質問

Q

視力低下

回答済み

40代後半の女性です。2−3年前から視力が急に低下しました。それまでは両目とも1.5だったのですが、2年前に急に1.0になりました。視力がよかったので、老眼の心配をしていたのですが、遠くが見えにくくなってきました。加齢に寄る視力低下って、あるんでしょうか?不安です。

回答(1件)

0
A プロフィール画像

明里
薬剤師

もともと、とても目が良かったのですね。
多少でもご不安を解消できればと思いますが、人間の目は30代の後半くらいから目の調整力(近くも遠くも含めて、ピントを合わせる力)が衰え始め「老視」と呼ばれる症状が始まり、これは誰でもおこるものです。

30代のうちに老視の症状がではじめ30代のうちに老視対策となるシニアグラスを求める方もいますが、一般的には40歳ごろから多くの方が遠くや近くの見づらさを実感するようになり、45歳前後でメガネが必要となります。

老視の症状は「目のピントをあわせる調整力が弱くなる」というもので、実は遠視だけが症状とはかぎりません。
加齢による目の調整力の低下で、近視の症状などがでてくることもあります。

目の調整力は夕方になるとでやすくなるため、夕方になると、近くや遠くが見えにくかったり目がかすむ・・・といった症状があれば老視かもしれません。

いずれにせよ、眼科で診断を受け、目の「調節力」をチェックしてみるのが安心かと思います。

多少なりともご参考いただければ幸いです。
お大事にしてください。

目に関するQA一覧

目に関するお役立ち情報