ピル(低用量ピル)

1日あたり 97 円〜 (税込)

  • 自宅でオンライン診察、お薬も自宅受け取り
  • 最短当日で受取可

※1日あたり医薬品代の最低金額です。詳細は「価格について」をご覧ください。※別途配送料がかかります。

治療・お薬について

低用量ピル・超低用量ピルとは

ピルとは、2種類の女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」が配合された医薬品です。ピルはお薬によって、「プロゲステロン」という女性ホルモンの薬の種類が異なり、また配合されている「エストロゲン」の量によって中用量ピル・低用量ピル・超低用量ピルなどの区別がされています。

低用量ピル・超低用量ピルの主な作用

  • 排卵を抑える
  • 子宮内膜の増殖を抑える
  • 女性ホルモンのバランスを整える

【治療方法】低用量ピル・超低用量ピルの種類

低用量ピル・超低用量ピルを服用することで治療を行います。治療期間や薬の服用回数は、医師の診療のもと症状に合わせて処方します。ミナカラオンラインクリニックでは、ルナベル配合錠ULD、トリキュラー錠28、ヤーズ配合錠、ヤーズフレックス配合錠の4種類の中から、担当医師が診療結果に基づき処方しています。低用量ピル・超低用量ピルは開発された順に第1世代から第4世代に分類されています。世代によって「プロゲステロン」という女性ホルモンに用いている薬の種類が異なり、また配合されている「エストロゲン」の量によって低用量・超低用量の区別がされています。超低用量ピルは、低用量ピルより「エストロゲン」の含有量が減っているため、吐き気や頭痛などの副作用が軽減されています。

ルナベル配合錠ULD(超低用量)

世代
第1世代
成分
ノルエチステロン、エチニルエストラジオール
服用方法
偽薬の含まれない21錠タイプのシートです。21日間の実薬に続いて休薬期間7日間を繰り返します。
効能・効果
  • 月経困難症
  • 生殖補助医療における調節卵巣刺激の開始時期の調整

トリキュラー錠28(低用量)

世代
第2世代
成分
レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール
服用方法
実薬が21錠、偽薬が7錠です。1日1回1錠を28日間連続でなるべく決まった時間に服用してください。
効能・効果
避妊

ヤーズ配合錠(超低用量)

世代
第4世代
成分
ドロスピレノン、エチニルエストラジオール
服用方法
実薬が24錠、偽薬が4錠です。毎日服用すれば24日間の服用と4日間の休薬が続けられるものになります。
効能・効果
月経困難症

ヤーズフレックス配合錠(超低用量)

世代
第4世代
成分
ドロスピレノン、エチニルエストラジオール
服用方法
他の薬剤とは異なり、1シートが全て実薬28錠です。途中で3日以上出血が続いた場合には生理が来た、と判断して4日間休薬します。
効能・効果
  • 子宮内膜症に伴う疼痛の改善
  • 月経困難症
  • 生殖補助医療における調節卵巣刺激の開始時期の調整

当院で処方できない方

  • 15歳未満40歳以上の方
  • 初経前、閉経後の方
  • 35歳以上でタバコを習慣的に吸っている方
  • 35歳未満で1日15本以上タバコを吸っている方
  • ピルにアレルギーをお持ちの方
  • 妊娠中あるいは授乳中の方
  • 出産後・手術後1か月以内の方、今後1か月以内に手術をする方
  • 子宮体がん、子宮頸がん、乳がんと診断されたことがある方
  • 前兆のある片頭痛のある方
  • 血栓を起こす病気のある方
  • 高血圧、脂質異常症、糖尿病、片頭痛の方
  • てんかん患者の方
  • トラネキサム酸(トランサミン)を服用中の方
注意事項
15歳以上18歳未満の方は保護者の同伴での診察をお願いいたします。服用される本人の予約・診察をお願いいたします。

低用量ピル・超低用量ピルの副作用

トリキュラーの副作用

服用開始初期にホルモンバランスの変化により、吐き気、頭痛、乳房の痛みなどがみられることがありますが、こういった症状は治療を続けるうちに落ち着きます。

ルナベル・ヤーズ・ヤーズフレックスの副作用

服用開始初期にホルモンバランスの変化により、不正出血、吐き気、頭痛、乳房の痛みや不快感などがみられることがありますが、こういった症状は治療を続けるうちに落ち着きます。

低用量ピル・超低用量ピルの重大な副作用

頻度は不明ですが、重大な副作用の1つに血栓症があります。血栓症は血管のなかに血栓と呼ばれる血の塊ができることが原因で起こる病気です。血栓傾向のある方は、低用量ピル・超低用量ピルの服用ができない可能性があります。

ピルを飲むと太る?

低用量ピル・超低用量ピルの副作用にはむくみや体重増加も報告されており、こういった副作用によって一時的に太ったと感じることがあります。(薬によっても異なりますが、むくみや体重増加の発現頻度は一般的に5%未満です。※1,2,3,4)

むくみや体重増加などの副作用は、飲み始めの時期にみられる副作用のひとつであり、飲み続けたからといって太りやすくなるというわけではありません。

参考資料

価格について

1ヶ月分 3ヶ月分まとめて購入 6ヶ月分まとめて購入 定期配送1ヶ月に1回15%OFF
ルナベル配合錠ULD
9,700円(税込10,670円) 29,100円(税込32,010円)
1ヶ月あたり税込10,670円
58,200円(税込64,020円)
1ヶ月あたり税込10,670円
8,245円(税込9,070円)
1ヶ月あたり税込9,070円
トリキュラー錠28
2,890円(税込3,179円) 8,671円(税込9,538円)
1ヶ月あたり税込3,179円
17,343円(税込19,077円)
1ヶ月あたり税込3,179円
2,457円(税込2,703円)
1ヶ月あたり税込2,703円
ヤーズ配合錠
9,700円(税込10,670円) 29,100円(税込32,010円)
1ヶ月あたり税込10,670円
58,200円(税込64,020円)
1ヶ月あたり税込10,670円
8,245円(税込9,070円)
1ヶ月あたり税込9,070円
ヤーズフレックス配合錠
10,670円(税込11,737円) 32,010円(税込35,211円)
1ヶ月あたり税込11,737円
64,020円(税込70,422円)
1ヶ月あたり税込11,737円
9,070円(税込9,976円)
1ヶ月あたり税込9,976円
診察料
0円
配送料
500円 (税込550円)
【診察料について】
医師による診察は初診・再診共に0円です。
【定期配送について】
診療日の18日後に1回目のお薬を発送いたします。2回目以降のお薬につきましては、前回発送日より28日後に発送いたします。※定期配送の対応は平日のみです。発送予定日が土日祝日の場合は前営業日に対応いたします。※定期配送の期間は、最大12か月となります。定期配送の継続をされる場合は、5回目の定期配送時に簡単な確認をさせて頂き、こちらで必要と判断した場合のみ再度診察を受けていただきます。
期間内の配送キャンセルも可能なので、安心してご利用いただけます。定期配送のキャンセルを行う場合は発送日の5営業日前までに、お問い合わせフォームからご連絡ください。
診察時にご指定いただいた宛先へお届けいたします。
【返品について】
医師が診察結果に基づいて適切なお薬を処方しています。処方された医薬品の返金・交換には一切対応致しかねますのでご了承下さい。

ミナカラオンラインクリニック(powered by 新六本木クリニック)とは

ミナカラオンラインクリニック(powered by 新六本木クリニック)とは、オンラインで予約〜診察を行い、お薬を自宅まで配送してもらい受け取ることができるサービスです。「忙しくて通院時間が確保しづらい…」「病院に通っていることを人に見られたくない…」といったお悩みをオンラインで解決することができます。

  1. step 1
    クリニックの予約ページから診察予約
  2. step 2
    医師とオンラインでかんたん診察
  3. step 3
    郵送でお薬を自宅で受け取り

診療内容

ミナカラオンラインクリニックで受けられる診療内容

よくあるご質問

  • ミナカラオンラインクリニックを利用するのに会員登録は必要ですか?

    ミナカラオンラインクリニック自体の利用に会員登録は不要ですが、オンライン診療を予約するにあたってはCLINICSの会員登録が必要となります。

  • 利用可能なお支払い方法について教えて下さい。

    現時点ではクレジットカード払いのみとなります。将来的には決済手段を増やせるようにする予定です。

  • 料金について教えて下さい。

    医薬品の料金のほか、配送料(一律550円)となります。医薬品の料金は、各診療メニューページに料金表を掲載しております。

  • 配送料はかかりますか?

    商品の配送は全国一律で550円となります。

  • 服用中の相談は可能ですか?

    ミナカラでは、医療従事者によるチャットサポートを利用者様に無償で提供しております。

    ●ミナカラ医療サポートhttps://minacolor.com/pages/support_chat

    服用されているお薬との飲み合わせや相互作用、使用中のご相談などお気軽にお寄せください。また、再度診断が必要となる症例等に関しては、再度オンラインにて予約をとっていただき、医師にご相談いただくことも可能です。

  • 診療・診察はどの医療機関が行いますか?

    提携先クリニック(新六本木クリニック)にて医師が行います。

  • 対面診察は必要ありませんか?

    患者様の症状や、安全・安心を配慮した医師の判断により、対面による定期検査や来院を薦めることがございます。予めご了承下さい。

お問い合わせ