目が乾く、かすむ、疲れる、痛い……

ドライアイはその名の通り目の乾燥が原因となる目のトラブルです。ドライアイは目の不快感だけでなく、仕事に集中できないなど日常生活にも支障をきたします。

なぜ目は乾いてしまうのでしょうか?

この記事ではドライアイの原因を徹底解説します。身の周りに潜むリスクを知って、大切な目をドライアイから守りましょう。

ドライアイの原因は涙のバランスの乱れ

ドライアイでは、目の表面を覆っている涙が十分でないために、目が乾き傷ついてしまう状態です。涙の量や質になんらかのトラブルが起こると、涙が蒸発しやすくなりドライアイが起こります。

涙の質のトラブル

涙腺から分泌される涙は、外側から油層・水層・ムチン層という3層の成分で成り立っています。それぞれの層には大切な役割があり、3層の成分は一定のバランスが保たれています。

何らかの原因でこの成分のバランスが崩れると涙が蒸発しやすくなり、目の表面に傷がついたり炎症を起こすなど、ドライアイのつらい症状を引き起こします。

【油層】

涙の一番外側にある油の層で、上下まぶたの縁にあるマイボーム腺から分泌されます。目の表面を油膜で薄く覆うことで涙の蒸発を防いでいます。

【水層】

涙の大半を占める層で、角膜への栄養成分や感染を防ぐ成分、細胞のダメージを修復する成分などを含んでいます。

【ムチン層】

ムチン層が眼球に直接触れる部分で、粘膜細胞から分泌される粘り気のある層です。涙の安定性に重要な役割を持っていて、目の表面で涙が安定して広がるのを保つ働きと、目の表面を保護したり傷の治りを促進する働きがあります。

涙の量のトラブル

私たちの目の表面は常に涙によって覆われています。涙は眼球の外側にある涙腺という場所で作られ、まばたきによって目の表面に行き渡ります。

1日の涙の分泌量は0.7g前後で、一年分の涙を全部集めても250gちょっとしかありません。10代を境に涙の分泌量はさらに減っていきます。

また涙の分泌は自律神経によってコントロールされていて、副交感神経が優位なリラックス状態のときに出やすくなります。緊張状態が続いていると涙が出にくくなり、疲れも蓄積します。

ドライアイになりやすい原因

涙の成分バランスを崩したり、分泌量を減らしてしまう原因は、私たちの身のまわりにたくさん潜んでいます。当てはまるものが多いほどドライアイになりやすいといえるでしょう。

ドライアイになりやすい身体的原因

年齢や性別など、ドライアイの内的な原因は次の通りです。

【年齢】

年を重ねると涙の分泌量が減っていきます。また涙の成分バランスも崩れやすく、質が低下し、ドライアイを引き起こしやすくなります。

【性別】

女性の方が、男性よりもドライアイになりやすいといわれています。女性ホルモンのエストロゲンには細胞を活性化して潤いを保つ働きがあるので、ストレスや妊娠、更年期などで女性ホルモンのバランスが崩れると目が乾きやすくなります。

【マイボーム腺機能障害】

涙の油成分を分泌するマイボーム腺が詰まると、涙が蒸発しやすくなり、目が乾きます。加齢や炎症のほか、女性はアイメイクでも注意が必要です。

【結膜弛緩症】

加齢によって結膜(白目)部分が弛むと、目の表面に涙を保ちにくくなります。また、弛んだ結膜がまぶたでこすれると傷がつき、痛みや炎症が起こりやすくなります。

【全身の病気に伴うもの】

シェーグレン症候群という涙腺や唾液腺に対する自己免疫疾患では、強いドライアイがみられます。

ドライアイの外的原因

環境や生活習慣、薬の影響でもドライアイが起こります。なかでも「コンタクトレンズ、エアコン、パソコン」の3つの「コン」には要注意です。

【コンタクトレンズ】

コンタクトレンズは、目の表面の涙の広がりに影響を与えます。ソフトコンタクトレンズの場合はレンズそのものに涙を吸収する性質があり、さらにレンズの表面から蒸発するので目が乾きやすくなります。

【空気の乾燥】

空気が乾燥する冬はドライアイが悪化しやすくなります。またエアコンの吹き出し口からの風でも症状が悪化します。車の運転席や助手席は要注意です。

【モニターの見つめ過ぎ】

最近子どもにもドライアイが増えている原因のひとつが、モニターの見つめ過ぎです。パソコンやスマートフォン、テレビなどの画面に夢中になっているとまばたきの回数が減り、涙が蒸発しやすくなります。精神を集中して画面を見つめていると交感神経が優位になることも、ドライアイにつながります。

【喫煙】

タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があります。血行不良になると目の疲れが蓄積するだけでなく涙の分泌量も減るので、ドライアイの引き金になります。

口から吐きだされたタバコの副流煙にも有害物質が含まれています。涙の量が減ると目についた煙を洗い流しにくくなり、目に悪影響を与えます。

【点眼薬】

目薬の中には、涙の安定性を低下させたり、角膜に障害を与えやすくなる成分が含まれていることがあります。ドライアイでは防腐剤が含まれていない、涙に近い成分の目薬がおすすめです。

【内服薬】

血圧を下げる薬や向精神薬など抗コリン作用がある薬は自律神経の働きに影響を与えるので、涙の分泌量が減少することがあります。一部の抗がん剤にも涙の分泌量が減少するものがあります。

ドライアイは市販の目薬で早めのケアを

目の乾きが気になってきたら、早めにケアをして悪化を防ぎましょう。

目の潤いを補って表面が傷つかないよう保護するには、目にやさしい目薬の使用がおすすめです。市販の目薬の中から症状に合ったものを選んで使ってください。

おわりに

ドライアイは失明など重篤な結果をもたらすことが少ない病気ですが、目の不快感や痛みが続いてつらいなど、日常生活の質を低下させてしまいます。

生活習慣や環境の中のリスクをひとつでも減らし、乾きから大切な目を守ってください。自覚症状が強い方は、早めに眼科を受診しましょう。