目の充血

目の充血とは、白目の部分にある細い血管が何らかの理由によって膨らみ、浮き出る事によって白目の部分が赤く見えることです。

充血には結膜充血と毛様充血の二種類があります。

また似た症状のひとつに結膜下出血があります。

あなたの希望を以下の2つの中から選びましょう
 
目の充血について知る
 
治す・予防する

目の充血について知る

本章では目の充血の症状や原因について詳しく説明していきます。

目の充血の症状

結膜充血

充血の多くがこの結膜充血です。

目をこすりすぎたり、ゴミが入ったり外部的な要因や、目の疲れによる充血などは結膜充血のおそれがあります。

症状としては、白目全体が網目状に赤色になり、まぶたの裏側も充血していることがあります。

また、結膜充血では目やにや涙が出ることもあり、その場合は、細菌やウイルスが原因で結膜炎を起こしているおそれがあります。

毛様充血(もうようじゅうけつ)

毛様充血は、黒目の周りの充血がひどいことが特徴です。

黒目の周りが赤くなり、黒目から離れると充血は薄らいでいき、まぶたの裏側が充血する事はほとんどなく、涙が出ることはありますが、目やにはほとんど出ないことが症状としてあげられます。

結膜充血と違い起こりづらい充血で、重い病気のおそれがあるため、なるべく早めに眼科を受診しましょう。

結膜下出血(けつまくかしゅっけつ)

上記の充血と同じように目が赤くなるものに、結膜下出血があり、これは白目の中に赤い点があるように見えることが特徴です。

ひどいものだと白眼の部分が塗りつぶしたように赤一色になります。

結膜下出血は結膜の下にある血管が破れて内出血を起こし、症状が出ます。

痛みや痒みを感じる事はあまりなく、元に戻るまでに時間は多少かかりますが、ほとんどが自然に元に戻ります。

目の充血の原因

目の疲れ

眼精疲労は眼を使い続ける事により起こります。

眼精疲労の症状のひとつに充血があります。

眼を疲れさせないため、パソコンやスマホを使うときは1時間に1回程度の休憩をとり、目の負担を軽くしましょう。

また寝不足が続いていると眼精疲労になりやすく、目が充血してしまうことがあるため、睡眠はしっかりととりましょう。

目の炎症

外部からの刺激

目の血管の膨張による充血は、下記の場合に起こることがあります。

・目にゴミが入ったとき

・コンタクトレンズの調子がよくないとき

・長時間紫外線を浴びたとき

・目を強くこすったとき

・プールで泳いだとき(消毒用塩素によるもの)

病気
流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくけつまくえん)

流行性角結膜炎は、流行り目とも呼ばれる病気で、アデノウイルスというウイルス感染が原因で起こる結膜炎です。

流行性角結膜炎は空気感染はしませんが、流行性角結膜炎の人が目を触った手で手すりなどを触れ、それに触れて目をこすった場合は感染することがあるため注意しましょう。

また、流行性角結膜炎の症状としては次のようなものがあります。

・目の充血(結膜充血)

・目やにが多く出る

・まぶたが腫れる

・涙が出る

・目がゴロゴロする


流行性角結膜炎は有効な治療法はなく、免疫力に頼って治療することになります。

その他、抗菌作用のある点眼薬を使用して他の感染症を予防したり、炎症を抑える点眼薬を使用することもあります。

流行性角結膜炎は学校保健安全法によって出席禁止の疾患に指定されているため、医師の許可が出るまでは登校してはいけません。

また、大人の場合も基本的に出勤は禁止されているため、医師から診断書などをもらい休みをとりましょう。

なお、アデノウイルスについて詳しくは下記記事にて説明していますので、ごらんください。

ミナカラの参考記事紹介
急性出血性結膜炎

急性出血性結膜炎はウイルスによる感染症で、いきなり白目が真っ赤になることが特徴です。

充血の他に目やにやかゆみ、目の痛み、耳の前のリンパの腫れなどの症状が出ることがあり、全身症状としては頭痛、発熱などが出ることがあります。

発病してから1週間程度で治癒する事が多い病気ですが、効果的な治療法がなく2次感染の予防として抗菌作用のある点眼薬を使用することがあります。

角膜ヘルペス

角膜ヘルペスとはウイルス感染によって起こる病気で、そのヘルペスが角膜に出来てしまうことが特徴です。

角膜深層に円錐状の混濁が見られるのが特徴で、目が充血したり目に異物感を感じることがあります。

自覚症状はあまりないですが、症状が進行すると最悪の場合は失明してしまうおそれもありますので早めに医療機関を受診しましょう。

目の充血を治す・対処する

本章では目の充血の治療法や対処法について詳しく説明していきます。

目の充血を薬で治す

目の充血を治す方法の1つとして、目薬を差すという方法があります。

目薬には炎症を抑える効果のある成分が入っているものが多いため、目の炎症によって起こった充血は改善することが出来ます。

また、アレルギーが原因の場合や細菌の感染によりめやにが出ている場合には、飲み薬や抗菌成分の入った目薬を使用することもあります。

なお、市販の目薬について下記記事で説明していますので、ごらんください。

ミナカラの参考記事紹介

・細菌が原因の場合

細菌が原因の場合は細菌を殺す抗菌成分の入った点眼薬を使用します。

通常は2〜3日で症状が改善しますが、ひどくなる場合にはウイルスなど他の原因が考えられます。

・ウイルスが原因の場合

ウイルスが原因の場合、ウイルスに効果的な薬はありませんが、炎症を抑える目的でステロイドが入った点眼薬が使用されることがあります。

また細菌による2次感染を予防するため、抗菌成分の入った点眼薬も使用することがあります。

ウイルスが原因の場合

ウイルスが原因の場合、ウイルスに効果的な薬はありませんが、炎症を抑える目的でステロイドが入った点眼薬が使用されることがあります。

また細菌による2次感染を予防するため、抗菌成分の入った点眼薬も使用することがあります。

薬以外の方法で治す・対処する

目を休め目の緊張を和らげる

日常生活でスマートフォンやパソコンを長時間使う人は、目を休めるだけでも充血が改善することがあります。

1時間使用したら5分程度目を休めるなどの対策をすると、充血の予防になります。

また、これらの機器を使用する際はまばたきが減ってしまいがちなので、意識してまばたきをするのも充血の予防になります。

近くの物をずっと見ていると、目の毛様体筋という目のピント調節に関わる筋肉が常に緊張した状態になってしまい、悪化すると充血してしまうことがあります。

そのため、定期的に遠くをみたりして目の緊張を和らげることが重要です。

近くの物を見続けるような仕事をしている場合には、意識して試してみましょう。

目を冷やす

目の充血は、毛細血管が膨張する事で起きるので、膨張した血管をもとに戻すことが出来れば目の充血を改善することが出来ます。

そのためには、濡れタオルや氷水などを使って目を冷やせば、充血を抑えられます。

ただし血流が悪くなるおそれもあるため、過度に冷やすことには注意しましょう。

目の乾燥を防ぐ

目の充血が起こる原因の1つに目の乾燥があります。

部屋が乾燥していると目も乾燥しやすくなるので、部屋を加湿することで充血の改善が期待できます。

特に冬場やドライアイの人などは、目の乾燥に注意しましょう。

また、目薬やまばたきも目を潤す効果がありますので、定期的に乾燥した目を潤すようにしましょう。

コンタクトレンズを正しく使用する

コンタクトレンズを使用していると、目が乾燥しやすくなるので充血しやすくなります。

特に、下記のような誤った使用方法は目の病気になるおそれがありますので注意してください。

・決められた時間を超えての使用

・コンタクト洗浄液の不使用や不十分な洗浄

・コンタクト用ではない目薬の使用

医療機関を受診すべき症状

通常の目の充血は一時的な場合が多く、時間がたつことで自然に治癒するものが多くなっています。

なかなか充血がひかない場合には、たかが充血と思うかもしれませんが、最悪の場合では失明を引き起こす眼病にかかっているおそれもあります。

そのため、2~3日たっても充血がおさまらない場合には、眼科を受診しましょう。

また、目に衝撃を受けた、痛みやかゆみなど赤くなる以外の症状があったり、他に気になることがあるときにも眼科を受診しましょう。

ピックアップ特集