¥660 税込

・アシクロビル軟膏αは、抗ウイルス成分アシクロビルを主成分とした口唇ヘルペスの再発治療薬です。
・アシクロビルは、口唇ヘルペスの原因であるウイルスに直接作用し症状を改善します。
・ピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたらすぐに塗布することをおすすめします。

送料無料 配送区分: 宅急便コンパクト
最短配送日: 14時までの注文完了で本日出荷
薬剤師に相談する(無料)

基本情報

用法・用量

1日3〜5回、適量を患部に塗布してください。
(唇やそのまわりにピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたら、すぐに塗布してください)

[解説]
・ピリピリ、チクチクといった感覚は、口唇ヘルペスの再発のきざしです。
 このような再発の初期から使用してください。
・使用時期は、毎食後、就寝前などの使用が目安です。
・家族で初めて発症したと思われる人が誤って使用しないよう、十分注意してください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
   なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(4)外用のみに使用してください。
(5)口に入っても害はありませんが、なるべく口に入れたり、なめたりしないでください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.次の人は使用しないでください
 (1)初めて発症したと思われる人、患部が広範囲の人。(初めて発症した場合は症状がひどくなる可能性があり、患部が広範囲に及ぶ場合は重症ですので、医師の治療を受けてください)
 (2)本剤、本剤の成分又はバラシクロビル塩酸塩製剤によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
   (本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります)
 (3)6才未満の乳幼児。(乳幼児の場合、初めて感染した可能性が高いと考えられます)
2.次の部位には使用しないでください
 (1)目や目の周囲。(目に入って刺激を起こす可能性があります)
 (2)唇とそのまわりをのぞく部位。(口唇ヘルペスは唇及びその周囲にできるものです)

相談すること

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。(医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります)
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
   (薬の使用には慎重を期し、専門医に相談して指示を受ける必要があります)
 (3)授乳中の人。(同じ成分の医療用の内服薬で、乳汁への移行が確認されています)
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(薬などでアレルギーを起こした人は、本剤でも起こる可能性があります)
 (5)湿潤やただれがひどい人。(症状がひどい場合は専門医に相談して指示を受ける必要があります)
 (6)アトピー性皮膚炎の人。(重症化する可能性がありますので専門医に相談して指示を受ける必要があります)
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
   〔関係部位〕   〔症 状〕
    皮 膚   : 発疹・発赤、はれ、かゆみ、かぶれ、刺激感、疼痛、乾燥、
            灼熱感、落屑(フケ、アカのような皮膚のはがれ)、じん
            ましん
    (本剤によるアレルギー症状であるか、本剤の薬理作用が強くあらわれたものであると考えられ、このような場合、同じ薬を続けて使用すると症状がさらに悪化するおそれがあります)
3.5日間位使用しても症状がよくならない場合、又はひどくなる場合は使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
  (5日間位使用しても症状の改善がみられないときは、症状が重いか他の疾病によるものと考えるべきで、なるべく早く医師又は薬剤師に相談してください)

保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない30℃以下の涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)使用前後によく手を洗ってください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後はなるべく早く使用してください。(品質保持のため)
(6)軟膏が容器内で偏ることがあるため、容器の最下部からゆっくりと上方向に押し出してください。