生理・月経の周期が短い頻発月経(ひんぱつげっけい)の症状と原因をチェックしよう

生理周期が一定していない生理不順は多くの女性が抱える悩み。その中でも生理周期が通常よりも短い「頻発月経」について悩んでいる人も多いのです。頻発月経の症状と原因を詳しく解説します!

自分が予想していた日よりも早く生理がきてしまって困ったという経験はありませんか?

 

予想より遅れてくることも不安になりますが、早く始まりすぎてしまうのも何でだろうと気になってしまいますよね。

 

生理周期が通常よりも短い「頻発月経」について悩んでいる人も多いのです。

 

なぜ頻発月経は起こるのでしょうか。頻発月経の症状と原因についてみていきましょう。

 

image by

 

photo AC

頻発月経の症状とは?

月経周期とは月経開始日から起算して次の月経が始まる前日までの日数のことです。

 

通常の月経周期は25日~38日が正常な周期ですが、この周期が24日以内の短い周期の月経を頻発月経といいます。

 

頻発月経の中でも、排卵を伴う排卵性頻発月経と、排卵を伴わない無排卵性頻発月経があります。

 

生理周期は体調や心理的なストレスなどから周期が乱れることも多いので、いつもは正常の範囲内の生理周期だけど、今回だけ短くて次は正常な生理周期に戻ったというのであれば一時的なものですのであまり心配はいらないでしょう。

頻発月経の原因は?

頻発月経が起こる原因は大きくわけて2つあり、卵巣の機能低下が原因と、ストレスなどによる女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の乱れが原因になります。

 

卵巣の働きが低下すると本来あるべきはずの排卵が起こらないため、その影響により生理周期が短くなります。

 

ストレスや食生活の偏り、睡眠不足などによるホルモン分泌の乱れは、卵胞期という生理周期の前半の卵巣内の卵胞が成長する期間を短くしてしまうため生理周期が短くなります。

 

このような卵胞期の短さが原因で起こる頻発月経を「卵胞期短縮型頻発月経」といいます。

 

また、排卵性頻発月経の中でも「黄体機能不全型頻発月経」という生理周期後半の黄体期が短くなることによって起こる頻発月経があります。

 

黄体機能不全の場合は、黄体ホルモンの分泌が不十分なことによるもので、排卵後に卵巣において形成される黄体の機能が悪いと、早く萎縮してしまうことにより生理周期が短くなります。

 

「無排卵性頻発月経」とは生理があっても排卵が起こっていない状態による頻発月経です。

 

無排卵になる原因は様々ありますが、ストレスや急激な体重減少、使っている薬剤やホルモン分泌の異常によることなどが原因となって起こります。

 

また、思春期や更年期などにも無排卵や頻発月経を起こしやすくなります。

 

思春期の女性は卵巣や子宮の機能が十分に成熟しておらず、更年期も性機能が不安定な時期で、生理周期に乱れを起こしがちになり頻発月経を起こすことがありますがあまり心配はいりません。

 

image by

 

photo AC

検査方法はあるの?治療法は?

頻発月経の症状かどうかを疑う際、前後の月の月経周期は正常で1回だけ異常があったなどという場合は、一過性のことなので心配する必要はないでしょう。

 

また、正常周期の月経と月経の間に排卵に伴った出血がみられることがあり、頻発月経のよう思うかもしれませんが、見せかけの頻発月経の場合が多いです。

 

では、どう見分けるのがよいのかというと、毎日の基礎体温を測って基礎体温表を作ることがよいです。

 

基礎体温をグラフにすることで、排卵がある時期やホルモンバランスの状態なども読み取ることができます。

 

通常月経から生理周期前半の体温は低温期ですが、後半は高温期になります。

 

低温期から高温期に移行する時期が排卵期です。

 

この低温期と高温期が分かれていなかったり、極端に期間が短かったり、形がガタガタしている場合はホルモンバランスが乱れていたり、無排卵の可能性があります。

 

症状が気になって病院を受診する際も、生理周期や体調、基礎体温表を1~2周期分作ったものを持参すると症状の判断がわかりやすくなります。

 

頻発月経の治療は、ホルモン剤による治療で生理周期を正常に戻していきます。

 

低用量ピルによる治療方法もありますが、妊娠を望んでいる人は治療中は妊娠ができなくなりますので避けましょう。

 

また、基礎体温表からみて排卵が認められると判断できる場合は、経過観察するだけの可能性もあります。

 

image by

 

photo AC

ピルなどの治療法もあります

ホルモンバランスや、その変化の周期が原因となりやすい頻発月経は、ホルモンバランスや周期を正常に取り戻すピルやホルモン剤での治療が有効となることもあります。

 

婦人科・レディースクリニック・女性内科などで血液検査をしたり医師から丁寧に診断をしてもらうことでこれらの治療が有効かを判断してもらえます。

 

1〜2回程度ではなく、長期的に「生理・月経のサイクルが短いな・・」と悩まれている方は、無理せずまずは医療機関にご相談いただくのもオススメです。

さいごに~ストレスをためないことが大切~

頻発月経は、精神的なストレスがホルモン分泌に影響を与えることで起こることが多いです。

 

ホルモンはストレスの影響をとても受けやすいので、すぐにホルモンバランスを乱してしまいます。

 

ストレスをためこまないことがまず先決です。

ホルモンバランスを乱れたままにしておくと、妊娠しにくくなったり、肌荒れや肩こり、頭痛などの症状をも引き起こしてしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れや排卵障害が長期化すると治療にも時間がかかってしまいます。

 

妊娠を望んでいる人は特に早めの受診が大切です。婦人科などを早めに受診して、安定した月経周期に戻すとともに自分の体調管理にも気づかってあげましょうね。

女性に関するお役立ち情報

女性に関連するQA

dメニュー