10代女性も注意?!辛すぎる生理痛は子宮内膜症が原因かも

約30年前に行われた調査になりますが、辛い生理痛で病院に来た10代女性の腹腔鏡検査を行ったところその約半数に子宮内膜症が見つかったそうです。

子宮内膜症といえば20~30代の女性によく見られる病気かと思われがちですが、この頃からすでに10代の若年女性にも多くの患者がいたことが伺えます。

子宮内膜症というのは、本来、子宮内腔しか存在しない子宮内膜や子宮内膜の組織が、子宮内膜以外の場所(卵巣・ダクラス窩・S状結腸・直腸・仙骨子宮靱帯・腟・外陰部・膀胱・腹壁・へそなど)にできてしまう病気です。

子宮以外にできた子宮内膜も、子宮と同じように月経周期にあわせて剥離、出血しますが、経血を体外に出す出口がないため体内に溜まって血腫になり痛みが起こったりします。

時代とともに初経の低年齢化や初産の高齢化、それに伴う出産回数の減少の傾向が多くなり女性が生涯で経験する生理の回数が増えていることから、子宮内膜症になるリスクも高まっています。

特に鎮痛剤を飲んでも生理痛が鎮まらない方は、注意が必要です。

子宮内膜症の病巣からの出血による刺激が、痛みの原因かもしれないからです。

そこで今回は、子宮内膜症で多くみられる3か所の症状と検査や治療のための病院選びのポイントについて解説したいと思います。

子宮内膜症の症状が主に発生するのは腹膜・卵巣・ダグラス窩

子宮内膜症は卵巣・ダクラス窩・S状結腸・直腸・仙骨子宮靱帯・腟・外陰部・膀胱・腹壁・へそなどさまざまな場所に発生する可能性がある病気です。

中でも特に多いのが、腹膜 (腹部の内臓をおおった薄い膜)、卵巣ダグラス窩 (子宮と直腸の隙間)とされています。

これは人間が直立歩行するため、この3つの部位が逆流した月経血にさらされる機会が多いためです。

それでは、まず腹膜の子宮内膜症がどのようなものか解説します。

腹膜にできた子宮内膜症「腹膜病変」について

腹膜、あるいは下腹部の臓器の表面にできた子宮内膜症を 「腹膜病変」 といいます。

子宮内膜症の症状としては最も軽く、自覚症状がない女性も多いです。

自然に治っては、別の場所にできるという症状を繰り返します。

内診や血液検査、超音波検査といった子宮内膜症の初期の検査では発見が難しく

腹腔鏡検査や開腹によって初めて確認されます。

不妊の原因がわからない女性が腹腔鏡検査の結果、子宮内膜症に気づくケースも多くあります。

妊娠を希望する場合には、腹腔鏡下手術による保存的手術が主と して行われます。腹腔鏡で病巣 のみをレーザーメスや電気メスで焼き 切る手術で、約5日間の入院 が必要です。

腹膜病変の進行度は、色の違いで分かります

腹膜病変は進行度によって色が変わってきます。初期段階の病巣は赤色です。

ちなみに、不妊の原因とされる「サイトカイン」というタンパク質の一種はこの赤い病巣によって放出されています。

腹膜病変がさらに進行すると、次は黒色に近い紫色に変わります。

「黒色病変」という症状で、内部で出血が起こっています。

出血した部分は、ブルーベリーのように見えることから「ブルーベリースポット/ブルーベリー斑」と呼ばれています。これも不妊の大きな原因のひとつです。

黒色病変がさらに進むとブルーベリースポットの出血が止まります。そして白くなることから、「白色病変」と言われています。

これは炎症が治まった状態なので、特に問題はありません。

卵巣にできる子宮内膜症「卵巣チョコレートのう胞」とは?

卵巣に子宮内膜症ができた場合、比較的表面なら子宮内膜症の出血も腹腔内に出てしまいます。

しかし、深部にできた場合は卵巣に血がたまってしまいます。

これが増殖と剥離を繰り返すと黒褐色の血がたまり、それがチューブに入ったチョコレートのように見えることから「チョコレートのう胞」と呼ばれています。

超音波検査で発見できるため、腹腔鏡検査をせず子宮内膜症の診断が出た場合は、このケースがほとんどです。

チョコレートのう胞自体に痛みはありません。しかし、骨盤壁による癒着によって生理痛や下腹部痛、排便痛が引き起されます。

チョコレートのう胞を放置してるとどうなる?

子宮内膜症は症状の進行度によって4つのステージに分けられるのですが、チョコレートのう胞の場合は検査に行った時点で、すでに、4段階のうち3段階目まで進行してしまっている場合がほとんどです。

これをさらに放置していると、のう胞が破裂して激痛を引き起こします。

5センチ以上の大きさになったら取り除くための手術が必要です。

卵巣のチョコレートのう胞と不妊の関係は?

チョコレートのう胞が卵巣にできると、卵胞(卵子をつつむ袋)の発育に悪影響を与えます。

そのことが原因で排卵も起こりにくくなり、結果、不妊につながります。

さらにチョコレートのう胞が卵巣に癒着すると、卵管を圧迫して卵子の移動も妨げます。

チョコレートのう胞はがんと区別がしにくい?

がんの診断に使われる腫瘍マーカーでは、見分けが難しいとされています。

しかしMRI検査など画像診断を使用すれば、ある程度は可能です。

それでも完全な区別は非常に困難で、特に出血を起こしたがん組織は見分けがつきにくいとされています。

最も痛みが強い子宮内膜症!「ダグラス窩部病変」とは?

子宮と直腸の隙間にできる「ダグラス窩部病変」は、子宮内膜症の中で最も痛いと言われています。

まず、子宮と直腸が癒着して隙間がなくなると排便痛が起こります。

さらに子宮が直腸の方へ引っ張られると子宮後屈になり、これによって性交痛も起こります。

また骨盤周りが常に痛む、骨盤痛もダグラス窩部病変の特徴です。

ダグラス窩部病変の発見は難しい!直腸診は有効な診断材料

ダグラス窩部病変は発見が難しいです。

超音波検査やMRI検査である程度の診断はできても手術で直接見るまでは確定診断はできません。そんな中で「直腸診」は、病状や癒着を知るための有効な診断材料になります。

そのほか膣・直腸双合診では、しこりに触れられたり、子宮の動きによって癒着が分かるので、こちらも重要な診断材料になります。

また、一度こうした症状が出ると、腹腔鏡手術で癒着をはがさなければ治すことはできません。

この手術は直腸や尿管などを傷付けてしまうリスクがあるため医師に高い技術力が求められます。

こういった点からも非常にやっかいな症状と言えるでしょう。

子宮内膜症は慢性疾患の検査や治療する病院は慎重に選びましょう

子宮内膜症は生理がある限り、続く病気です。そのため病院とも長い付き合いになります。

なので、検査や治療のための病院選びは慎重に行いましょう。

必ずしも大きな病院である必要はありません。

町のアットホームなレディースクリニックでも手術が必要な際は大きな病院と連携しているケースも多数あります。

また、婦人科によって得意とする病気が違うので、症例数や治療方針などをホームページで確認することをオススメします。

さいごに

子宮内膜症は早期発見で症状が抑えることが可能です。またライフスタイルなどによって、治療法を選択することもできます。

年代問わず、気になる方は自分に合いそうな病院を探し、早めの受診をしましょう。