最近目がかゆい、目やにが多い、白目の充血が気になる方は、もしかしたら結膜炎かもしれません。

結膜炎は、白目とまぶたの裏側を覆っている半透明の膜(結膜)がなんらかの原因で炎症を起こし、充血やかゆみ、目やになどを起こす病気です。

結膜は外の世界と直接関わっており、涙液により常に潤いがあることで細菌やウイルスの病原体にさらされやすく、感染による炎症が起きやすい部分なのです。

結膜炎の中でも種類がさまざまあり、結膜炎が人にうつる場合もあります。

この記事では、人にうつる結膜炎とはどういうものなのか、結膜炎の感染経路や予防・対策について解説します。

人にうつる結膜炎の種類

結膜炎を発症する原因はさまざまありますが、細菌やウイルスが原因となる結膜炎は人にうつる可能性があります。

細菌が原因による結膜炎

細菌の感染が原因による結膜炎は、感染力は弱いですがまれに人に感染することがあります。黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌、淋病など身近に存在している細菌の感染により起こります。

目に炎症がある場合や、病気などで体の抵抗力が落ちているとき、小さい子どもの場合は感染する可能性が高くなります。

ウイルスが原因による結膜炎

結膜炎の発症の原因がウイルスによる場合は人に感染するリスクが高くなります。

アデノウィルスの感染が原因により起こる流行性角結膜炎(はやり目)や、咽頭結膜熱(プール熱)、エンテロウイルスやコクサッキーウイルス感染による急性出血性結膜炎などは感染力が強いです。

単純ヘルペスウイルスの感染が原因によるヘルペス性結膜炎は、幼少期に親などから感染することが多く、潜伏していたウイルスが大人になってから発症することがあります。

人にうつらない結膜炎の種類

花粉やハウスダストなどが原因によって起こる「アレルギー性結膜炎」は、原因となる異物が目に入ることで自分の免疫機能が拒否反応を起こすことが原因です。

人に感染することはありません。

結膜炎の感染経路

細菌の感染は身近に多くの原因があります。黄色ブドウ球菌は健康な人でも体にもっている細菌であり、手や鼻、喉、傷口などに存在し、人の手を介して感染することが多いです。また、インフルエンザ菌は、咳やくしゃみなどのしぶきによって飛沫感染します。

ウイルスの感染は、結膜炎の症状がある方が目を触った手でタオルなどに触れ、別の方が同じタオルに触れて目や口に触れることで感染する可能性が高いです。また、プール熱と呼ばれる夏にプールに遊びに行く子どもの間に感染が広まりやすいことが原因による結膜炎があります。

結膜炎の感染予防

結膜炎の原因ともなるウイルスは感染力が強いため、まわりに感染させないためにもなるべく人混みは避けマスクを徹底するなどして注意が必要です。

同じ環境下で過ごす方がいれば、タオルなどの共有は控えましょう。手洗いは石鹸でこまめに行い、お風呂は炎症を起こしている方が最後に済ませましょう。手で目をこすることはせずに、目を拭くときは使い捨てのテッシュなどを使いましょう。

プールに行くことがあるならゴーグルを使用し、プールから上がったら防腐剤の入っていないタイプの目薬で目を洗うことを心がけましょう。

細菌やウイルスは過熱によって死滅したり、低温保存することで菌の増殖をおさえることができるものがあります。口に入れる食品であれば調理器具などの洗浄や除菌に気を配り、衛生状態に注意しながら加熱処理をおこなう、冷蔵庫にすぐ入れるなどして菌から体を守りましょう。

結膜炎は出席停止が必要?

流行性角結膜炎、咽頭結膜熱、急性出血性結膜炎は学校保健法に指定されている感染症であり、発症したら決められた期間の出席停止の規定があります。

社会人の方でも集団感染の恐れがあるので、可能であればなるべく自宅療養に専念しましょう。

おわりに

目に不快な症状があるけど自分が結膜炎かどうかわからない方はまず医療機関を受診して診断してもらいましょう。

結膜炎の種類によっても治療法が違います。細菌感染による結膜炎は、抗生物質の点眼薬を使用することで数日で治ることが多いです。

人にうつる結膜炎に感染している場合、周りに感染させないためにも正しい対処を行いましょう。