結膜炎が治らないのはなぜ?結膜炎の原因と対処法

結膜炎がなかなか治らないというば場合は原因がアレルギーの可能性が考えられます。結膜炎が治らないときに考えられる原因と対処法、治療法や目薬について解説します。

目のかゆみや充血を感じたら、結膜炎が原因である可能性が考えられます。

結膜炎は白目やまぶたの裏側を覆う結膜が炎症を起こす病気です。原因はさまざまありますが、治療すれば数週間で治ることが多い病気です。

しかし、目薬を使用しても一向に良くなる気配が無い、という場合は、アレルギーが原因となっている可能性があります。

今回はアレルギー性結膜炎が治らない原因と対処法、治療法や目薬について解説します。

結膜炎が治らない原因は?

結膜炎は主に「感染性結膜炎」と「非感染性結膜炎」の2種類に分類されます。

感染性結膜炎は細菌やウイルスなどが原因で発症し、治療をすれば数日〜数週間で治ることが特徴です。

一方、非感染性結膜炎は、アレルギーが主な原因となる結膜炎です。花粉やハウスダストなどに目がアレルギー反応を出すことにより、かゆみや充血が起こります。

アレルギー性結膜炎は、原因となるアレルゲンに触れなければ症状は発生しませんが、日常生活でアレルゲンを完全に避けることは難しいのが現状です。

そのため、目薬をさしていても症状が治らない場合は、アレルギー性結膜炎である可能性が高くなります。

コンタクトが結膜炎の原因になることも

アレルギー性結膜炎の主な原因は花粉やハウスダストですが、コンタクトの汚れが原因で発症する場合があります。

コンタクトレンズの汚れが原因となっている場合、コンタクトを装着し続けていると症状が悪化する可能性があるため、眼鏡に切り替えることが望ましいです。

また、花粉やハウスダストが原因で結膜炎を発症している場合でも、コンタクトを装着していると、レンズに原因となる物質が溜まりやすいためメガネへの切り替えを検討しましょう。

アレルギー性結膜炎の治療

アレルギー性結膜炎では、基本的に目薬を使用した対症療法となります。アレルギー性結膜炎の治療でまず使用されるのが、抗アレルギー点眼薬です。

抗アレルギー点眼薬には、かゆみの原因となるヒスタミンの働きを阻止するヒスタミンH1拮抗(きっこう)点眼薬と、ヒスタミンの放出を抑えるメディエーター遊離抑制(ゆうりよくせい)点眼薬があります。

市販薬の活用

抗アレルギー点眼薬は市販薬でも販売されています。自分の結膜炎の症状がアレルギー性結膜炎だと判明している場合は、市販薬も活用できます。

目薬にプラスアルファのセルフケア

冷たいタオルや保冷剤で目を冷やすことでも、一時的に目のかゆみや炎症を抑えることが可能です。

また目薬の効果をより発揮させるために、防腐剤の入っていない人工涙液で目を洗い流してから点眼することも効果が期待できます。

目をこすったり叩くのは危険!

なかなか症状が治らないからといって、目を直接こすったり叩くのは絶対にやめましょう。症状が悪化するだけでなく、他の病気を誘発する可能性もあります。

目薬でも症状が治らない場合は、病院を受診して自分の結膜炎の原因を特定させることが治療の近道です。

アレルギー性結膜炎であることが確定したら、アレルギーの原因物質を防ぐ対策を行いましょう。

・室内の清掃をこまめに行う
・布団を常に清潔に保つ
・空気清浄機を使用する
・部屋の換気をこまめに行う
・花粉の時期は外出する時にマスクや帽子をつける
・家に入る前に衣服についた花粉を払い落とす
・コンタクトは正しく使用する

ライター採用

目に関するお役立ち情報

目に関連するQA

ピックアップ特集