目のかゆみ

かゆみとは、組織が炎症を起こした結果、あらわれる症状の1つです。

身体には、体内に入ってくる細菌やウイルスなどを排除する働きがあり、これを免疫といい、免疫反応が起こると組織に炎症が起きます。

あなたの希望を以下の2つの中から選びましょう
 
詳しく知る
 
治す・予防する

目のかゆみについて詳しく知る

本章では目のかゆみの症状や原因について詳しく説明していきます。

目のかゆみの症状

目のかゆみを起こす原因には、花粉などによるアレルギー、菌の感染、ドライアイなどがあります。

原因を知って適切に予防や対策を行い、目の健康を守りましょう。

目のかゆみをともなう主な疾患

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、結膜にアレルギーの原因となる異物が入ることで、かゆみや充血が起きる疾患です。

主な原因としては、通年性のハウスダスト、季節性のスギなどの花粉があります。

その他にもコンタクトレンズの汚れが刺激になって起きることもあります。

細菌性結膜炎

結膜炎は主に、充血、目やに、かゆみなどの症状があらわれます。

黄色ブドウ球菌などに感染すると起きる細菌性結膜炎は、かゆみや黄色い目やにが特徴です。

抵抗力が弱い高齢者や子どもなどでは慢性化することがあるため注意が必要です。

ウイルス性結膜炎(はやり目)

アデノウイルスなどに感染して起きるのがウイルス性結膜炎です。

目のかゆみの他に、目やにがべっとりつき、充血したりすることがあります。

また、その他にのどの痛みや発熱、だるさなどの全身症状をともなうこともあります。

ドライアイ

目を酷使したり、乾燥した室内にいると、角膜が乾燥します。

その結果、角膜に供給される栄養素などが不足し、目のかゆみや充血といった症状を起こします。

目のかゆみの原因

目のかゆみは主に結膜炎により引き起こされる症状の1つです。

結膜炎とは、外部からの刺激によって結膜が炎症を起こした状態のことで、原因はアレルギー性のものと非アレルギー性のものがあります。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、外部からのアレルゲンによって炎症が起こる症状です。

目のかゆみのほかに、くしゃみや鼻水などを伴うことが多いです。


代表的なアレルゲン

・花粉

・ハウスダスト

・ペットの毛など

花粉など季節性のものと、ハウスダストなどによって1年中症状が続くものがあります。

アレルギーは、免疫が過剰に働いてしまうことで起こる症状です。

通常ならば害のないはずの花粉やハウスダストに体が反応してしまい、これらの物質を排除しようと抗体を作ってしまい、抗体が血液や粘膜内にある肥満細胞にくっつくと、かゆみを起こすします。

また、開いている目は、飛んできたアレルゲンが入り込みやすく、アレルギー反応を引き起こす免疫細胞がたくさんあるので、アレルギー症状が出やすい場所となっております。

感染性結膜炎

感染性結膜炎は細菌やウイルス感染が原因で、細菌性結膜炎やウイルス性結膜炎などの目のかゆみを引き起こします。

目の乾燥

涙の分泌が減ったりして目が乾燥すると、かゆみが出ることがあります。

その他にもエアコンによる部屋の乾燥、パソコン作業などによるまばたきの回数の減少が原因になることもあります。

コンタクトレンズの不適切な使用

コンタクトレンズの洗浄が不十分だったり、装用時間を守らないなどの使い方をするとかゆみが出ることがあります。

また、人によりコンタクトレンズ自体でアレルギーを起こし、かゆみの症状が起こることもあります。

目のかゆみを治す・予防する

本章では目のかゆみの治療法や予防法について詳しく説明していきます。

目のかゆみを薬で治す

目がかゆいときは、かゆみに効く成分の入った目薬を点眼しましょう。

目のかゆみの原因となるヒスタミンの働きを抑えるクロルフェニラミンマレイン酸塩の入った目薬、ヒスタミンの放出を抑えるクロモグリク酸ナトリウムの入った目薬がおすすめです。

なお、我慢できずに手でこすってしまうと目の表面を傷つけることがあるので、注意しましょう。

また、下記記事で市販されている目薬について詳しく記載していますのでごらんください。

ミナカラの参考記事紹介

目のかゆみを薬以外の方法で治す

目を冷やす

目のかゆみが強いときや炎症を起こしているときは、冷たいタオルなどでまぶたの上に置くと楽になります。

ただ、冷やしすぎると血行が悪くなることがありますので、冷やしてかゆみが解消したあとは温めて、血行を良くしましょう。

目のかゆみを予防する

身の回りを清潔に保つ

ハウスダストの対策は、部屋の掃除をこまめに行い通気を良くすることが重要です。

ダニの繁殖を防ぐために、寝具はまめに干し、カーペットは時々丸洗いをしましょう。

花粉対策をしっかりとする

・外出時はできるだけ花粉を避ける

晴れて風が強い日は花粉が多く飛びやすいです。

とくに飛散の多い昼前から午後3時の時間帯は用がない限り外出を控えましょう。

また、外出時はマスクやゴーグルを着用し、花粉の付きにくい素材の服を着るようにしましょう。

・室内に花粉を持ち込まない

家に戻ったときは、玄関先で服についた花粉を払いましょう。

また、すぐに手や顔、目、鼻を洗い、うがいをすることも重要です。

洗濯物については、花粉の季節は乾燥機を利用するか部屋干しを心がけましょう。

・室内の花粉を減らす

晴れて風が強い日は、窓をできるだけ閉めておきましょう。

また、室内の花粉を取り除くには掃除が重要で、床や畳は拭き掃除をしてから掃除機をかけましょう。

ソファやカーテンにも掃除機をかけ、家具は濡れた雑巾などで拭きましょう。

細菌やウイルスから目を守る

目はとても敏感で傷つきやすいです。

ものもらいなど、ウイルスや細菌の感染を防ぐためにも、目を触るときは手を清潔にしましょう。

また、対策として次のことが効果的とされています。

①手で目をこすらない

②帰宅したら手を洗う

③結膜炎にかかっている人とタオルなどは別にする

④プールから出たらよく洗顔する

目の乾燥を防ぐ

パソコンやスマートフォンなどをずっと見ていると、まばたきの回数が減ってしまします。

まばたきは涙の蒸発を防ぎますので、目を潤すために意識してまばたきをしましょう。

また、エアコンの風が直接目に当たらないようにして、室内が乾燥する場合は加湿器などを使用しましょう。

ピックアップ特集