結膜炎とは、眼球を覆う結膜という薄い膜が炎症を起こす病気です。目が赤くなったりかゆみが出るなどの不快症状がほとんどですが、種類によってはのどの痛みや発熱が出る場合もあります。

結膜の原因は主にウイルス性・細菌性・アレルギー性の3つがあります。結膜炎のなかには症状が悪化すると、視力障害を引き起こす種類のものもあります。

結膜炎の種類ごとに原因と症状を解説します。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、花粉やハウスダストなどが原因となり、目にアレルギーの症状があらわれます。通年性と季節性に分類することができ、通年性で多いのがダニやカビ、ハウスダストなど、季節性で多いのが花粉です。

また、近年ではコンタクトレンズの汚れが原因でアレルギー反応を起こす巨大乳頭結膜炎が増えています。

アレルギー性結膜炎は人に感染することはありません。

アレルギー性結膜炎の症状

目のかゆみや充血、めやに、違和感などの症状が主なものですが、鼻アレルギーを併発することがあります。

アレルギー性結膜炎の治療方法

アレルギー性結膜炎の治療では抗アレルギー点眼薬を使用します。かゆみの原因となるヒスタミンの働きを阻止するヒスタミンH1拮抗(きっこう)点眼薬と、ヒスタミンの放出を抑えるメディエーター遊離抑制(ゆうりよくせい)点眼薬のどちらかを使用します。

症状が強い場合はステロイド点眼薬が使用されるますが、長期使用をすると眼圧が上昇して緑内障や白内障を誘発する可能性があります。必ず医師の指示に従って使用する必要があります。

市販薬の活用

抗アレルギー点眼薬は市販薬でも販売されています。さまざまな商品が販売されているため、自分の症状に適した目薬を選択することが大切です。

ウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎は、アデノウイルスやエンテロウイルスなどに結膜が感染して炎症を起こす病気です。ウイルスは暖かい環境になると活発化するため、夏場に非常に多くみられます。

ウイルス性結膜炎は感染力が強いため、集団感染の原因になる可能性があります。学校伝染病にも指定されている病気で、基本的に観戦後は医師から許可がでるまでは出席停止となります。

ウイルス性結膜炎の症状

目のかゆみや違和感、めやになど、結膜炎の代表的な症状がでます。また、耳の前のリンパ節が腫れることもウイルス性結膜炎の特徴的な症状です。

ウイルス性結膜炎の代表的な病気

《流行性角結膜炎(はやり目)》

アデノウイルス8型や19型といったウイルスが原因で発症します。感染力が非常に強いため、はやり目と呼ばれている結膜炎です。他のウイルス性結膜炎よりも症状が強く出ますが、潜伏期間は約1週間で発病から10日ほどで治ることが多いです。

また、症状を放置していると角膜炎を併発することがあります。角膜炎になると瘢痕という跡が残ってしまう可能性があるため、必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

《咽頭結膜熱(プール熱)》

アデノウイルス3型や7型といったウイルスが原因で発症します。夏場のプールで感染することが多いため、プール熱とも呼ばれています。咽頭結膜熱は目の症状以外にものどの痛みや発熱を伴い、風邪のような症状が出るのが特徴です。潜伏期間は5〜7日で、発病から10日ほどで治ることが多いです。

《急性出血性結膜炎》

エンテロウイルス70型やコクサッキーウイルスA24型といったウイルスが原因で発症します。結膜下出血を起こし、白目が真っ赤になるのが特徴です。潜伏期間が1日と短く、発病から1週間程で治ることが多いです。

ウイルス性結膜炎の治療方法

ウイルスに有効な点眼液や治療方法が確立されていないため、症状を和らげる対症療法しかないのが現状です。炎症を抑える点眼液や、二次感染を防ぐ抗生物質を投与しながら、体内にウイルスの抗体が作られるのを待ちます。大体10日で症状が良くなります。

細菌性結膜炎

細菌性結膜炎の原因菌はさまざまありますが、黄色ぶどう球菌やインフルエンザ菌、肺炎球菌など、身の回りに存在する細菌に感染することにより発症します。

ウイルス性に比べて感染力が弱いため、あまり感染の危険性はありませんが、新生児や乳幼児、高齢者などの抵抗力が弱い方や、目に怪我をしている方は感染の可能性があるため注意が必要です。

細菌性結膜炎の症状

目のかゆみや充血の他に、黄色く粘っこい目やにが多く出るのが特徴です。淋菌が原因となる結膜炎の場合は、症状が進むと視力が低下する場合があるため、早急に医師の診断を受ける必要があります。

細菌性結膜炎の治療方法

細菌性結膜炎は、原因菌に有効な抗生物質の点眼液や軟膏を使用します。正しい治療を行えば1週間ほどで完治することがほとんどです。

一般的にはさまざまな菌に有効な抗生物質を使用しますが、原因菌を特定するための検査を行う場合もあります。

おわりに

アレルギー性結膜炎の場合は心配ありませんが、ウイルス性、細菌性の場合は他人に感染させてしまう危険性があります。人にうつる結膜炎に感染している場合、感染を広げない対策を行いましょう。

・手洗いをしっかりする
・目はなるべく触らない
・他人とタオルを共有しない
・お風呂は最後に入る
・人混みを避ける