「結膜炎」とは、目に異物が入ることでまぶたの裏側や白目の表面を覆っている半透明の膜(結膜)が炎症を起こしてしまうこと。
外での活動が増えて汗やほこりが目に入ったり、プールの水からウイルスが目に入ったりと、夏は特に心配な季節です。
中でも他人からウイルスをもらって感染する「ウイルス性結膜炎」は学校や職場で集団感染することもあり、要注意です。


 

ウイルス性結膜炎のおもな症状

  • 目の充血
  • めやに
  • 涙が自然に出る
  • ゴロゴロとした異物感

ウイルスの感染によって引き起こされるウイルス性結膜炎。
白目が少し充血している程度のものから、朝起きたらめやにで目が開けられないほどひどい状態になるものもありますが、アレルギー性結膜炎と違ってかゆみはほとんどありません。

原因となるウイルスは、アデノウイルス、エンテロウイルス、ヘルペスウイルスなどで、プールの水やタオルの共有、またはウイルスのついた手で目をこすったことでも感染が広がります。
なかでも感染力の強いアデノウイルスは、「流行性角結膜炎」(はやり目)の原因です。


 

流行性角結膜炎(はやり目)について

ウイルス性結膜炎の中で患者数の多いのが流行性角結膜炎(はやり目)
ウイルスの感染から発症までの潜伏期間は約1~2週間で、大人より子供がかかりやすいといわれています。
プールに入って1週間以降に目が真っ赤に充血したり、ひどいめやにが生じた場合はこの可能性があり、はじめは片方の目に発症し、4~5日後にもう片方にも症状が出ることが多いようです。
結膜部分だけでなく、黒目部分の角膜にも炎症が起こり、その場合は黒目部分に小さな濁りが生じます。

 

ウイルス性結膜炎の治療法

薬によってウイルスをやっつけるような特効薬は、残念ながらありません。
風邪を治すのと同じように、体の免疫力によって治るのを待つことになりますが、炎症を抑えて少しでも症状を和らげたり、二次感染を防止するためにも点眼薬を使用します。

点眼薬は、抗生剤と、抗炎症のため弱いステロイド点眼が処方されるのが一般的です。
流行性角結膜炎の場合、通常は1~2週間で治癒しますが、重症化して角膜に濁りが生じたときは、完全にきれいになるまで1~2年点眼を続けることがあります。

 

プールには入らないで!

充血や、めやになどの症状がある場合は、絶対にプールに入らないようにしましょう。
なかでも流行性角結膜炎は学校伝染病に指定されており、医師が周囲への感染力がなくなったと判断するまで登校も禁止になっています。

 

予防法は?

ウイルス性結膜炎は、ウイルスのついた手で目をこすることでも感染しますので、できるだけ目をこすらず、こまめに手洗いすることが予防の第一歩です。
症状がある間は、他の人と顔や手をふくタオルを別にしてください。
プールに入る際にゴーグルを使用するのも有効な防止策です。
また目の表面が乾燥し傷つくと感染しやすくなりますので、涙に近い成分の点眼薬で日頃から目を保護しましょう。

 

おわりに

「この程度の症状なら大丈夫」という甘い判断で、感染を広げてしまう可能性が高いウイルス性結膜炎。
目の充血、めやに、違和感などを感じたらすぐに眼科で診てもらうことが大切です。

(image by photo-ac )
(image by photo-ac )