角膜炎は目の感染症|原因・症状・予防方法まで解説

目の感染症である角膜炎を解説。角膜炎の原因から、症状、治療方法、予防のための注意点まで網羅しています。角膜炎は、コンタクトレンズを使用している人に起こりやすい病気です。角膜炎について原因から予防方法まで知ることで、正しい対処をしましょう。

角膜とは?

角膜とは、眼の一番外側にある円形の透明な組織です。角膜の後ろにある虹彩(こうさい)という組織が透けて見え黒く見えることから、角膜は「黒目」と呼ばれることがあります。

角膜は、知覚神経が集まる層やコラーゲンでできた層、角膜の水分量を調節する層などからできており、光の情報を集めたり痛みを感じると涙を排出したりすることで、正常にものを見ることができるように重要な役割を果たしています。

角膜炎の原因

角膜炎とは何らかの原因により角膜が傷つき、細菌やウイルスが侵入することで角膜が炎症を起こす病気のことです。角膜には知覚神経が集まっているため、角膜炎を起こすと目に強い痛みを感じ、瞬きをするたびに涙が出るような状態になります。

角膜は目の乾燥や異物混入により傷つく

角膜が傷つくのはドライアイによる水分不足や目に入ったゴミ、逆さまつげなどが原因です。

ドライアイの状態でまばたきをすると、水分が十分にあるときよりも角膜とまぶたとの間で摩擦が起こりやすくなり、角膜に傷がつきやすくなります。また、ゴミやまつげが入ること自体で傷がつくわけではありませんが、その状態で目をこすってしますと傷がつくおそれがあります。

傷口から侵入した病原体が角膜炎をもたらす

傷ついた角膜に侵入する代表的な病原体は、細菌やアカントアメーバという微生物やヘルペスウイルスです。

細菌やアカントアメーバの感染による角膜炎は、コンタクトレンズの使用者に多くみられます。決められた方法でコンタクトレンズを取り扱うことができていないと角膜に傷がつく原因となり、その傷口から細菌やアカントアメーバが入り込むことがあります。

■微生物・アカントアメーバ
アカントアメーバという微生物の一種はごく普通にどこにでも存在し、土の中や淡水の中にも存在します。
普段ならたとえ目に入っても問題はありませんが、角膜に傷がついている状態だとアカントアメーバが侵入してしまうことがあります。また、日常の手入れがきちんと行われず、アメーバにより汚染されたコンタクトレンズを使用することにより起こります。このアカントアメーバには有効な抗生物質がないため治療が難しく、重症化して角膜移植が必要になるケースが少なくないため注意が必要です。

■ヘルペスウイルス
唇に炎症を起こすイメージの強いヘルペスウイルスですが、このヘルペスウイルスが角膜炎を起こすこともあります。
乳幼児のころに初めてヘルペスウイルスに感染した際に発症することがほとんどですが、成人したあとも免疫力が落ちているとまれに再発します。
目のまわりに小さい水ぶくれができることが特徴で、アデノウイルス結膜炎であるはやり目やプール熱によく似ていることが特徴です。

■真菌

真菌(カビ)によって角膜炎を起こす場合もあります。健康な角膜には真菌が進入するということはほとんどなく、この病気自体まれなものですが、もともと目に持病があり、抵抗力が落ちているような人では発症しやすいといわれています。また,植物の枝で目を突いてしまったとか、土埃のついた異物が飛入したといった原因で起こることもあります。 

 

角膜炎の症状

角膜炎は、角膜にできた傷口から侵入した病原体によって症状が異なります。

■細菌性角膜炎
コンタクトレンズを正しく取り扱っていない人によくみられる感染症です。強い痛みや大量のめやに、目の充血、角膜が白く濁るなどの症状がみられます。感染した細菌の種類によっては、病気が進行するにつれて角膜に穴が空いてしまうおそれもあります。

■アメーバ性角膜炎
コンタクトレンズを正しく扱っていない、角膜の傷口ができるといった原因によりアカントアメーバが侵入すると、アメーバ性角膜炎という病気になります。アメーバ性角膜炎になると、目の充血や強い痛み、異物感などがあり、視力にも影響が出ます。

■単純ヘルペス角膜炎
単純ヘルペスは、口唇ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスによる感染症です。ヘルペスウイルスが角膜に感染してから初めて症状が出る場合は、目の充血や軽い痛みがありますが、それ以上症状が重くなることはあまりありません。しかし、再発を繰り返した場合は、角膜が白く濁ったり潰瘍(かいよう)がみられるおそれもあります。

■真菌性角膜炎

真菌(カビ)によって起こる角膜炎です。細菌性のものに比較して 症状が出るまで日数がかかるのが特徴です。目の痛みや異物感、充血などの症状があらわれます。

 

いずれにしても角膜炎は放置しておくと視力が低下し、最悪の場合は失明してしまうこともある病気です。
角膜炎の疑いがある場合は、できるだけ早く眼科を受診してください。

角膜炎はできるだけ早く病院へ

細菌やウイルスに感染し、角膜まで感染した状態では市販薬での治療はできません。角膜炎は進行が早いため、病院での対処が必要になります。

角膜炎は、原因によって炎症をおさえる作用や抗菌作用のある目薬などで治療を行います。また、目薬だけでなく眼軟膏を使用することもあり、症状が重い場合は入院し点滴を行うこともあります。角膜炎の炎症がひどく、治りが悪い場合などは角膜の表層部分を切除する手術が行われることがあります。

さらに症状が進行した場合などは角膜移植手術を行う場合もあるため、症状が悪化しないうちに眼科を受診するようにしましょう。

コンタクトレンズの使用に注意して角膜炎を予防

角膜炎は特に日常的にコンタクトレンズを使う人に多い病気のため、コンタクトの使用には以下の点に注意しましょう。

■コンタクトは正しく使用しましょう
コンタクトは定められた保存方法で保存し、必要に応じてしっかりと洗浄するようにしましょう。また、決められたコンタクトレンズの使用期限を超えて使用することも、細菌類が繁殖する原因になります。

■コンタクトの着用時間はできるだけ短くしましょう
目への負担を減らすために、コンタクトの着用時間はできるだけ短くしましょう。また、1週間のうちに何日かコンタクトを着用しない日を作ることも大切です。

■痛みや充血がある場合はコンタクトの使用は控える
目の痛みを感じたり充血がみられる場合はコンタクトの使用は控えましょう。涙にはもともと目の傷を修復する成分が含まれているため、小さな傷であればコンタクトの着用を中止することで治る場合もあります。

おわりに

角膜炎をそのままにしておくと重症化してしまうおそれもあり、手術が必要になる場合もあるため早めに対処していきましょう。

また、コンタクトを使用している人はその使用方法に十分に注意しましょう。

目に関するお役立ち情報

目に関連するQA

dメニュー