花粉症、ドライアイ、目の疲れなど、さまざまなケースで使われる目薬ですが、コンタクトレンズをつけたままでは使えない目薬があるのをごぞんじでしょうか。

目薬を間違った場面で使用すると網膜剥離や、失明へと繋がる危険さえあります。

今回は、コンタクトレンズを装着したまま使える目薬、外さなければならない目薬についてまとめました。

コンタクトレンズ使用中に注意したい目薬の成分

目薬は主に有効成分(主薬剤)と添加物からできています。添加物には、防腐剤、緩衝剤、等張化剤、安定化剤などがあります。

角膜を傷つける原因となることが多いのが添加物です。その中でも防腐剤として使用されている塩化ベンザルコニウムと呼ばれる物質は、角膜障害の原因になることもあります。

塩化ベンザルコニウムは、緑膿菌などのばい菌の繁殖を抑える効果をもっていますが、コンタクトレンズに吸着され、どんどん塩化ベンザルコニウムが溜まり、濃度も高くなっていき、角膜が傷つけられるおそれがあります。これを角膜上皮障害といいます。

コンタクト使用中の目薬について

基本的に、コンタクトレンズを外してから点眼してください。

点眼時はコンタクトレンズをはずし、点眼後は5分以上時間をおいてから再装着しましょう。

ハードコンタクトレンズの場合

酸素をほとんど通さず、涙の交換がスムーズな硬いレンズを使用したものです。

薬を吸着させないという特徴があり、点眼時、外す必要がないといわれています。

ただし、ゲル化する目薬や、目に刺激を与える目薬は、レンズと角膜の間に薬液が溜まる恐れがあるので、コンタクトレンズを外しての使用になります。

最近の主流になっている酸素透過型のハードコンタクトレンズについては、薬の吸着がみられるため、外す必要があります。

ソフトコンタクトレンズの場合

柔らかいレンズで、酸素透過性に富み、ハードより目に優しく、角膜障害が少ないと言われています。

ソフトコンタクトレンズは薬を吸着しやすく、点眼時は外す必要があります。
ただし、防腐剤が入っていない目薬に関しては使用が可能です。

防腐剤が入っていても吸着防止剤が入っている目薬は使用可能

防腐剤が入っていても吸着防止剤が入っていれば、コンタクトレンズへの防腐剤の沈着が防げるため、装着したまま点眼できるものがあります。

市販の目薬でも吸着防止剤が入っているものがありますが、購入の際は念のため薬剤師にコンタクトレンズを装着したまま利用ができるか確認をしましょう。

コンタクト装着時でも使用できるおすすめ目薬

おわりに

最近ではコンタクトレンズをしたまま点眼できる市販の目薬も増えています。コンタクトレンズをしている方は、目薬購入時に薬剤師に相談してみましょう。