コンタクトレンズの使用中に気づいた「ものもらい」。

1日くらいなら、コンタクトはつけたままでも大丈夫かな?
痛くないから、コンタクトレンズはまだつけられるかな?

この記事ではものもらいのときのコンタクトレンズの使用について詳しく解説します。うっかり見落としがちなレンズケアのポイントも確認しましょう!

ものもらいのときコンタクトレンズは使える?

「コンタクトレンズを使う」ということは、「目に異物を入れる」という行為です。

まぶたに炎症が起こり痛みもあるときはもちろんのこと、かゆみ程度のときでも、目やまぶたに何らかの違和感がある場合はコンタクトレンズの使用は避けてください。

うっかりこすったことで目の表面に傷がついたり、炎症している部分に刺激が加わると、ものもらいの悪化につながります。膿が溜まったり、痛みがひどい場合、しこりが残ってしまった場合には手術をしなければならないこともあります。

炎症を起こした目を休めるという意味でも、ソフト・ハードにかかわらず、ものもらいができたらコンタクトレンズは使わないことが望ましいです。

ものもらいができた後のコンタクトレンズのケアについて

ものもらいができたときは目の表面に雑菌がついているので、いつも以上にコンタクトレンズのケアを丁寧に行ってください。

ハードコンタクトレンズの場合

・保存液は毎日新しく交換し、その都度、レンズケースを洗浄・乾燥する
・保存には必ず専用の保存液を使用し、水道水は使用しない
・長期間使用しない場合でも、1週間に1度はレンズとケースを洗い保存液も交換する
・レンズケースは6か月~1年に1度は新しいものと交換する

ソフトコンタクトレンズの場合

・保存液は毎日新しく交換し、その都度、レンズケースを洗浄・乾燥する
・保存には必ず専用の保存液を使用し、水道水は使用しない
・使い捨てタイプのレンズは、使用期限と使い方を必ず守る
・レンズケースは1.5か月~3か月に1度は必ず新しいものと交換する

ものもらいの原因がコンタクトレンズかも?

ものもらいは、まぶたにある汗や脂の分泌腺や、毛穴に細菌が入っておこる急性の化膿性炎症で、おもに黄色ブドウ球菌によって発症します。

黄色ブドウ球菌はのどや鼻の中、皮膚、ホコリの中など身近なところに存在している菌で、食中毒を引き起こしたり、おできやにきびなど化膿性疾患の代表的な原因菌でもあります。

通常、目の表面に黄色ブドウ球菌がくっついても涙で洗い流されますが、コンタクトレンズを装着しているとレンズの表面で菌が繁殖しやすくなります。特にソフトコンタクトレンズは、スポンジのようにレンズ自体に水分を多く含んでいるので菌が繁殖しやすいといわれています。

またコンタクトレンズを丁寧に洗っていても、保存用のケースの中で菌が繁殖していることも多く、知らないうちに汚れたレンズを使用していることがあります。

1day使い捨てタイプのコンタクトレンズは毎日新しいものを開けるので清潔ですが、レンズに触れた手が汚れていたら目に菌が入ります。

コンタクトレンズの使用がものもらいの原因になっていることがあることを覚えておきましょう。

おわりに

コンタクトレンズは直接角膜やまぶたに触れるものなので、少しでも目に違和感があるときは使わないことが原則です。定期的に健診を受けて角膜や結膜の状態を確認することも、目の健康を保つ上でとても重要なことです。

コンタクトレンズは清潔な手で扱い、洗浄・保存などの取り扱いにも注意することが、ものもらいなど目のトラブル予防にもなります。