「目が疲れると瞼(まぶた)がピクピクする」「片方のまぶただけが痙攣する」という方はいませんか?

スマホやパソコンに囲まれ眼が非常に疲れやすい現代社会。

「まぶたの痙攣」に悩む人も多いはず!もしかしたら何か重大な病気かもしれないと思ったことはありませんか?

今回は、この「瞼(まぶた)の痙攣」症状から『眼瞼痙攣』という病気をご紹介します。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とは

「まぶたの痙攣」「眩しい」という症状から『眼瞼痙攣』という病気の可能性があります。

『眼瞼痙攣』は、まぶたを自由に開けにくくなったり、瞬きが極端に増えたりする、まぶたの機能障害です。

症状は眼に出ますが、障害があるのはまぶたの動きを制御する脳です。ただ、MRIでもこの脳の神経回路の異常はわかりません。

「眩しい!」はもしかしたら…

この『眼瞼痙攣』は、40歳以上の女性に多い病気で、日本には現在、50万人以上の患者さんがいると推測されています。

初期症状として、「眩しい」「目が乾く」「まぶた周辺の筋肉が引き攣る」など、ドライアイに似た症状がよく言われますが、ドライアイの患者さんと大きく異なることは、患者さん自身の歩行中に人や物にぶつかる、あるいはぶつかりそうになることが多いということが特徴として見えてきます。

両目に症状が現れますが、左右片方だけという場合や、両目だけど程度が違うという場合もよくあります。

症状の進行は早くはありませんが、放っておいて治るものでもありません。

症状が進むに連れて、「まぶたが下がってくる感じ」や「全く目を開けていられない」という状態となり、階段を踏み外す、歩行中にものにぶつかるなど、怪我をしてしまうことにもつながります。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の原因は何?

『眼瞼痙攣』の原因は、まだ解明されていません。「大脳の機能障害」や「角膜炎・眼瞼炎などの病気による刺激」「抗うつ薬などの薬の服用」が原因という報告もありますが、定かではないので、治療は症状を抑える対症療法が一般的です。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の検査の流れとポイント

初期の『眼瞼痙攣』は、患者さんの訴える症状からだけでは、診断が非常に難しいようです。実際に患者さんの中には、ドライアイやうつ病と診断されるケースが多くあります。

眼科では、正しく診断する為に、先ずは問診を行い、『眼瞼痙攣』の疑いがある場合は、眼科的検査と以下のような瞬目負荷試験が行われるので参考にしてみましょう。

軽瞬テスト:眉毛を動かさずに、ゆっくり瞬きを行います。
 →軽く瞬きをさせても、強い瞬きしか出来ない。

早瞬テスト:10秒間、出来るだけ早く軽快に瞬きを行います。
 →早く瞬きさせても、遅くなったり、出来なかったりする。

強瞬テスト:強く目を閉じた状態から、素早く目を開ける動作を10回行います。
 →強く瞬きさせると、目を開ける際にまぶたが痙攣したり、動きが遅くなる。

上記のようなときは眼科に一度相談してみるとよいでしょう。

紛らわしい症状について

『眼瞼痙攣』の初期症状は、他の病気の症状とも非常に類似しているため、診断が難しいと言われています。
 

顔面痙攣

顔面痙攣は、自分の意思に反して顔の半分が痙攣する病気です。通常は目の周りから症状が出るので、眼瞼痙攣と誤診されることがあります。

(顔面痙攣は通常片側性で、他の同側顔面筋にも同期性攣縮が見られることが診断のポイントです。)


眼部ミオキミア

眼疲労や寝不足などによって起こる眼輪筋(眼の周りを囲む筋肉)の痙攣です。通常は数日〜数週間で自然に治ります。

(筋繊維束攣縮(筋肉の一部が不規則にぴくぴくと小さく動く状態)の群発により、皮膚表面からさざ波状の不随意収縮が見られます。)


チック

心身の成長の過程で見られる若年性の疾患です。瞬目や首振り、顔をしかめる、肩をあげる、などの上位身体部位によく現れます。

(チックは一時的に症状を抑制できます。症状の抑制が出来るかどうかが診断のポイントです。)


眼瞼下垂

上瞼が垂れ下がって眼が開きにくくなり、視界が狭くなる症状です。眉を吊り上げて眼を開いたり、常に顎をあげながら物を見るようになります。

(瞼を持ち上げて上方に眼球運動をさせると、瞼が正常に後退するかしないかで判別します。)


開眼失行

無意識な状態だと開眼出来るにも関わらず、意図的な(眼を開けようと意識してしまうと)開眼行為が出来なくなる状態です。筋萎縮性側索硬化症などの症状の一つとして現れます。

(開眼失行の場合、まぶたを開けようとする際に額を持ち上げて開けようとしてしまうところや、指で軽く上まぶたを持ち上げると眼が開きやすくなることが判別のポイントです。)

生活の中で気をつけたい「眼の疲れ」対策

多くの眼のトラブルは、疲労やストレスが原因となっています。スマホやパソコンで眼を酷使していませんか?日常生活のちょっとした気遣いで眼を休めてあげましょう。

スマホ・パソコン・テレビは程々に!

パソコンやテレビ、スマホの画面を長時間見続けると、眼が疲れ、視力の低下をも招きます。1〜2時間おきに休憩をとり、眼を休めてあげましょう。

よく寝ましょう!

寝不足で身体が怠く感じることはありませんか?

眼も同じです。しっかり休ませてあげましょう。

就寝1時間前には、パソコンやテレビ、スマホの画面を見ないように心がけるのも良いかもしれません。

コンタクトレンズの使用法は厳守!

使用期限の決められたコンタクトレンズの期限を超えての使用や、洗浄などを行わずに連続装着することは、眼の疲れが取れないだけでなく、感染症に罹る危険性もあります。疲れている時こそ、外してあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?「まぶたの痙攣」が長く続いているという方は、『眼瞼痙攣』だけでなく、他の様々な病気の可能性もあります。

早めに医師に相談しましょう。

また、現在はテレビだけでなく、パソコンやスマホといった電子機器が日常に溢れる社会です。今夜からでも、これまでよりほんの少しだけ眼を労ってあげてはいかがでしょうか。