はじめに

妊娠中に出血があるとドキッとするものですが、膣からではなく肛門からの出血の場合がよくあります。
それは「痔」。妊娠中は痔になりやすいようですが、なぜでしょうか。
妊娠中の痔の原因と対処法、ケア方法を知っておきましょう。


 

妊娠中は痔ができやすいの?

特に妊娠中期~後期に赤ちゃんが大きくなると、大きくなった子宮に血液が圧迫され、うっ血した状態になります。
血液の流れが悪くなると、血液を心臓に戻す「静脈」の血管がコブのように膨らんだ「静脈瘤」ができやすくなります。

静脈瘤は、下肢静脈瘤(ふくらはぎなどの下肢)もできやすいのですが、外陰部、直腸、肛門の内壁などにもできやすく、痔は直腸の静脈瘤です。
妊娠中は通常よりもうっ血した状態になるため、妊婦さんの約半数が痔を発症するいわれています。

 

痔を誘発するものは?

■便秘や出産時にふんばる
排便の時のふんばりや出産の時のいきみによりできやすくなります。

■下痢
下痢をすると腸がけいれん状態になり自然に気張ってしまうことになり痔につながります。

■太り過ぎ
極端に太ると肛門への圧迫も急に強まる為、うっ血により痔になりやすくなります。

 

妊娠中に痔になってしまったら?

1、圧迫しない

排便の時にはゆっくりと、無理にいきまず、ふんばらないようにしましょう。
また長時間立っている、座っていることを避け、一日に数回、なるべく左を下にして横になり、直腸の静脈の圧迫を解放してあげましょう。
 

温める、冷やすを交互に

1日に2回程度、おしりをお湯につけて温めましょう。または時々アイスパックを局部に当てて冷やすと痛みが和らぎます。
温めるのと冷やすのは気持ちの良い方を選んで交互に試してみましょう。ただし冷やし過ぎは大敵のため、基本は温めて血行を良くしましょう。
 

医師の許可がない薬は使わない

塗り薬、坐薬、便柔軟剤などを使う時は、医師が処方したものに限ります。医師に処方してもらいましょう。
 

痔を予防するポイントは?

便秘をしない

妊娠すれば必ず痔になるというわけではありません。
まず何よりの予防策は「便秘をしない」ようにすることです。
便秘はそれだけでも辛いのに、加えて固くなった便を出す時にどうしてもふんばることで無理な力がかかり、あっというまに痔を誘発します。

便秘にならないためにも以下のようなことに気をつけると良いでしょう。
① 普段から食事は野菜や海草、納豆など食物繊維を多く摂る
② 水分は多めに摂る
③ 適度な運動
④ 規則正しい生活で、排便が無くても決まった時間にトイレに行く習慣をつける
 

体重管理

太りすぎないことが大切です。妊娠中は通常時よりうっ血しやすい状態のため、その上基準値よりも大幅に太り過ぎる場合は肛門への圧迫も強まります。妊娠中に増えてもいい目標体重を越えないようにしましょう。
体重管理には、もちろん食事や適度な運動も必要なため、便秘の予防にもなり結果「痔」の予防につながります。
また痔のみならず、他の疾患防止のためにも体重管理は最も大切です。
 

とにかく清潔に

排便後はシャワートイレなど肛門を清潔にしましょう。なければ膣から肛門までお湯で洗いましょう。
トイレットペーパーは柔らかいものを使用し、必ず前から後ろに拭くこと。ゴシゴシ拭かないようにしましょう。
 

下半身の血行を良くする

下半身の冷えに注意しましょう。肛門周辺の血流が悪いことも痔の原因になります。なるべくお風呂につかり、シャワーだけの場合は半身浴か洗面器にお湯を張りお尻を温めるなどして血行を良くしましょう。

 

おわりに

きちんとお手入れをしていれば痔は慢性化しません。
分娩時にいきむことで悪化することはありますが、適度な処置をすればほとんど出産後には治ります。妊娠中は体に色々なトラブルが起こることがありますが、痔にならないための予防法を実践して、妊娠中のトラブルは一つでも軽減させていきたいですね。
 

image by Photo AC